とちの葉の高校野球観戦
  • 17Jul
    • 2018大会8日目(過去)

      こんにちは。順序が逆になりますが、熱中症になる前までのことも書かないといけない。ちなみに熱中症はもう大丈夫です。今更ですが大会8日目、栃木市営球場の第一試合、作新学院と足利工業の試合を見てきました。珍しく?試合前ノックの時間に間に合ったので、両校の様子を。あと、ベースの下には固定するための柱があります。こんな風になっているんですね。それから、バックネット裏はビデオカメラでの撮影禁止です。これ守らないと大会本部の人がやって来て注意されます。グラウンド整備も終わり試合開始です。先攻は作新学院、後攻は足利工業です。先制は作新学院。2点を先制します。6回に作新学院が1点を追加します。両校我慢の展開。8回裏に足利工業は1点返しますが、3-1で作新学院が逃げ切り勝利しました。作新学院は色々選手を試している感があったのですが、足利工業の竹内、栁田両投手のテンポ良い投球は見事でした。そして運命の第二試合。写真はこの辺りまでしか残っておりません。猛暑が続きますので、観戦に行かれる方はくれぐれも用心してください。

      2
      テーマ:
  • 14Jul
    • こんにちは。昨日は栃木市営球場に行ってきました。試合の話は後ほどご報告いたします。あれは第一試合が終わり、そのまま第二試合(石橋と宇都宮北)を見ていた時の事です。最初は携帯電話でした。画面上に「高温のため一部機能が使用できなくなっています。」と言った表示が出ました。暑いからなー。と思っていましたが、携帯をポケットにしまう際に背中が痛むことに気付きます。背もたれの無い椅子にずっと座っていたからだと思いストレッチ。前に屈んでみて、後ろに逸らしてみて、左右に捻ってみて…治りません。第一試合が接戦だったので、余程変な体勢で見ていたのだなと思いつつもカメラのシャッターを切ります。…いや、シャッターは切れません。カメラも触って熱いと感じるほどの熱を帯びていました。周囲を見渡すと、第一試合にあれだけ居た人はまばらに。屋根の下に移動しようと振り返ると、屋根の下の日陰になっている席はいつの間にか満席。止む無く日陰を求め、一度球場を出るためバックに手を伸ばすと寒くもないのに手の震えが止まりません。感覚的にマズイと察し、どうにか荷物をまとめ階段を降りると、ふくらはぎも軽く痙攣していました。思い出しました。熱中症です。熱中症の症状の一つに、筋肉のつりや痙攣があることを!もう球場内の日が当たらないところではなく、冷やさないと駄目だと思い、車まで避難。エアコンを全開にし、タオルを濡らして顔、首、脇の下を冷やします。だが少々遅かった。今度は頭痛が襲ってきます。しばらく休んだのち、更に道中何度も休みつつ、濡れタオルを頭に巻いて帰りました。この記事書いている今も若干熱っぽいです。ここでも何度か触れているのに、もう何度目か分からない熱中症。本当に怖いです。猛暑が続く球場では、いつ何時熱中症が襲ってくるか分かりません。帽子、水分、塩分、首周りにタオル、涼しい恰好、そのすべてを軽く突破してくる熱中症恐るべし!この時期球場に行かれる方は、無理せず、ほんの少しでもおかしいと思ったら早めに撤退する勇気を持ってください。万が一、動けないほど体調が悪くなってしまったら、自分で救急車を呼ぶのではなく、周りの人から係の人(周囲を見て回っている本部の方か、ファールボールを待って待機している控え部員の方)に伝えてもらい、大会本部から救急車を呼んでもらうようにしてくださいね。救急車が来ても救急隊員が何処に行って良いか分からず、搬送が遅れる可能性があります。ここ数日は猛暑が続く予報が出ていますので、体調にはくれぐれも気を付けてください。

      2
      2
      テーマ:
  • 09Jul
    • 2018夏の初観戦

      こんにちは。先日、栃木市総合運動公園まで出かけてきました。目的の場所はもちろん硬式野球場です。この日は雨がぱらつく中ではありましたが、気温も高くなく、この時期としては過ごしやすい中での観戦となりました。栃木市営球場はスコアボードが電光掲示板ではありません。その分写真が撮りやすい!でも油断するとこうなります…これは自分の腕が悪いだけですが。今年は夏の甲子園100回目の記念大会です。当たり前ですが栃木大会も100回です。改めてこうした形のものを見ると実感が沸きますね。この日の第一試合は宇都宮商業と栃木商業の一戦です。伝統校同士の試合は接戦となりました。9回に栃木商業が怒涛の追い上げを見せるも宇都宮商業が辛くも逃げ切った、見ごたえのある試合でした。第二試合は小山高専と佐野東の一戦。どちらのチームもベンチ入り制限20人未満なので、全員がベンチ入り出来ている様子です。試合は小山高専が先制するも佐野東が逆転し突き放します。小山高専も粘りを見せますが、7-4で佐野東の勝利。応援席に喜びの報告に向かう佐野東ナイン。この日、栃木市営で見た2試合はどちらの試合も熱戦。手に汗握る展開でした。やっぱり高校野球って良いですね。この時期は毎日でも球場に行きたいです

      3
      テーマ:
  • 06Jul
    • 2018夏の開幕

      こんにちは。本日、高校野球栃木大会が開幕しました。私は本日は都合が付かず観戦には行けませんでしたが、そもそもあいにくの雨で初日から延期かと思っていましたけど、問題なく開催されたんですね。ただ、数年前のように日程消化を優先して試合を強行するようなことの無いよう願います。そして選手にけがの無いよう、最後の夏、後悔することの無いよう願っています。…今年も暑い夏が始まりました!!

      テーマ:
  • 05Jul
    • 2018栃木大分親善試合

      こんにちは。明日はいよいよ夏の高校野球栃木大会の開幕です。と、その前にうっかり忘れていた記事をあげなくてはいけません!先日、栃木・大分高校野球親善試合を見に、清原球場に行ってきました。大分県は高校野球強化の一環として、県大ベスト4の学校を県外遠征させる事業を行っています。これは良いアイディアですよね。多くの学校に県外での経験を積ませ、甲子園などでも気後れせずに戦うことが出来ます。大分県高校野球連盟のページに詳細が載っていました。http://www.oita-kouyaren.com/news/news_1.html大分県一位のチームは明豊高校です。一位は北関東遠征。栃木と茨城での試合となり、栃木代表として相対するのは作新学院となりました。明豊高校は昨年夏も甲子園に出場していて、対する作新学院も7年連続夏出場中。全国区の学校同士の試合とあって、見逃すわけにはいかないと、あいにくの小雨が降る中、観戦してきました。…の割には遅刻。親善試合なので背番号はありませんね。作新学院が先制するのですが、明豊高校の打線は目を見張るものがありました!上位から下位まで打球の強さが半端ない!どの選手も振り切っているので、詰まった打球が内野の頭を超えたりとか。あと今まで見ていてあまり感じたことが無かったのですが、打った打球が重そう!これはちょっと実際見ないと分からない感覚ですけど。特に凄かったのがこの日3番を打っていた濱田選手!昨年夏の甲子園でもホームラン打っていました。そしてこの日もホームラン!右打者が清原球場の右方向にホームラン打つとか、ちょっと記憶に無いです。これは素人目にも分かるドラフト候補ですね!ちなみに翌日の茨城県での試合でもホームランを打っていた様です。試合は点の取り合いになりましたが、終始明豊ペース。と言うかこの打線をもってしても九州大会優勝できていないって、九州はいったいどんな場所なんでしょうか。最終的に10-6で明豊高校の勝利。都合で見れませんでしたが、第二試合は11-6で作新学院が勝利したようです!この明豊高校の打線は間違いなく全国トップレベル。ドラフト候補を含めた強力打線と派手に打ち合う経験ってなかなか出来ないものです。この貴重な経験は今後に生きてくるんじゃないかと思います。ちなみにこの試合は、審判団の講習?も兼ねていた様で、たくさんの審判の方も居ました。(既に梅雨明けしてますが)栃木の夏はもうすぐそこです。

      2
      テーマ:
  • 25Jun
    • 2018県大会の組み合わせ決まる

      こんにちは。先日、栃木県教育会館にて夏の高校野球栃木県大会の組み合わせ抽選会が行われました。朝日新聞のサイトにトーナメント表が載っております。https://vk.sportsbull.jp/koshien/tochigi/去年まで3年連続県大会決勝のカードは同じ組み合わせでしたが、今年はもう同じとはならない事が決まりました。表をお借りして、自分が注目している点をお伝えしたいと思います。Aブロックは春の甲子園で2勝した國學院栃木がシードです。初戦の足利高校から、宇都宮工業、宇都宮商業、春の県大会で準優勝した青藍泰斗と激戦を繰り広げた栃木商業が居て、全く気が抜けないブロックだと思います。甲子園帰りの國學院栃木がどう迎え撃つのか気になるところです。Bブロックはシードに小山南と、近年のシード常連、矢板中央がいます。また、連合チーム(那須、馬頭、益子芳星、足利南)に、校名変更した足利大附属(旧足工大附属)がいて、その戦いぶりにも注目です。Cブロックは佐野日大がシードです。同じブロックには、140キロ超えの直球を持つ今大会注目の大友投手擁する小山高校が居ます。両校を中心にどのような勝ち上がりとなるのか気になります。Dブロックには作新学院が8連覇をかけてシードとして挑みます。相手としては真岡勢2校が絡む展開ではないかと勝手に思っています。Eブロックは宇都宮南がシードです。そして今回シードは逃していますが石橋高校が居て、この2校を中心に展開するのではないかと思います。Fブロックは青藍泰斗がシードです。関東大会に出場した青藍泰斗と、好投手福田投手擁する宇都宮短大附属が初戦で激突します。初戦注目の試合です。Gブロックは白鴎大足利がシードです。大田原高校を始め、各校がどの様に挑むのかがポイントではないかと思います。Hブロックは文星芸大附属がシードです。栃木工業、高根沢、宇都宮東にも注目したいです。シード校については春の県大会と全く同じ8校がそのままシード校になっている珍しい大会となりました。もちろん何が起きるか分からないのが高校野球です。自分が挙げなかった学校の躍進にも期待したいですし、受けるシード校の強さも見たいです。3年生には最後の夏、悔いのない試合をして欲しいと願っています。大会は7月6日開幕です。

      テーマ:
  • 17Jun
    • 潜入(2018)続き

      こんにちは。前回の続きです。今度は練習の様子などを。まずグラウンドを見渡すと目に入るのはスコアボード。一目見てピンと来た方もいらっしゃるはず。昨年秋の関東大会準々決勝、東海大相模との試合のスコアです。小針監督がおっしゃっていたのは、春の関東大会でもし勝ち進めていたら準決勝で再戦できるはずだった。もしそれが叶っていたらこのボードを書き換えられたかもしれなかったが、たどり着けなかった。県大会も優勝はしたものの、あの一球がああだったら優勝していないという場面がいくつかあった。スコアボードを見るたび、あの時点での東海大相模との差は縮まったのか、あるいは広がったのか、見つめ直す意味で掲げてあります。と言う感じの内容でした。この辺りの意識の持ちようが現在までの栃木県大会7連覇に繋がっているのだな、と感じました。実際の練習でも、ちょっとでもおかしな事があれば監督、コーチからの檄が飛んだり、練習中でも気になることがあれば集まり、話し合いで問題や意識を共有する姿が見受けられました。こちらでもあと、練習は遅い時には夜10時過ぎることもあるのだとか!ナイター設備もばっちりです!その他、ケガをした選手も、今できる練習を工夫して行っていたり、向上心の高さも見て取れました。普通に高校野球を見ているだけでは出来ない、貴重な経験になりました!機会を与えて下さった皆様、大切な練習時間中に取材にご協力いただきました作新学院硬式野球部の皆様、お忙しい中ありがとうございました。(機会があれば来年も是非お願い致します!)最後に、優勝するぞ!おー!の瞬間を1枚。

      テーマ:
  • 15Jun
    • 潜入(2018)

      こんにちは。先日、縁あって、とある取材撮影に同行する機会があり、作新学院硬式野球部の練習を見学することが出来ました!そう、今年もです!本当にありがたい事で、機会を与えて下さった皆様に感謝いたします。この日は3社が取材に来ていて、流石栃木大会8連覇が掛かる作新学院、注目度の高さが伺えました。練習試合予定表を見付けました。許可を貰っていないので詳しくはお見せ出来ませんが、全国の甲子園常連校がズラリと。さらに今年は全国各地から招待されていた様で、鹿児島、北海道、秋田、青森、茨城…各地から招待されていたようです。練習の合間にキャプテン磯選手、エース高山選手と小針監督へのインタビューを間近で(ちょっと手伝いもしつつ)聞くことが出来て感激でした!必要以上にうなづいていたかも知れない。その時の写真は映像撮影の邪魔にならないようにしていたので撮ってませんごめんなさい!!!(そもそも許可も取ってないので仮に撮っていても載せられないですが)磯選手はしっかりしている!イケメン!高山選手は優しい!磯選手とは違うタイプでイケメン!小針監督格好良くてオーラが凄い!インタビュー中は優しそうな表情なのですが、グラウンド上では遠くに居ても気迫のような物を感じました!…と、少々長くなってきましたので、次回この続きをお伝えします。

      2
      テーマ:
  • 21May
    • 初戦突破ならず

      こんにちは。関東大会、栃木県勢2校とも初戦突破ならず…自分が見に行くまで生き残っていてくれ!と願いむなしく惜敗です。青藍泰斗は千葉黎明に3-4作新学院は習志野に2-7で敗戦でした。千葉県は毎年群雄割拠。やはりレベルが高いんですね。栃木代表の2校と出場叶わなかった各校は夏に向けて出直しです。パワーアップして夏の本戦で旋風を巻き起こして欲しいです!

      テーマ:
  • 19May
    • 2018春季関東大会開幕

      こんにちは。今日から春季関東大会が始まります。朝方雨が降っていたので延期かな?と思っていましたが無事に開幕したようです。仕事で見に行けないのがもどかしいですが、本日は栃木二位の青藍泰斗と、開催県千葉四位の千葉黎明の試合があります。明日は栃木一位の作新学院と、千葉二位の習志野との試合が予定されています。栃木県勢の活躍に期待です。大会期間中、何処か一日だけでも見に行きたい!

      テーマ:
  • 06May
    • 春の県大会終了

      こんにちは。春の県大会が終了しました。決勝戦では作新学院が青藍泰斗に6-4で勝利し、3年ぶりの優勝となりました。詳しくは下野新聞のサイトに載っております。http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20180506/3046256優勝した作新学院と準優勝の青藍泰斗は19日から千葉県で行われる関東大会に出場します。関東大会での活躍も期待したいですね。今年の春は色々ありまして、あまり試合を見に行けなかったので、夏こそは観戦回数増やしたいなぁ。

      2
      テーマ:
  • 29Apr
    • 2018春 ベスト8出揃う

      こんにちは。春季栃木県高校野球大会もベスト8が出揃いました。作新学院文星芸大付属白鴎大足利小山南国学院栃木佐野日大青藍泰斗宇都宮南この8校が夏の県大会のシードとなります。そう言えばこの8校、この春の県大会のシード校がそのまま揃ってベスト8に勝ち進んだんですね!ありそうでなかなか無い展開です。夏はこの8校が中心になりそうです。

      3
      テーマ:
  • 27Apr
    • u18日本代表コーチ

      おはようございます。今日から春の大会再開ですね。と、その前に気になるニュースが入ってきました。作新学院の小針監督が18歳以下の野球日本代表コーチに選ばれました!日刊スポーツのサイトには写真付きで紹介されています。https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201804250000548.html期間は今年のアジア選手権(9/3~9/9)までとなります。去年の18歳以下の野球ワールドカップには黒羽高校の斎藤監督がアシスタントコーチとして帯同されていましたが、今回の小針監督はおそらく直接ベンチにも入る注目のコーチになると思います。全国の精鋭が集まる日本代表のコーチって本当に凄い!18歳以下日本代表の動向にも注目です!

      1
      テーマ:
  • 26Apr
    • 4月22日(続き)

      こんにちは。すっかり遅くなってしまいましたが前回の続きです。22日の第一試合は真岡工業と佐野日大の試合。県立高ながら毎年強いチームを作ってくる真岡工業と、昨年就任した麦倉監督の手腕が期待される佐野日大の一戦です。佐野日大のエースは田嶋投手。佐野日大の田嶋投手と聞けば思い出される2014年春の全国ベスト4の立役者、オリックス・バファローズにドラフト一位で入団した田嶋大樹投手が思い出されます。今年のエース田嶋俊輔投手は弟さんだそうです!大樹投手は左投げでしたが、俊輔投手は右投げです。写真は力投する田嶋俊輔投手でも兄弟揃って強豪私立のエースになるって本当に凄いです!更にブルペンに目をやると、背番号11の別府投手が投球練習をしていました。アンダースロー!思わず写真に収めてしまいました。この日の登板は無かったのですが、ひょっとして秘密兵器なのかも?と期待させる投手でした。試合は真岡工業が先制、佐野日大が逆転して突き放すもグラウンド整備を挟んで、真岡工業が追いすがる展開で、最後まで目が離せない試合でした。続いて第二試合。青藍泰斗と栃木商業の試合です。試合前の栃木商業の円陣です。女子マネージャーも加わっているの珍しいですが一緒に戦っている感じが出て良いですね。でも最後の気合入れの所には躊躇して加われないの微笑ましい。初回は両チーム無得点でした。と、ここで花粉症がいよいよ限界!泣く泣く球場を後にすることにしました。そうです、皆さんもそんな経験ありますよね?こういう時に限って試合は動くのです。青藍泰斗が2点を先制するも栃木商業はすぐに追いつき、更に7回コールドの目安である7点差に突き放します。6回に青藍泰斗が2点を返しコールドを回避すると8回に5点差を追いつき、延長戦へ。延長11回に2点を勝ち越した青藍泰斗が11-9と薄氷の勝利を挙げた試合でした。この試合最後まで見たかった。。。更に第三試合の宇都宮商業と矢板中央の試合も1点差の接戦で、清原球場はこの日一日気温より熱い試合が展開されていました。それと参考までですが、前日21日に、石橋高校と栃木高校の試合が延長13回に突入しタイブレークがあったそうです。これから高校野球の戦い方も変わっていくのでしょうか。それではまた。

      1
      テーマ:
  • 23Apr
    • 2018球春到来

      こんにちは。春の県大会が開幕し、昨日は久しぶりに球場へ足を運ぶことが出来ました!テレビやラジオもそれぞれの味があって良いのですが、この春の大会はどちらも放送していないので、春を感じるためには球場へ足を運ぶしかないのです。春を感じると書いてみたものの、この日、宇都宮の最高気温は29.9℃清原球場は既に夏でした!パンフレットも買いました。こちら第2日が見に行った清原球場4/22(日)開催の試合です。第3日は27日(金)の予定です。中に入るとこんなお知らせも。清原球場はプロ野球の公式戦も開催されます。お時間ある方は見に行ってみては如何でしょうか。のんびりしていたら試合が始まっていました。第一試合の真岡工業と佐野日大の試合です。やっぱり球場で見る野球は気持ち良いです。ようやく自分にも球春到来です。突然ですが、皆様はスコアボードを写真に撮ってみたことはおありでしょうか。実はこれかなり難しいんです。昨年カメラを買ったのですが全く使いこなせていませんで、オートで撮るとだいたいこんな感じです。数回に1回、辛うじて見れるものがあるかどうかの世界。しかしながら、最近ようやくシャッタースピードの調整の仕方が少しだけ分かったので(説明書読みなさいって話ですが)、ちょっと触ってみたところ、ようやく1枚撮れました!ただ、オートで撮るより成功する確率が上がるだけでまだ失敗もちらほら…手書きのバックスクリーンならば全く問題はないんですが、電光掲示板ならではの悩みですね。あと説明書読まないと…長くなってきたので次回に続きます!

      テーマ:
  • 21Apr
    • 春の県大会開幕

      こんにちは。本日から春の栃木県大会が開幕しました。清原球場、栃木市営球場、鹿沼運動公園の3ヶ所で熱い戦いが始まっております。この大会での上位8校が、夏の甲子園栃木予選でシード権を得られます。また上位2校は5/19日から千葉県で開催の関東大会に出場することが出来ます。下野新聞のサイトに大会展望が載っておりました。http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/hsbp/news/20180420/3031650やはり、夏7連覇中の作新学院と、春の甲子園で2勝を挙げた國學院栃木が中心の様です!そして、大会に合わせたかのように気温も上昇!観戦される方は熱中症にご注意いただきたいと思います。

      1
      2
      テーマ:
  • 16Apr
    • 県大会出場校決定

      こんにちは。春の県大会の予選にあたる地区代表決定戦が昨日までに終わり、県大会出場校が決まりました。明日、4/17(火)に県大会の抽選があり、週末の4/21(土)から県大会が始まります。こうして書き出してみると大会始まるの早いですね!まず明日、どんな抽選結果が出るのか楽しみです!

      2
      テーマ:
  • 06Apr
    • 春の予選

      こんにちは。第90回選抜高校野球は大阪桐蔭の優勝で幕を閉じました。さて、栃木では今週末、もう明日から春季県大会の予選が始まりますよ!北部地区、中部地区、南部地区に分かれた予選があります。栃木県高校野球連盟のページに組み合わせが掲載されています。http://www.tochigi-koyaren.net/report/71sp-a.html予選に勝利した28校に、選抜出場校の國學院栃木を加えた29校が県大会に進みます。どうせなら敗者復活とかであと3校増やして、32校にした方がトーナメント組みやすいのにと思ってしまうのですが。この春の大会は甲子園には直結しない大会です。ですが、新入生も加わり本番である夏に向けての戦力確認をする上で、貴重な機会でもあります。勝ち進めば関東大会に出場、県外の強豪と試合をすることが出来ます。予選から熱い戦いが期待されます!

      2
      テーマ:
  • 31Mar
    • 追い上げ及ばず

      おはようございます。昨日、センバツ高校野球3回戦に國學院栃木が登場しました。結果は惜しくも4-7で敗戦。序盤の失点が大きく響き、追い上げ及ばずベスト8には届きませんでした。でも強豪の智辯和歌山相手に大量リードされても諦めず、終盤の追い上げは見事でした!それにしても宮投手は凄い!確か3試合1点も取られていなかったですよね!國學院栃木は甲子園で2勝し、自分たちの力が全国に通用することを実感できたと思います。この後、夏に向けて全国ベスト8以上を狙う戦いが始まります。今後に要注目です!

      2
      テーマ:
  • 28Mar
    • 2回戦勝利

      こんにちは。昨日、國學院栃木の2回戦がありましたね!鮮やかな逆転勝利!先制したものの直ぐに逆転されて、その後突き放された時は正直ダメかな?と思いましたが、集中打で同点、逆転、ダメ押しと見事な戦いぶりでした。ロングリリーフした宮投手が終盤を無失点に抑えたのも大きいと思います。次も全員野球で頑張って欲しいです。その、次の相手は智辯和歌山です。今回の優勝候補にも挙げられている一校で、強力打線のチーム。厳しい戦いが予想されます。すっかりおなじみになった3投手の投手リレーで目先を変え、接戦に持ち込んで勝機を見出して欲しいです。そういえばこの智辯和歌山、18年前、柄目監督が選手だった時の選抜甲子園準決勝で敗れた相手。リベンジ…言うほど簡単な相手では無いどころか相当に厳しい相手ですが、達成出来たら嬉しいですね!次戦30日の第二試合の予定です。

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス