茨城県 シータヒーリング【Rosey】スピリチュアル☆ブログ

茨城県 シータヒーリング【Rosey】スピリチュアル☆ブログ

シータヒーリング・アクセスバーズ講師の深夕です。ヒーリングサロン【Rosey】主宰。茨城県ひたちなか市を中心に活動中♪

1月13日(水)23時半より笑福ヒーリングを行い、先ほど完了しました(*^^*)

 

 

ヒーリングを開始すると、金色の光が降り注ぎました。

白っぽいゴールドで、とても軽やかな光でした。

光と共にマイトレーヤが降りてきて、ヒーリングを手伝ってくれました。陽気な笑い声が響き渡り、その周波数が波打つように広がって、皆様を包み込んでいきました。皆様のエネルギー浄化され、重たくなっていたところがどんどん軽やかになっていくのが観えました。

 

不安、恐れ、孤独感、焦り、鬱っぽさ、イライラ、疲れなどが引き抜かれていくのを感じました。軽やかさを取り戻したオーラに、美しいゴールドの光が降り注ぎ、コーティングされました。それは、しっとりと吸い付くような艶と滑らかさのある金の波動を帯びた光でした。

 

 

マイトレーヤからメッセージをいただきました。

 

 

「信じる力を身につけましょう」

 

「100%信じることは、最初は難しく感じるかもしれません。しかし確固とした意志で信じると決意し、ポジティブな気持ちを持ち続けることを選択していきましょう。願いが叶う前に自分でキャンセルしてしまわないようにしましょうと宇宙が語りかけてくれています。恐れや不安、心配の気持ちが、願いをキャンセルしてしまうのです。あなたには信じる力と勇気がもともと備わっています。自分を信じることから始めてください。そして幼子のようにただワクワクして、遊び心をキラキラさせながら、願い求めるものが具現化されていくのを認識していきましょう」

 

 

たくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました♪

2021年が皆様にとって、美しく明るいものでありますように!

てんこ盛りの笑いと豊かさが、溢れんばかりにやってきますように!

 

 

 

 

 

 

ヒーリングサロン【 ロージィ】 茨城県ひたちなか市


シータヒーリング ・アチューンメント ・アクセスバーズ
お問い合せ・お申し込み
ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます!

 

今年もRoseyをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

昨年はコロナ禍により、たくさんの方向転換や新しいやり方を取り入れていくようなチャレンジの連続だった一年でした。

その大きな流れの中で、私もまたたくさんのチャレンジをして、たくさん学び、気付き、自分の限界を突破していくことになった一年でもありました。

 

 

今年が人々に優しい年になってくれますように。

そしてまた新たなステージへと大きく飛躍する一年になりますように。

 

 

 

 

今年もまた、皆様の一年が笑いと幸運に満ち溢れるよう願いを込めて、

1月13日(水)23時半より笑福ヒーリング無料 で行います!

 

 

 

「1月13日23時半から笑福ヒーリングを受けとります」

 

と宣言された方には、どなたでも受けとれるようにヒーリングを行います(*^^*)

宣言はいつ行っても大丈夫です。

眠ってしまっても何かしていてもうっかり忘れていても、宣言があれば受けとれます。

2021年最初の新月の夜に、どうぞ笑福ヒーリングをお楽しみくださいね!!

 

 

愛と感謝をこめて

深夕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前記事の続き。

 

前記事はこちら

https://ameblo.jp/rosey-miyu/entry-12613522920.html

 

*****

 

 

願いをかなえる道は、

100人いたら、100通り。

 

 

ならば

ジャッジメントはまったく役に立たない

ということ。

正しいも間違いもなく、その人という個性だけに

通ずるやり方がある、

というだけ。

 

 

ジャッジメントは

自分という唯一神が君臨している世界のことだ。

自分が絶対であり、ルールだ。

自分が正義であり悪である。

 

 

自分が悪い、自分がダメ、

という自己否定のジャッジメントも

自分が間違いという考えが 「正しい」

とする考えにすぎない。

 

 

自分が神なので、

宇宙の叡智とつながることが難しくなる。

したがって願いを具現化するという

創造の行為に、

存在の根源のエネルギーを利用しにくい。

 

 

願いをかなえるという行為は、

ジャッジメントが通ずる自分だけの世界から

飛び出したときに、容易いものになるのだ。