子どももママも未来に希望が持てる家庭療育

おうち療育アドバイザー浜田悦子です。

こんにちは^^

 

 

以前、家庭学習についてメルマガで

「次のプリントにとりかかるのに、違うとこに手が伸びたりすることがある」

についてお話ししました。

 

 

**ここから**

 

こんな時は、

  1. プリントやドリル毎に、クリアファイルを分ける
  2. クリアファイルに、やる順番ややる時間を書く(付箋などで貼る)

ということを試してみてください^^

 

 

お子さんによって、

うっすらと色がついているクリアファイルの方が

数字や付箋が見やすくなるので

より効果的かもしれません。

 

 

また、ドリルはやる箇所を

あらかじめ開いて入れてあげてくださいね^^

 

 

こんなにサポートして大丈夫?

と、感じるかもしれません。

 

 

でも、

視覚的に分かりやすくサポートすることを

「構造化」と言います。

 

 

子どもに合った「構造化」をすることは

子どもの理解を促し、

主体的に取り組むことができるようになるんです。

 

 

こう考えると

やってあげようかな?と思いますよね^^

 

 

また、

プリント2枚とドリル1ページ。

一見、少ないと感じるかもしれませんが

お子さんが把握できているかは

また別のお話になってきます。

 

 

「お子さんにいつやるか確認し、スケジュールボードに反映」

という、お子さんへのヒアリングや

視覚的な指示も活用しているので

とってもGoodな対応なのですが、

「スケジュールボードに目を向ける」

ということにも「課題」が入ってくるんですね。

 

 

特に、「探す」が難しいお子さんや

宿題に対して後ろ向きな気持ちのお子さんは

目や気持ちを向けることが

できにくいかもしれません。

 

 

でも、

クリアファイルに分けられていて

それが、宿題をする机やテーブルの上に

セットされていれば、

気付いたり、思い出したりすることができます。

 

 

お子さんには、

スケジュールボードが理解して行動しやすいお子さんと

小分けして見やすい方が理解して行動しやすいお子さんがいます。

 

 

 

 

このメルマガを読んで

以前、家庭学習のおしゃべり会に

参加してくださった、

小学1年生のお子さんのママが

こんなご感想を送ってくださいました。!

 

 

「スケジュールボードに

目を向けるのが「課題」と

書かれていて、そうそう!となりました。

 

息子はスケジュールボードを見ないのです。

 

そしてスケジュールを自分で組み替えたり

息子が口でいったこと(○時に○○をする)を

反映させても「その時にそう思った」だけで

他に夢中なことがあると

「なんで今それしないとダメなの?」となる。

 

でも「○時に○○」とあるから

「やらないといけない」と思うから葛藤する。

 

私も「そうしたんだから守りなよ」

思ってしまうし言ってしまう。

 

悪循環を断ち切るために、

ふつうのホワイトボードに

学校から帰ってきてからやることだけの

シンプルなスケジュールボードにしました。

 

時間もやめました。

 

ただ寝る時間だけ

わかりやすく書きました。

そこだけは守って欲しかったので。

 

宿題も確かに【何個(枚)あるのか】

わかる方が取り組み方がかわるかな、と思い

 

「算数プリント」「国語プリント1」「音読」

ラベリングしたクリアファイルに一つ一つ入れる

 

クリアファイルに対応したマグネットを

作成しスケジュールボード

貼って視覚的に量がわかるようにする

 

宿題自体は

【今日の宿題】とラベリングしたかごに入れる

のようにして、帰宅したら

私が準備するようにしました。

 

はじめてから1か月経ちませんが、

自分から宿題を出して取り組む日もでてきました^^

 

息子なりの学校から帰っての過ごし方が確立され、

「いつ宿題に取り組めばいいか」

本人の中でわかってきたのかもしれません。

 

また国語のひらがなを

繰り返し書くプリントが終わってからなので

宿題へのハードルが下がったのかなと思います。

 

息子は身についてしまえば、

自分ですすんでやるタイプなので

なんでも視覚的にサポートすれば

いいというものではないんだなあと思いました^^;

 

長々と書きましたが、

宿題に関してはお互い気持ちよくできているので

本当に感謝しています^^」

 

 

 

以前、家庭学習のおしゃべり会に

参加してくださったママが

こんなご感想を送ってくださいました!

 

 

小学1年生のお子さんです。

 

 

小学1年生って、

まだまだ宿題の習慣化が難しく

ママの声かけが必要だったり

親子でバトル・・・なんてこともありますよね。

 

 

でも、

 

はじめてから1か月経ちませんが、

自分から宿題を出して取り組む日もでてきました^^

 

このご感想は

わたしもとってもうれしくなりました!

 

 

お子さんのタイプを知って

効果的なサポートをしていきたいですね!

 

 

メルマガでは、

無料メールセミナーやQ&A、

最新情報をお届けしています。

 

 

ぜひ、メルマガにご登録してみてくださいね!

 

まずはメルマガに登録する

 
携帯電話のメールアドレスでは
届かない場合があります。
 
メールが届かない場合は、
迷惑フォルダをご確認ください。
 
 
 

 

 

 

 

 

**掲載していただきました!!**

 

  

(ひよこクラブ:2018年3月号)

 

 

 

神奈川、横浜、川崎、東京、千葉、埼玉、

茨城、栃木、群馬、23区、青葉区、静岡、

浜松、山梨、仙台、大阪、神戸、京都、

名古屋、石川、和歌山、岡山、福岡、

全国からご相談いただいております。

 

 

発達障害、グレーゾーン、発達の遅れ、

発達遅滞、知的障害、療育、家庭療育、

癇癪、パニック、こだわり、きょうだい喧嘩、

他害、暴言、宿題の悩み、身支度、着替え、

登園拒否、登校拒否、不登校、友達関係、

おまかせください。

(AERA:2016年6月号)

子どももママも未来に希望が持てる家庭療育

おうち療育アドバイザー浜田悦子です。

こんにちは^^

 

 

 

「うちの子、みんなとちょっと違う・・・

と不安な時にできること」

 

 

今日は、久しぶりに

対面の講演会のお知らせです。

(オンラインも可能です)

 

 

わたしが所属する、

一般社団法人子育てコーチング協会では

7月8日(木)に東京・田町にて

講演会を開催します。

 

 

代表の和久田ミカさんとわたしが、

対談形式でお話しさせていただきます。

 

 

内容はこちらです。

  • 発達障害について
  • 何度声をかけても 朝の準備が進まない
  • 園や学校に行きたがらない…このまま行かなくなったらどうしよう?
  • 毎日の宿題で親子バトル!年齢が上がっても落ち着かない時

 

(オンラインもあります)

 

 

 

 

自宅でも園や学校でも、

子育ての悩みはつきませんよね。

 

 

特に、

(うちのなんだかみんなと違う?)

と思っているママは不安や焦りから

お子さんにきつい言葉をかけてしまうことも

あるかもしれません。

 

 

本当は、お子さんの不器用なことに

寄り添ってあげたいのに、

言葉や行動が追い付いていかないことって

ありますよね。。

 

 

 

 

先日、親子関係や家庭教育を

発信している元教師の方が、

こんな発信をされていました。

 

 

「親が子供と一緒に遊んだり

お風呂に入ったりなどの

触れ合いに努めていても、

子供が親の愛情を実感できていないケースがあります。

 

それは親が叱りすぎている場合です。

叱ることが多いと、

いくら触れ合いを増やしても台無しです。

自分で摘んだ積み木を

自分で崩していることに気がつかない親が多いのです。」

 

 

 

 

わたし、これを読んで

グサグサ~っときたんですね。

 

 

まさに、昔のわたしと息子のことを

言われているように感じたからです。

 

 

息子の診断が受け入れられず

厳しくしたら成長を伸ばせると信じて

子育てしていた時期があります。

 

 

でもそれは、

うまくいく方法が分からなくて

本当に息子が成長するのか不安で・・・

その不安をどうしていいか

分からなかったからだと、

今になってわかるのです。

 

 

息子を診て、

「発達障害」と言われたら

「どうしてうちの子のことが分かるのよ!」

と憤慨し、

 

「大丈夫だよ~!」と言われても

「どうしてうちの子のことが分かるのよ!」

と、憤慨する。

 

 

こういうことってありますよね。

 

 

 

 

でもね、

わたしの経験から生まれたモットーは、

「子育てはいつからでもやり直せる」です!^^

 

 

講師をしていても、

いまでも息子を理不尽に怒ってしまったり

できないことや不器用なことを

息子の特性のせいにして

責めてしまうような関わりをしてしまうこともあります。

 

 

そんな時は、まずは素直に謝って

落ち着いている時に、ひとり反省会(笑)

 

 

時間がなくてイライラしちゃったんだな・・・

 

今度はこんな声かけをしよう。

 

 

だいぶ建設的に、

自分の子育てを考えられるようになりました。

 

 

こんな風になれたのは、

「こうすればうまくいく」

って分かっているからです。

 

 

お子さんに診断がついていてもいなくても

「うちの子、みんなとちょっと違う・・・」

といつも不安を感じているママがいたら

ぜひお話しを聞きにきてくださいね^^

 

 

とってもリーズナブルなお値段ですよ♪^^

 

 

このような時期ですが、

感染対策をしっかりして開催いたしますので

気分転換かねて、

いらしてくださいね!

 

 

【 すまいるママ塾 vol.8

発達グレーゾーン記念講演 】

 

■日程 7月8日(木)

■開場 10:10~

■10:30~あいさつ、自己紹介

■10:45~
(内容)

  • 発達障害について
  • 何度声をかけても 朝の準備が進まない
  • 園や学校に行きたがらない…このまま行かなくなったらどうしよう?
  • 毎日の宿題で親子バトル!年齢が上がっても落ち着かない時

■11:00~質疑応答

■11:30 終了

 

 

■ 会場参加:AP品川(品川駅港南口 徒歩6分)
定員 50名


アクセスはこちら
グーグルマップはこちら

 

 

■ 録画配信:
編集を終えた後、2日後までに、

メールにて動画配信のURLをお伝えします。

*視聴期間は1カ月です

 

 

<参加費>

■ 会場・録画 ともに770円(税込)

■ 会場と録画どちらも 1,100円(税込)

 

 

代表の和久田ミカさんのブログも

ぜひ参考になさってくださいね!

 

 

 

メルマガでは、

Q&Aや最新情報をお届けしています!

 

ぜひ、メルマガにご登録してみてくださいね!

 

まずはメルマガに登録する

 
携帯電話のメールアドレスでは
届かない場合があります。
 
メールが届かない場合は、
迷惑フォルダをご確認ください。
 
 
 

 

 

 

 

 

**掲載していただきました!!**

 

  

(ひよこクラブ:2018年3月号)

 

 

 

神奈川、横浜、川崎、東京、千葉、埼玉、

茨城、栃木、群馬、23区、青葉区、静岡、

浜松、山梨、仙台、大阪、神戸、京都、

名古屋、石川、和歌山、岡山、福岡、

全国からご相談いただいております。

 

 

発達障害、グレーゾーン、発達の遅れ、

発達遅滞、知的障害、療育、家庭療育、

癇癪、パニック、こだわり、きょうだい喧嘩、

他害、暴言、宿題の悩み、身支度、着替え、

登園拒否、登校拒否、不登校、友達関係、

おまかせください。

(AERA:2016年6月号)

子どももママも未来に希望が持てる家庭療育

おうち療育アドバイザー浜田悦子です。

こんにちは^^

 

 

 

 

昨日は、息子と電車に乗って

お出かけをしました。

 

 

渋谷で開催されているミイラ展へ行き

その後は息子リクエストで

アニメイト(アニメショップ)へ。

 

 

とにかく外出することが苦手で

家にいたい子なので、

こんな機会はめったにありません。

 

 

電車の中で読む本をリュックにつめて

駅までの時間は息子の好きな話をして

「暇」な時間をできるだけ「楽しい」時間に

感じられるように、準備をしました。

 

 

「楽しかった!」

「行ってよかった!」

という成功体験があると

「また行ってみよう!」

「次はあそこに行きたいな!」

って、思えますもんね^^

 

 

 

小学6年生ですが、

今でもわたしを手をつないで歩きます。

 

 

これは、

「ママが大好きだから!」

という訳ではなく、

刺激がいっぱいの中で

色んなことに注意を向けながら

歩くことが難しいからです。

 

 

特に、はじめての場所や

行き慣れていない場所は

歩きにくいですよね。

 

 

わたしには、駅までの道や

渋谷という街はなじみがありますが

息子には「わからない」や

「不安」があふれています。

 

 

それでも、

「今度は秋葉原に行きたい!」

って言葉を聞いて、

行ってよかったなぁって思いました。

 

 

帰りは安定のモスバーガー。

「いつも一緒」が「安心」できます。

 

 

 

息子のような刺激にビクビクくんは

  • 同じ
  • いつも一緒
  • 変化がない
が安心材料になります。
 
 
変化をしないって
成長しないってことのように
感じてしまいますが、
安心の土台ができたら
子どもが勝手に求めていきます。
 
 
ここを待てるかどうかが
難しいですけどね^^;
 
 
ついつい、
良かれと思って色んな経験をさせたいって
思ってしまいます。

 

 

それから、

「探す」「片付ける」ということも

難しいかもしれません。

 

 

目の前にあるのに

「どこ?」ってキョロキョロしていたり

一瞬見てなかったら

「ない」と答えてしまうことがあるかもしれません。

 

 

小さい時には、わたしが

「あそこにあるよ」って指をさしても

わたしの人差し指を見るだけでした。

 

 

当時は本当に意味が分からなくて

この子をどんな風に育てていいか

分からなくて困っていました。

 

 

それを考えたら、

超成長しましたね^^

 

 

 

適切な時期に

適切なサポートができると、

のちのち、大きな成長を感じられる日がきます。

 

 

ポイントは、

  • 今、やるべきサポート
  • 今、やらなくても良いサポート
を、しっかり分けることです。
 
 
子どもが自分のチカラで
成長できるような土台を
整えていきましょう^^
 

 

メルマガではQ&Aや最新の情報。

ブログでは書けない記事を配信しています。

 

 

ぜひ、メルマガにご登録してみてくださいね!

 

まずはメルマガに登録する

 
携帯電話のメールアドレスでは
届かない場合があります。
 
メールが届かない場合は、
迷惑フォルダをご確認ください。
 
 
 

 

 

 

 

 

**掲載していただきました!!**

 

  

(ひよこクラブ:2018年3月号)

 

 

 

神奈川、横浜、川崎、東京、千葉、埼玉、

茨城、栃木、群馬、23区、青葉区、静岡、

浜松、山梨、仙台、大阪、神戸、京都、

名古屋、石川、和歌山、岡山、福岡、

全国からご相談いただいております。

 

 

発達障害、グレーゾーン、発達の遅れ、

発達遅滞、知的障害、療育、家庭療育、

癇癪、パニック、こだわり、きょうだい喧嘩、

他害、暴言、宿題の悩み、身支度、着替え、

登園拒否、登校拒否、不登校、友達関係、

おまかせください。

(AERA:2016年6月号)

子どももママも未来に希望が持てる家庭療育

おうち療育アドバイザー浜田悦子です。

こんにちは^^

 

 

 

 

年長さんのお子さんをお持ちのママから

こんなお悩みが届きました。

 

 

「4歳の頃、

自閉スペクトラム症と診断されて

療育に通い始めました。

 

でも、5歳になった今でも

なかなか慣れず、

療育に行くことを嫌がります。

 

このまま続けた方がよいのか?

やめてしまった方がよいのか?

悩んでいます。」

 

 

成果がでるはずの療育。

 

 

でも、

行く度にお子さんが嫌がったり

お子さんの成長が見られなかったりすると

「意味あるのかな?」と感じてしまいますよね。

 

 

今日は、

「療育を続けた方が良いのか迷った時」

についてお話します。

 

 

この記事を最後まで読んでいただくと

お子さんに合った療育のカタチが

見つかるかもしれません^^

 

 

 

 

療育は、通っただけ

成果が上がるものだと考えていませんか?

 

 

専門家がわが子の特性を理解し、

成長を伸ばしてくれる。

 

 

だから、

家事や仕事の時間をやりくりして

通わせているご家庭がほとんどだと思います。

 

 

幼稚園や保育園を早退させて

療育の時間を伸ばしている

ご家庭もあると思います。

 

 

でも、

お子さんが通うのを拒否したり、

通っている割に

成長が見られないと感じた時には、

「一旦お休みしてお子さんの様子」

を観察しましょう。

 

 

 

 

療育と一言でいっても、

人や場所などの刺激がたくさんなので

お子さんの特性によって、

合う療育と合わない療育があるんです。

 

 

例えば、

感覚過敏のあるお子さんは

集団療育は向いていないかもしれません。

 

 

なぜなら、

周りがうるさくて課題に集中できなかったり

園での活動ですでに疲れていたりするからです。

 

 

このような場合、

癇癪などの行動が出やすくなります。

 

 

でも、担当の先生に

「就学を見据えて、集団に慣れさせることが大切」

と、言われることがあります。

 

 

そうすると、

「先生の方が正しいのかな?」と感じて

何にも言えなくなってしまいますよね。

 

 

でも、子どもが伸びるのは

失敗体験ではなく、成功体験です。

 

 

以前見た映画で、細胞生物学者の方が

「成長と防御は同時に行えない」

とおっしゃっていました。

 

 

生物は、恐怖を感じると

成長をいったん停止させて

防御にそなえるそうです。

 

 

発達障害やグレーゾーンの子どもにとって

  • 不快な刺激
  • あいまいな指示
  • 見通しがない
ということは、恐怖です。
 
 
まずは、安心・安全な環境を
整えていけるといいですよね。

 

 

もし、

「うちの子の、こんな場合はどうしたらいい?」

と、アドバイスを聞きたい方は

6月12日(土)21時配信の

無料メルマガにご返信くださいね^^

 

 

ぜひ、メルマガにご登録してお待ちください!

 

まずはメルマガに登録する

 
携帯電話のメールアドレスでは
届かない場合があります。
 
メールが届かない場合は、
迷惑フォルダをご確認ください。
 
 
 

 

 

 

 

 

**掲載していただきました!!**

 

  

(ひよこクラブ:2018年3月号)

 

 

 

神奈川、横浜、川崎、東京、千葉、埼玉、

茨城、栃木、群馬、23区、青葉区、静岡、

浜松、山梨、仙台、大阪、神戸、京都、

名古屋、石川、和歌山、岡山、福岡、

全国からご相談いただいております。

 

 

発達障害、グレーゾーン、発達の遅れ、

発達遅滞、知的障害、療育、家庭療育、

癇癪、パニック、こだわり、きょうだい喧嘩、

他害、暴言、宿題の悩み、身支度、着替え、

登園拒否、登校拒否、不登校、友達関係、

おまかせください。

(AERA:2016年6月号)

子どももママも未来に希望が持てる家庭療育

おうち療育アドバイザー浜田悦子です。

こんにちは^^

 

 

 

 

アメブロに2年前の記事が

あがってきました。

 

 

発達障害やグレーゾーンのお子さんの

癇癪に悩む全てのママへ。

 

 

ぜひ読んでほしい記事です。

 

 

「中学2年生まで続いた癇癪が、3カ月でなくなった理由」

 

 

特性のある子どもたちは、

  • 成長と共に改善する
  • 自然に癇癪がなくなる
ということは、ほとんどない。
 
というのが、わたしの考えです。
 
 
 
 
なぜなら、前提が違うからです。
 
  • 物事の捉え方
  • 認知の歪み
  • コミュニケーションの質
 
これは、息子を見ていても
本当に痛感する日々。
 
 
「え?そんなことで?」
 
 
くだらないと思ったり
悲しくなったりの繰り返しです。
 
 
でも、ここをスルーすることは
感じ方や考え方の土台をスルーしてしまうこと。
 
 
そう思って、
試行錯誤をしながらやってきました。
 
 
 
わたしは今まで、
発達支援センターや
放課後等デイサービスの
スタッフ研修や保護者向けの講演をさせていただきましたが
 
 
「子どものつまずき」は、
年齢に関わらず
つまずいた時期に戻って
ひとつひとつ解決しなくてはなりません。
 
 
でも、こんな風に書くと
すでに頑張っているママは
「もう無理・・・」って思ってしまいますよね。
 
 
頑張っても、
結果や問題行動の解決が伴わない・・・
頑張る気力もなくなっちゃいますよね。
 
 
そんな時は、
まずは講座にいらっしゃいませんか?
 
悩んでいるのは、あなただけではありませんよ^^
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**掲載していただきました!!**

 

  

(ひよこクラブ:2018年3月号)

 

 

 

神奈川、横浜、川崎、東京、千葉、埼玉、

茨城、栃木、群馬、23区、青葉区、静岡、

浜松、山梨、仙台、大阪、神戸、京都、

名古屋、石川、和歌山、岡山、福岡、

全国からご相談いただいております。

 

 

発達障害、グレーゾーン、発達の遅れ、

発達遅滞、知的障害、療育、家庭療育、

癇癪、パニック、こだわり、きょうだい喧嘩、

他害、暴言、宿題の悩み、身支度、着替え、

登園拒否、登校拒否、不登校、友達関係、

おまかせください。

(AERA:2016年6月号)