※【連載:光次元宇宙メッセージ】
こちらのシリーズをはじめてお読みになる方は、
「☆当ブログへの掲載にあたって」
を最初にお読みください。
 

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

ハイヤーセルフとつながったリラの王女は、
今度は、騎士の姿に変わった。

 

彼女の衣服が変化し、髪をアップにして、
勇ましい騎士の姿になった。

 

※リラの王女は二つの姿を持っています。

詳しくは以前の連載をご覧ください。
連載5〜リラの王女が伝える☆あなたの愛に気づくということ

 

「こうして、人々の心の闇に立ち向かっていく」

 

 

そのように言葉が流れ込んできた。
それは宇宙の根源からのメッセージだった。

 

「どうやって闇に立ち向かうのですか?」

 

「この強さ、清廉さ、清らかさのエネルギーによって
 そこに人々が自らの闇を露呈していく。
 大きい物も小さい物も。

 

 そして、それに気づき、皆調整していく。
 皆、進んでそれを望む。

 

 彼女は王女であり、この世界では、
 王女とは、ヒーラー的な役目も果たしていた。」

 

なんだか、抽象的でよくわからないな、と思いながら、
気がつくと、わたし(筆者)はその場に立っていた。
宇宙少年ユーリの姿だった。

 

宇宙少年ユーリというのは、わたしの過去世の一つで、
人類の意識成長に対して、
ある星系間のリーダーとしての役目を担っていた頃の姿だ。

 

普段は、大きな宇宙船に乗って仕事をしていたのだが、
このときは、この星の神殿にやってきていたようだ。

 

ハイヤーセルフと統合した王女が
こちらを振り向いて、にっこりと笑った。
ぼくも、微笑み返した。

 

余談だが、少年ユーリとして、

リラの王女とやり取りを行っているので、
「ぼく」という表現に、自然になってしまう。。。

 

この微笑みは、合図だった。

 

お互いのことがよく分かっていて、
これから為す事もお互いによく分かっている。
それが故の、合図、アイコンタクトのようなものだった。

 

ぼくの記憶が急速に蘇ってきた。

 

ぼくは、この星に宇宙人としてやってきていた。
この星の意識向上をサポートするため、
そのキーマンとなるリラの王女をサポートするために、
ここにいた。

 

そして、たった今、
リラの王女とハイヤーセルフを統合させていく儀式に
立ち会っていた。

 

これも、ぼくの役目のうちの一つだった。
この場には、リラの王女と、ハイヤーセルフ、
そして、ぼくと相棒の龍神のみだった。
(このときも、白金龍神の意識体が一緒だった!)

 

隣の部屋には、他の人も控えていた。
リラの王女の側近達だ。

 

しかし、この場には、ぼくらだけだった。

 

それだけ、この儀式が神聖で大切なものだった
ということだ。

 

それは、そうだろう。
この儀式によって、リラの王女の「統合」が完了し
その大きなエネルギーによって、人々の意識が向上していくのだ。

 

こんなことは、今の地球では、ちょっと考えられないことだ。
ある一人の存在が、これほどまでに星に影響を与えるのだから。

 

地球人類の歴史でいうと、日本の卑弥呼とか、
あるいは、キリストとか、モーゼとか、
リラの王女とは、そういう大きな霊的指導者だったようだ。

 

なるほど!
そういうことであれば、先ほど宇宙の根源が教えてくれた
心の闇への立ち向かい方も合点がいくというものだ。

 

…つづく。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

愛と光と感謝をこめて〜☆〜

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

 

ポチっと合図で

リラの王女の

  強く清らかなエネルギーを受け取ろうキラキラ3

矢印


人気ブログランキングへ

 

そして、下の広告の更に下にある

「いいね!」も

ポチッと2回目の合図を

お願いします*!

 

シングルハート*愛をありがとうございますシングルハート*わぉ

 

 

 

スターヒカルランドみらくるでの個人セッションスター

ヒカルランドさんでの個人セッションは、

6月から再開することが決定しました!
(ビルの外壁工事の影響のため、

3月からしばらくお休みしていました。)
6/13(水)、6/27(水)
詳細とお申込は、

ヒカルランドみらくるさんへお問い合わせください。

クリスタルハートでの個人セッションも行っております☆
こちらからどうぞ