ぐんまの庭を目指して

ぐんまの庭を目指して

群馬県の平野部に自分の庭を持つようになってガーデニングを始めました.
庭作りって住む地域の気候や文化の影響を受けます.
イングリッシュガーデンでもなく,和風の庭でもない,「ぐんまの庭」「我が家の庭」ができたらいいな…

使用カメラ:Pentax K-5IIs

昨日行ってきた赤城自然園。

短い滞在時間だったので、レンゲショウマ以外の植物はあまりゆっくりと見られなかったのですが、ちょっとだけ。

 

フシグロセンノウのオレンジの花。ちょっと傷んでますが、きれいな花です。

あまり群生するようなタイプではなくて、自然園の中のあちこちにポツポツと咲いています。

好きな花なんだけど、ウチの庭では1年で消えてしまいます。

 

 

背が高いウバユリ。特徴的な形。華やかさはないけど、いっぱい生えていて目立ちます。

 

 

 

これ何だっけ?いつも忘れてしまう(^^ゞ

花の位置は私の身長よりも高いです。低木みたいな存在感。

こんなのを庭に植えてみたいという願望はずっとあります。夏に極端に暑くなる庭だと難しいのですけど。

 

 

日当たりのいい場所に群生するオミナエシ。こんな花畑はとても好き。

 

 

これは別の場所ですが、同じように日当たりが良いところに背が高い宿根草が群生しています。

とても自然な景色だと思うんですよね。

 

 

木陰に育つキツネノカミソリ。この植物好きなんだよね。

庭に球根を植えてみたいのですが、なかなか売ってないですよね。学名はLycorisなので彼岸花とかの仲間。

 

 

夏の花壇にこのオレンジが咲いてくれたらな〜

春に植えると夏に咲くような感じになるのかな?来年は植えてみたい。

 

 

そんなわけで、赤城自然園で見てきた宿根草でした。歩きながらちらっと見てきたような感じだったので、本当はもっと色々な植物たちが見れたはず。

 

 

最後は入り口に近いところにある大きなギボウシ。自然園へ行くと私はこのギボウシの様子を必ずチェックしてしまう。大きなギボウシはやっぱり憧れますね。

 

今日は朝から妻と息子はボーイスカウトの活動(キャンプの後片付け)のためにお出かけ。

そこで私が送っていって、3人を降ろした後に一人赤城自然園へ移動。

 

 

到着したのは開園時間のちょっと前。そして開園と同時に歩きだします。

また妻たちを迎えに行かないといけないので、滞在できる時間は限られてます。

そこで、目的地を目指してとりあえず一気に歩くことに。

 

歩いていくと途中にも気になる植物たちがいますが、とりあえず気にせずまっすぐ歩く。

ここは日当たりのいい場所に野草がたくさん咲くスペース。かなり好きな場所。

 

 

いっぱいのシモツケソウ。

 

 

目的地は、この時期レンゲショウマがいっぱい咲く場所。赤城自然園の中では一番上。

 

 

開園からすぐに歩いてきただけあって、他には誰もいません。一番乗り。木陰で気持ちいい。

 

 

やっぱりキレイな花ですね。まさに森の妖精。素敵だな〜

 

 

自然園ではいっぱい咲いています。ほとんど直射日光が届かない林の中。

写真を撮るにはちょっと暗いかも・・・と思うくらいの場所がいいんですね。

 

 

ウチの庭では絶対に育たないと思います。それが分かるだけに、こうして見ることができるのがありがたい。

毎年一度は見に行かないとね。

 

 

やっぱり滞在できた時間はあまりなくて、じきに「迎えに来て」と妻から連絡が来てしまったのでした。

でも開園してすぐでは爽やかだった空気が、時間が過ぎていくとどんどん暑くなってきたので、早めに帰ったのがちょうどよかったのかも。

 

 

やっぱり木陰は気持ちいい。雑木林の中を歩くのは本当にいい時間だと思います。

 

これでお盆休みはおしまい。明日からは普通に出勤です。まだ暑い日は続きそう。

台風が通り過ぎて、一気にまた気温が上がりました。カーっとする暑さ。

 

 

庭にいると最近はペニセタム・アロペクロイデスの元気な葉に目が行きます。

まだ穂は上がってきていないですが、なんか見ていて気持ちよくなる。

 

 

たぶん、こんな感じに曲線を描いてくれる葉が、私は好きなのだと思います。

グラスも穂の形がいろいろあるけれど、ペニセタムはススキと並んで好きな形だし。

これで大型化しなければウチの庭にはちょうどいいんだけどな。

 

 

こちらはペニセタム・ハメルン。あまり穂が密集しないタイプです。

これも毎日見てしまう。

 

 

庭の入り口にあるススキ・パープルフォール。穂がみっしり。キレイです。

花もいいけど、こんな暑いときに花はちゃんと咲けないし、安心感があります。

日差しがあると、よりキレイに見えたりするし。ぐんまの庭ではグラスは必須ですね。

 

 

写真じゃ分かりにくいのですが、ブラッシュ・ダマスクのシュートが増えてきてます。

アーチに誘引していますが、台風の影響の強風でちょっと傾いてしまいました。頼りない細いアーチなので、だんだんと「もうちょい頑丈そうなのをDIYで作ったほうがいいかも」と思い始めてます。

 

 

まだちょっと咲いているリグラリア。

こんな暑さじゃなければ、とてもキレイな花だと思います。それがちょっと残念。

 

 

庭のあちこちで、ちょっとずつ育っているペレニアルフラックス。

暑い中だけど、小さな芽が大きくなってきています。どれくらい育ってくれるかな?

逆に暑さの中で枯れてしまったものもあります。そうして入れ替わっていくのですが、ちゃんと育ってくれるかどうかは、毎年心配になります。

 

 

明日は日曜日。お盆休みも終わりだな〜(´・ω・`)

 

ぱーっと晴れたので、今日は息子たちがキャンプで使った寝袋などを水洗いしてリビング前のパーゴラに干したりしてました。アウトドアは帰っててきてから用具類を手入れしたりするのが、ちと面倒ですね。それでもすぐに乾いて、息子たちは元通りに片付けていました。

 

明日はちと曇りがちな天気らしい。多少が過ごしやすいみたいです。

朝からずっと小雨でしたが、午後になってからぱーっと太陽が出てきました。

そして暑い。一気に蒸し暑くなりました。

 

 

アナベルはだんだんとドライな色になってきました。茶色い部分が増えていくと秋を感じます。

 

 

色も大きさも中途半端だけど、咲いていたストロベリー・ヒル。

 

 

こぼれ種から咲いたエキナセア。色と形がちょっと不思議。

もしかしたら、白とピンクの品種が交配したのかも・・・よくわからないけど。

 

 

リグラリアの花が咲いていたけど、やっぱり暑さのせいで葉もしおれているし、花は色も形もちょっとイマイチですね。

 

 

今日は午後になってから、母が「バーベキューしたい」と言い出したので、作ったばかりのパーゴラに仮の屋根を乗せて、家族だけのバーベキューとなりました。なんかちょうどいい感じ?

本当はもうちょっと広いと快適なんだけどな〜まぁしょうがない。

 

 

明日はもう土曜日ですね。お盆休みも終わりが近づいてます。

予報ではすっごく暑くなるらしい。何ができるかな〜

昨日、庭のはしっこにたてたパーゴラ。

オープンガーデンのときなどは、ここにテントを立てて日よけにしたりしていましたが、前からここに屋根付きスペースを作りたかったんですよね。

昨日の段階では、柱の間の筋交いを余った木材で適当に仮止めしていたのですが、それをツーバイフォー材で作りました。

 

 

カットと塗装は昨日のうちに済んだので、今日は朝起きてそれを留めるだけ。

これでとりあえず柱が立ちました。

これから屋根をつけるまでが、意外と時間(と予算)がかかりそうな気がするな〜(´ε`;)ウーン…

ま、気長にやります。

 

ちなみに大きさは幅360cm、奥行き200cm、高さ200cm。

屋根はこれよりちょっと広がるはずなので、最終的には6畳分くらいの屋根付きスペースができるはず。

日よけになるし、庭作業での休憩場所になるし、陽気の良いときは、家族で食事したりバーベキューするような場所になると思います。

 

屋根部分の設計はこれから。一部は壁にしたほうが落ち着くと思うのだけど、それもどうするかはまだ決まってなかったりもします。さて、どうなることやら。

 

 

離れて見ると意外と目立ってない。柱だけだとほとんど見えないですね。

 

 

 

通路を歩いていくと、そのちょうど先に柱がある形になってしまいました。ちょっと邪魔。

多少通路を変更できるかな?場合によっては多少花壇を減らすかも。

 

 

すく隣のハナミズキは、どうしても枝が多少ぶつかってしまいます。

今日も多少枝を切らないといけない形になりました。これは覚悟の上で作り始めたのですが、やっぱりちと残念。

 

 

そんなわけで、お盆休みの間にどうしてもやっておきたかったガーデンDIYが一段落。

続きはまたこれから時間を見つけてやっていきます。がんばろう。

 

 

季節が進んで、グラスがキレイに見える時期になってきました。

やっぱり暑さにまいってるところもありますが、庭の宿根草たちの中で一番元気に見えるのはやっぱりグラス類です。グラスがキレイな秋の庭を作りたいな〜