労音鹿児島

労音鹿児島

よい音楽会等を会員の手でつくってゆく鑑賞団体です。企画立案、音楽会の準備や 当日の係りなど、すぺて会員で運営し、その喜び、感動を多くの 人に広げようと、活動しています。


テーマ:

出演者変更のお知らせ


 本公演 に出演を予定していたチェリストのヴィタウタス・ゾンデキス

急病のため、来日を断念せざるを得なくなりました。

 代わりまして、ウルリッヒ・ホルンが出演することとなりました。

 曲目及び他の出演者に変更はございません。お客様には何卒ご理解

いただけますよう、心よりお願い申し上げます。





ウルリッヒ ホルン (チェロ)

Ulrich Horn, Cello

フランクフルト放送交響楽団チェリスト(2001年~)。

ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学、ベルリン・フィルのカラヤン・アカデミーにて、ピーター・フォーグラー、ルートヴィヒ・クヴァントとゲオルク・ファウストの各氏に師事。ボリス・ペルガメンシコフ、バーナード・グリーンハウス、ダヴィド・ゲリンガス、ゲルハルト・シュルツ(アルバン・ベルク弦楽四重奏団)の各氏のマスタークラスで研鑽を積む。

これまでにアバド、ラトル、マゼール、バレンボイム、ハイティンクなどの名指揮者と、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で共演している。

ゲスト・ソロ首席奏者として、バイエルン国立管弦楽団、シドニー交響楽団、ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、ハイルブロン・ヴュルテンベルク室内管弦楽団などのオーケストラで活躍している。また、2013年からバイロイト祝祭管弦楽団のメンバーとして、バイロイト音楽祭に出演している。

 ソリストとして、ライプツィヒ放送交響楽団などのオーケストラや、シュレースヴィヒ・ホルスタイン音楽祭から招聘されている。2010年にハイドンのチェロ協奏曲で韓国のソウル・アート・センターにてアジア・デビュー。また各地で定期的にマスタークラスを開催している。

 2011年、ナクソスから『レーガ:無伴奏チェロ組曲』をリリースしている。

 


テーマ:



New Blue-ray&DVD


「STARDUST REVUE 楽園音楽祭 2017 還暦スペシャル in 大阪城音楽堂」


【発売日】 2018年10月24日


【DVD 初回生産限定盤】 COBA-7048-9 \6,600(税込)

【DVD 通常盤】 COBA-7050-1 \6,600(税込)

【Blue-ray 初回生産限定盤】 COXA-1160 \7,500(税込)

【Blue-ray 通常盤】 COXA-1167 \7,500(税込)



テーマ:

心の琴線に触れる演奏 心に響く、ピアノの調べ…

宮沢明子 (Meiko Miyazawa)

ピアノ・リサイタル





2018年1124日(土)

14:30開演(14:00開場)

かごしま県民交流センター・県民ホール

一般:全席指定 4,800円/ペア券 9,000円


※ペア券はRO♪ON事務局のみ取扱い

※未就学児童の入場はご遠慮下さい


■ RO♪ONクラシックの会例会

チケットのお申込み・お問合せ

九州労音鹿児島センター

☎ 099-223-8426(10:00~19:00 日祝休み)


≪ 予定プログラム ≫


ジャンフィリップ ラモー:<クラヴサンの為の曲集>より

               ジークとロンド ホ短調

バッハ:フランス組曲 第6番 ホ長調

モーツァルト:ソナタ K.570 変ロ長調

バッハ:パルティータ 第2番 ハ短調

ショパン:夜想曲 Op.9-1 変ロ短調

      夜想曲 Op.9-2 変ホ長調

      夜想曲 嬰ハ短調 遺作

      ワルツ Op.64-2 嬰ハ短調

      ワルツ ホ長調 遺作

      ワルツ ホ短調 遺作

                 ※曲目は都合により変更される場合があります。




プロフィール

宮沢明子  Meiko Miyazawa


神奈川県生まれ。ピアニストだった母の手ほどきを受ける。

横須賀清泉女学院でスペイン人修道女マドレ・カルメン・ぺニアに師事。

その後桐朋学園「子供のための音楽教室」に入室。

1961年、渡米、エール大学音楽部で学び、その後ジュリアード音楽院で

サッシャ・ゴロドニツキーに師事。

1963年、ジュネーブ国際音楽コンクール最高位入賞。

1964年ニューヨーク市にて、故ケネディ大統領追悼コンサートのソリストに選ばれる。

ヴィオッティ国際音楽コンクール金賞1席。

1969年、世界初のハイドンソナタ全集を録音。1973年には世界で3人目となる

モーツァルトのピアノソナタ全集の録音という偉業を果たす。

1978年~1979年、NHK教育テレビ『ピアノのおけいこ』で好評を博す。

研ぎ澄まされた感性で紡ぎだす音は、クラシック音楽に初めて触れる聴衆からも、

魂を揺さぶられると感銘を与えている。




テーマ:

スターダスト☆レビュー ライブツアー

「還暦少年」




2018年122日(日)

17:30開演(17:00開場)

宝山ホール(鹿児島県文化センター)

全席指定 6,900(税込)


9/8(土)発売開始!!

(9月4日まで先行予約受付中♪)


*ジュニア割引(25歳以下)、シニア割引(65歳以上):5,900円

  (公演日に年齢確認できるものを持参して頂き、キャッシュバック)

*障がい者(児)割引:5,900円

  (障がい者手帳をお持ちのお客様とその介助者(1名に付き1名)。

   公演日に障がい者手帳を持参して頂き、キャッシュバック)

※各割引の併用はできません。通常価格にてご入場後、会場にてキャッシュバックいたします。


*未就学児童入場不可


テーマ:

名門国立歌劇場が贈る

古典バレエの最高傑作

キエフ・バレエ

~タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立バレエ~

白鳥の湖(全3幕)

気高き白鳥の優美な舞

邪悪な魔法を打ち破る真実の愛

2018年12月19日(水)18:30開演(18:00開場)

 宝山ホール(鹿児島県文化センター)

 一般:S席8,500円、A席7,000円、B席5,500円 ※未就学児入場不可

7月14日(土)発売開始

チケット取扱:九州労音鹿児島センター/山形屋本店プレイガイド/

  十字屋CROSS/鹿児島市民文化ホール/CO-OPサービス/

  チケットぴあ(ブックスミスミオプシア店、セブンイレブン各店<Pコード:487-273>)

  ローソンチケット(ローソン各店<Lコード:84078>)

芸術の古都キエフに君臨する大劇場が、古典バレエの最高傑作を携え、

鹿児島にやってくる!

■出演予定

 エレーナ・フィリピエワ、カテリーナ・カザチェンコ、オレシア・シャイターノワ、

 デニス・ニェダク、ヤン・ヴァーニャ、ニキータ・スハルコフ

      ※6月現在の予定です。やむを得ない事情により出演ダンサーが変更になる場合があります。


キエフ・バレエ~タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立バレエ~

150年の歴史を誇り、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場とともに旧ソ連における三大劇場と称される、ウクライナ国立アカデミー・オペラ・バレエ劇場を本拠地とする。

古典の名作から現代作品、ウクライナならではの作品まで幅広いレパートリーを持ち、バレエ界をリードする多くのスター・ダンサーを輩出。海外公演も盛んで、日本でも1972年以降来日公演を重ね、成功を収めている。

白鳥の湖

音楽:P.チャイコフスキー  原振付:M.プティパ、L.イワノフ、F.ロプホフ   振付・演出:V.コフトゥン

神秘的な森の奥の湖で出会った、ジークフリート王子と囚われの白鳥姫オデット。二人は永遠の愛を誓うが、悪魔の手先オディールに惑わされた王子は誓いを破ってしまう。過ちに気づいた王子は死をも覚悟し、悪魔と戦う。ロシア系バレエならではの美しくたおやかな白鳥の群舞に、主演バレリーナによる清純な白鳥オデット/妖艶な黒鳥オディールの演じ分けも見どころ。情感あふれる舞とドラマティックな演出が光る、クラシック・バレエの最高峰。


後援:鹿児島読売テレビ・南日本新聞社・鹿児島県・鹿児島市教育委員会


お申込み・お問合せ 九州労音鹿児島センター:〒892-0822 鹿児島市泉町12-5 尾込ビル201号

 

 ☎099-223-8426

 




テーマ:
 

 

プラハ放送交響楽団 鹿児島公演中止のお知らせ

 

 

 

77日(土)宝山ホールで開催を予定しておりました。

 

「プラハ放送交響楽団 鹿児島公演」は、

 

大雨の影響と交通機関の運行見合わせ等を考慮した結果、

 

やむなく公演を中止させて頂くことになりました。

 

どうぞご理解いただけますよう、よろしく御願い申し上げます。

 

本公演を楽しみにしておられた皆様に御迷惑をおかけ致しました事を、深くお詫び申し上げます。

 

 

 

本公演を延期として振替公演可能な代替日がなく、中止とさせていただきます。

 

 

 

ご購入いただいたチケット代金は、払い戻しさせて頂きます。

 

 

 

払い戻し期間は、 7/10(火)より、7/24(火) までとさせていただきます。

 

半券を切らずに払い戻し場所にお持ちいただき、チケットと引き換えにチケット代金をお受け取り下さい。

 

 

 

 九州労音鹿児島センター
 ☎099-223-8426 (日・祝以外10001900


ROON及び、各プレイガイド(CO-OPサービス、鹿児島市民文化ホール、よかセンター、鹿児島市職員厚生会を除く)で

 

購入されたチケットの払い戻しができます。

 

ROON会員の皆様には後日連絡させていただきます)

 

 

 

その他ご購入いただいた店舗での払い戻しが可能です。

 

払い戻し場所により、対応が異なりますので以下の内容を、ご覧いただきご対応願います。

 

 

 

 山形屋プレイガイド ☎099-227-6820  10001930

 

 十字屋クロス店 ☎099-239-9928 100019:00

 

 チケットぴあ ☎0570-02-911110001800 http://t.pia.jp/guide/refund.jsp

 

 ローソンチケット ☎0570-000-777 10002000

 

 CO-OPサービス ☎099-286-1138 (土・日を除く9001700

 

 鹿児島市民文化ホール ☎099-257-8111 (休館日を除く9001730

 

よかセンター ☎099-285-0003 9001730 (鹿児島市中小企業労働者福祉サービスセンター)

 

 よかセンターで購入された方はあらかじめ払い戻し方法をよかセンターにお問合せ下さい。

 

⑨ 鹿児島市職員厚生会 ☎099-216-1145 (土・日・祝を除く09001700

 

 

 

また、郵送でも対処いたします。ご購入されたチケット現物(半券を切らないでください)を「九州労音鹿児島センター」まで、

 

【 簡易書留 】でご郵送ください。

 

〔送り先〕

892-0822 鹿児島県鹿児島市泉町12-5 尾込ビル201

           九州労音鹿児島センター宛

 

※注)チケットの郵送料は送り主の御負担となります。

 

チケットが届き購入履歴を確認後、差出人として記載の住所宛に現金書留で

チケット代金をお送りいたします。


    配達記録が残らない「普通郵便」などでチケットを送られて、送付物が

    未着・紛失の場合は、責任を負いかねますので、ご了承ください。

 

※注)書留の郵送料を差し引いた金額をお送りします。

 

 

 

 

 

払い戻しお問合わせ:九州労音鹿児島センター

099-223-8426 (日・祝を除く10時~19時)

 


 

テーマ:

『プラハ放送交響楽団』

鹿児島公演中止 のお知らせ


7月7日(土)宝山ホールで開催を予定しておりました

『プラハ放送交響楽団 鹿児島公演』は、


大雨の影響と交通機関の運行見合わせ等を考慮した結果、


やむなく公演を中止させていただくことになりました。


本公演を楽しみにせておられた皆様には大変申し訳ございません


が、ご理解いただけますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます。


また、中止決定が、間近になり皆様にご迷惑をおかけ致しました事を


深くお詫び申し上げます。


本公演を延期として振替公演可能な代替日がなく、中止とさせて


いただきます。


ご購入いただいたケットの払い戻し方法などの詳細に関しまして


近日中に、九州労音鹿児島センター・ホームページ

http://ameblo.jp/roon-kagoshima/


にてご案内させていただきます。


払い戻しには、現在お持ちの入場券が必要となりますんで、


お手元に保管いただきますようお願い申し上げます。


詳細に関しましては、九州労音鹿児島センター(099-223-8426)に


お問い合せ下さい。


2018年7月7日 

九州労音

九州労音鹿児島センター

日本アーティスト





九州労音鹿児島センター☎099-223-8426

(受付時間 10:00~19:00 / 日祝休み)



テーマ:

STARDUST REVUE (スターダスト☆レビュー)

日本コロムビア移籍第一弾!!


「世界はいつも夜明け前 / You're My Love」

■2018年5月30日発売



【収録曲】
1.世界はいつも夜明け前
  ☆BSジャパン 火曜ドラマ「くノ一忍法帖 蛍火」 主題歌

  ☆FM OH! 5月度E∞Tracks

  ☆NACK 5 5月後期パワープレイ

2.You're My Love

  ☆東海テレビ開局60周年 応援ソング

3.Daydream Believer 【アルバム未収録曲】

4.世界はいつも夜明け前 (Instrumental)

5.You're My Love (Instrumental)


●初回限定盤特典DVD

熊本地震復興支援チャリティライブ

「No Ballads 120分」@豊洲PIT 2017.02.02より

1. Whisky A Go-Go

2. Baby, It's You

3. 大渋滞

4. 少年

5. AVERAGE YELLOW BAND

6. Smiling Face

7. Get Up My Soul

8. RUNNING

9. 電光石火で引き分け主義

10. 道〜The Song For Us〜

【初回限定盤 (CD+DVD)】 COZA-1454-1455/\2,593+税

【通常盤 (CD)】 COCA-17469/\1,111+税


----------------------------------


「SHOUT」 以来4年振りとなるオリジナルアルバム

New Album

■2018年6月27日発売

「還暦少年」




ダブルA面シングル 「世界はいつも夜明け前」、「You're My Love」に

「路傍の歌」、「Blues In The Rain」、「還暦少年」他、全10曲予定


●初回限定盤特典DVD:アルバムレコーディング ドキュメント映像収録


【初回限定盤 (CD+DVD)】 COZP-1456-1457/\3,611+税

【通常盤 (CD)】 COCP-40399/\2,870+税





テーマ:

メンデルスゾーン、ブラームスの故郷から・・・上質な室内楽を!
ハンブルクトリオ演奏会
 
    ⒸJörn Kipping
 
【予定曲目】

メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲 第1番

 

ブラームス・ピアノ三重奏曲 第1番         他

               (※曲目は都合により変更される場合があります)

2018年

14日(金)

19:00開演(18:30開場)

かごしま県民交流センター・県民ホール
一般:全席指定5,000円/ペア券(RO♪ONのみ取扱い、2人で)9,400円

※未就学児童の入場はご遠慮ください。


6月2日(土)発売開始

RO♪ONじむきょく/山形屋5Fプレイガイド/十字屋CROSS/コープサービス/鹿児島市民文化ホール/

チケットぴあ(セブンイレブン各店:Pコード117-834)/ローソンチケット(ローソン各店):Lコード82843)

2013年結成。ハンブルクを拠点にベルリン、カッセル、マインツなどドイツ各地で活動。ブラームスのピアノ三重奏曲全曲演奏会などで高い評価を得ているピアノトリオです。 

エバーハルト・ハーゼンフラッツ(ピアノ/ベルリン芸術大学)

塩貝みつる(ヴァイオリン/元ハンブルク国立フィルハーモニー管弦楽団)

ヴィタウタス・ゾンデキス(チェロ/北ドイツ放送エルプフィルハーモニー交響楽団)




 

ハンブルクトリオ Hamburg Trio ピアノ三重奏団

 

201310月、ブラームスのピアノ三重奏曲の共演をきっかけにハンブルクで結成。

この演奏はインターネットでライブ中継された。その後、ハンブルクを拠点に

ベルリン、カッセル、マインツなどドイツ各地で活躍。新聞などで高い評価を受け、

ZDF(ドイツ国営第二放送)、NDR(北ドイツ放送)に出演。毎年作曲家ごとの全曲

ピアノ三重奏曲を録音し、国内外でコンサートを行うことをコンセプトに活動している(2015年ブラームス、2016-17年シューマン、2018年メンデルスゾーン)。

20181月にはベルリンとハンブルクでベートーヴェンのトリプルコンチェルトを

演奏し話題となった。5月にはサンクトペテルブルクのフィルハーモニーホール、

リュブリャナ音楽祭、ウーゼドム音楽祭に招待されている。

日本では2015年に「ブラームス ピアノ三重奏曲全曲演奏会」を開催し、


NHK FM「ベスト オブ クラシック」で放送された。またNHK AM「すっぴん!」に

出演、生演奏を披露し反響をよんだ。2017年の2度目の来日では「シューマン ピアノ三重奏曲全曲演奏会+四重奏曲&五重奏曲」を開催した。これまでにブラームスのピアノ三重奏曲全曲を収録した「Brahmsiade」をリリース。


塩貝みつる Mitsuru Shiogai ヴァイオリン

桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ修了。原田幸一郎、篠崎史紀、堀正文の各氏に師事。2004年よりハンブルク国立フィルハーモニー管弦楽団、並びにハンブルク国立歌劇場の第1ヴァイオリン首席アソシエイト・コンサートマスター。NDR エルプフィル、シュトゥットガルト放送響、バイエルン歌劇場などで客演する。ソリストとしてもウィーン交響楽団、ハンブルク国立フィルハーモニー管弦楽団などと協演している。2015年元旦に、バッハのソナタがドイツの主要ラジオ局で生放送された。現在は国内に拠点を移し、ゲストコンサートマスターとしてソロ、室内楽、オーケストラと、日本と欧州で活躍している。


ヴィタウタス・ゾンデキス Vytautas Sondeckis チェロ

リトアニア出身。1997年より、NDR エルプフィルハーモニー管弦楽団ソロチェリスト。サンクトペテルブルク音楽院で、故アナトリー・ニキーチン教授のもとで研鑽を積み、その後リューベック音楽院にて、デイビット・ゲリンガス氏に師事。97年ニュージーランドでの国際チェロコンクールで優勝。ソロ、室内楽奏者として世界の主要なホールで客演。ソロアルバム「Romantic Music for Cello and Orchestra」(ナクソス/ゲリンガス氏指揮)はル・モンド・ドゥ・ラ・ムジーク誌のショック賞を受賞。2001年、サンフランシスコのラジオ放送局KDFCより「世界トップアーティスト 30人」に選出された。


エバーハルト・ハーゼンフラッツ Eberhard Hasenfratz ピアノ

ドイツ生まれ。国内外の数々のコンクールに入賞。アルフォンス・コンタルスキー、セルジュ・コロ、マーティン・ロヴェット、ヘンリー・マイヤー(ラサール四重奏団)、ノーマン・シェトラーの各氏による数々の国際マスターコースで助手を務める。現在はベルリン芸術大学にて教鞭を執りながら室内楽奏者としても活躍している。2006年よりハンブルク近郊の「室内楽の友、クイックボーン」コンサートシリーズのディレクター、2010年よりハンブルクの教会の教会音楽家に就任し、2011年には同教会での室内楽シリーズ「ブランケネーザー・コンチェルテ」を開始した。




テーマ:

 チェコを代表する名門オーケストラ 究極の3大名曲を一挙演奏!!

プラハ放送交響楽団



指揮:オンドレイ・レナルト 



2018年日(土)

14:30開演(14:00開場)

宝山ホール(鹿児島県文化センター)


全席指定:S席 9,720円/A席 7,560円/B席 5,400円

※未就学児童の入場はご遠慮下さい。


※一般発売開始:3月3日(土)




【予定プログラム】


◆ スメタナ:交響詩“わが祖国”より

             モルダウ

  Smetana:The Moldau(Vltava)from“My Country”


◆ ベートーヴェン:交響曲 第7番

            イ短調 op.92

  Beethoven:Symphony No.7 in A major op.92


◆ ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 op.95

         新世界より

  A.Dvořák:Symphony No.9 in e minor op.95「From the New World」



※予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。





プラハ放送交響楽団 The Prague Radio Symphony Orchestra




1926年、チェコスロヴァキア国営放送所属オーケストラとして発足した。以後、自国の作曲家の曲をはじめ、次第にレパートリーを広げていった。1930年代にプラハで開催された国際現代音楽祭においてヘルマン・シェルヘン指揮で参加し一躍国際的に注目を集めた。

 1934年にカレル・アンチェルが常任指揮者に就任するが、1935年、ナチスの進攻により、その地を去る。1947年にアンチェルが指揮者として復帰、1950年にはアロイス・クリマが指揮者を務める。1972年にはヤロスラフ・クロムプホルツが、1979年にはフランティシェック・ワイナールが常任指揮者に就任。 そのほか、シャルル・ミュンシュ、

 ロジェストヴェンスキーなどの名指揮者がその指揮台に立ち、オネゲル、ハチャトゥリアン、ペンデレツキなどが自作を指揮している。 1985年にウラディミール・ヴァーレクが首席指揮者に、 2011年よりオンドレイ・レナルトが首席指揮者に就任している。

 これまでに、ドイツ、イタリア、オーストリア、クロアチア、スイス、 フランス、ギリシャ、イギリス、韓国、日本などに招かれ、1998年には 初のアメリカ・ツアーを行った。

 プラハ放送交響楽団は、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ交響楽団とともに、チェコの三大オーケストラの一つとして高い評価を受けている。




オンドレイ・レナルト(指揮) Ondrej Lenàrd




1977-90年旧チェコスロヴァキア放送交響楽団首席指揮者。84-86年まで スロヴァキア国立歌劇場首席指揮者を務める一方、ウィーン国立歌劇場をはじめ世界の主要な歌劇場で頻繁に客演出演を行う。91/92年シーズンよりスロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者に就任し、95年から2001年まで音楽監督を兼務。1996年ブラティスラヴァ国際音楽祭のオープニング・コンサートでマーラー交響曲第8番「千人の交響曲」を同地初演、その功績によりスロヴァキアの〈今年の国民大賞〉を受賞。97 スロヴァキア国立歌劇場オペラ・バレエ音楽総監督を務め、『トスカ』の新プロダクションや同劇場日本公演を成功へと導き、その手腕は世界的に高く評価されている。現在プラハ放送交響楽団首席指揮者。
日本においては、79年に新星日本交響楽団に首席客演指揮者として迎えられ93年より首席指揮者、99年名誉指揮者・芸術顧問を務める。2001年の合併に伴い、東京フィルハーモニー交響楽団名誉指揮者に就任、現在に至る。

 


 




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス