「美しき緑の星」ーLa Belle Verte- は1996年に作られた作品です.

 

コリーヌ・セローさんは監督,脚本,主演女優として一人三役でこの映画に出ています.

この映画,人を目覚めさせる映画として人気が高いようです.

 

先日,フィリス・クリスタル療法をされているクライアントさんからこの映画のシーンでPKワークを思い起こさせてくれる場面があるというメッセージをいただきました.

 

私はこの映画が好きで何回も見ています.が,そこで今回 もう一度見てみることにしました.

すると,クライアントさんがいうように,確かにという場面がありました.そして私なりに気がついたことを今回書こうと思いました.

 

この映画はある惑星に住むミラが自分の母親が地球人であったことから,地球を訪問することを決めます.

ミラは地球で自分の惑星とはかなり違うことを体験をしながら,人々の心を「切断」というパワーを使い,人としての生き方を正していきます. この切断は二つ種類があり,ライトなものとヘビーな切断方法があります.

 

ライトな切断方法はミラが人にだた出会うだけで,その人が変わり,正直な人になります.

ヘビーな切断方法は,ライトよりその人にどかーんと変容させる力があります.

 

ミラは切断方法の力をもらって地球に降りるとき,大きな白いボールに入ってパリに到着します.

このボールは人がすっぽり入る大きさで,ゴムでできています.

白いボールは惑星を飛び出し,ポヨーンと海を渡り地上に着陸します.

 

クライアントさんが私にメッセージしてくれたのは,この白いボールのことです.フィリス・クリスタルのイメージワークで「ビーチボール」というのがあります.その人はこの場面を見たとき,ビーチボールを思い起こさせると言ってくれたのです.

 

ワークは自分がゴムでできたビーチボールに入り,色々な威圧や,攻撃を受けていたりする状況,暴走状態の中にいるときに使います.とても簡単なワークなので,子供達が大好きなワークです.フィリス・クリスタルのビーチボールは表面はカラフルな色です.そして中は金色の光で包まれていて,中で守られている感じがします.

 

私はこのシーンを改めて映画で見たとき,「ミラは自分が知らない地球というところに行くときに,胎児のように守られて移動できる何かとしてこの白いボールで移動したのかな」と思いました.ミラの子供達も後で地球に降りてきますが,やはりこの白いゴムボールで砂漠に到着します.

 

排気ガス,食べ物,考え方,お金の存在など人々の生活が惑星と異なる中で,全く影響されないミラは淡々と生活をして,色々な人と良い関係性を結んでいきます.この彼女の強さはどこからくるのか,読者は考えてみると良いと思います.

 

また,ミラの息子たちが,地球人で未来のお嫁さんになる人たちとの会話が意味深く,大切な言葉があるのでここで紹介します.

 

彼女「(惑星では)政治は誰がするの?」

息子「山頂で総会をするんだ」

彼女「なぜ山頂なの?」

息子「みんな懸命になるからさ」

 

フィリス・クリスタル療法の中でハイシーという存在があります.それは顕在意識の上の存在であす.その存在を人は真我とか,本当の自分といいます.フィリス氏はこのハイシーが知恵の倉庫で,あなたのことを全部知っていると言っています.普段は私たちはハイシーの存在を忘れているので,フィリス・クリスタルワークでは,簡単につながる三角形(フィリス・クリスタル療法のロゴになっている)というワークをしてハイシーとつながる方法として使います.

 

ミラの息子さんたちが山頂で総会をすることで皆が懸命になれるということは,参加する人がハイシーとつながることで,自分のマインドを使うのではなく,最高の知恵をもらいながら話し合いができる(平和的解決の道がある)ということを言っているのだと,私には思えました.

 

何回かこの映画を見ることで,色々なメッセージが含まれていることに気がつくと思います.

コリーヌ・セロー氏が膨大な資料と分析をしたと自ら話をしていますが,映画でそのことがよくわかります.そしてこの映画は理屈と理論だけの研究と調査だけでなく,真の意味で高いレベルのスピリチュアルなメッセージ,つまり人としてどう生きていくべきか,が含まれている映画なのだというのが私の感想です.

 

 

 

🌟フィリス・クリスタルワークに興味のある方は

2020年 3月28日 オンラインで無料紹介をいたします.

夜8−9時です.

「フィリス・クリスタル療法とは何か?」

興味のある方はFBから,Tweeter から

または

pkminjapan@icloud.com

からメッセージをください.

 

お待ちしています.

 

ビーチボールのワークなどが紹介されている,基本のワークブック

「ミニブック」も販売しております.

直接ご連絡いただければ,発送いたします.