美容室営業マン奮闘ブログ

美容室営業マン奮闘ブログ

営業マン奮闘ブログ 日々の新鮮な情報・商品をお伝えしていきます。

連日凄い暑さですね〜


でも



今年はなぜか長い闇の中にいるような気がします。




この時期にマスクをするなんて有り得なかったけど。





ウィズコロナに対応していかないといけませんね。

でも、


残すところもう5ヶ月です。





今年は何もしてない気がします。




勉強会、旅行、飲み会、買い物、




ストレスは溜まりますよね。
でも



お金貯まりますよね。笑笑



何かご自分にご褒美でもないとやっていけませんよね。




そんなご褒美にぴったりな商品。







当社でもプチ贅沢なモノがあるのです。



22成分中19種類が保湿剤と言う


今までにない、素髪感とツヤを追求して作った、


とことん中身にこだわった商品です。





シリコンなどは一切使用していないのでつけた瞬間ツルツルと言う事は無いですが、

  


使っていくうちに髪の内部に浸透していくので使えば使うほど良さがわかるそんな商品です。





万能なところは、ヘアカラーの中にも入れることができますし、アイロン前にも使用できます。





縮毛矯正でしたら2液の中に入れると艶感が違います。



色々と使えるのでぜひとも1度使っていただきたいです。



ネット販売はされておりませんので。



因みに業務用もございます。





Pucaアシッドストレート
 
 
 
 
酸性髪質改善縮毛矯正です。
 
 
 
 
この縮毛矯正をすすめるにあたってやはり大事なのはインパクトかなと思います。
 
 
 
 
言葉でいうよりも見たほうが何倍もわかりやすいです。
 
 
 
 
写真を、見るとお客様は自分に当てはめることができるからです。
 
 
 
 
今回はモデルさんの写真を載せていきますので見ていただけたらと思います。
 
 
 
 
こういった写真をファイルにしてお客様へのアプローチに使われてはいかがでしょうか??
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
ちなみにいつもチオの強い薬で伸ばしているこちらのモデルさん
(※それでも伸びない部分があるようです。。。)
 
 
 
アシッドストレートできれいに伸ばすことが可能です。
(処理剤でアルギニンを使います)
 
 
 
 
そしてこの艶感 ※最後カラーしてます
imageimage
 
こちらのモデルさんの工程を紹介していきます。
 
 
 
 
1、根元にアルギニン(シュガリー)塗布
2、パーフェクトローションを10%入れた薬を根元から毛先まで塗布
3、加温20分
4、根元にアルギニン塗布、毛先に水をかけてよく馴染ませ浸透させる
5、加温10分
6、よく流し
7、オーバードライ気味で乾かす
8、アイロン200度で施術(気持ち薄め、根元しっかり)
9、ブロム酸塗布15分
 
 
 
 
酸性の薬は伸びない
ハイダメージ毛専用
 
 
 
 
そう思っている方は非常に多いと思います。
 
 
 
 
Pucaアシッドストレートでしたらクセを伸ばすことができ、ダメージ部分にもアプローチ可能です。
 
 
 
 
既存の縮毛矯正やっているお客様に提案
既存カットのお客様に提案
新規のお客様獲得のため
他の店で縮毛矯正をやっているお客様を獲得
縮毛矯正が苦手なので今まであまりやってこなかった美容師さん
 
 
 
 
色々あるかなと思います。
 
 
 
【うちのサロンは縮毛矯正比率が低いからいらない】
 
 
 
 
 
こう言われてしまうケースがあります
 
 
 
 
何故、縮毛矯正の比率が低いのでしょうか??
 
 
 
 
1、縮毛矯正に自信がないのでアプローチできていない
2、縮毛矯正の提案を行っていない
 
 
 
 
 
このどちらかかなと思います。
 
 
 
 
【縮毛矯正のニーズがない】
 
 
 
 
こう言われてしまうケースもあります。
 
 
 
 
絶対にそんな事ありません。
 
 
 
 
日本人の女性7割の方はクセに悩んでおります。
 
 
 
 
ニーズはかなりありますよ。
 
 
 
 
縮毛矯正に苦手意識はありませんか??
 
 
 
 
ここ最近薬剤は進化を続けております。
 
 
 
 
縮毛矯正は美容室全体でブルーオーシャンです。
 
 
 
 
是非とも新しい打ち出ししてみませんか??
 
 
 

 

縮毛矯正の話

 

 

 

 

皆さん、システアミンが効きにくい髪質があるのをご存知でしょうか??

 

 

 

 

よく美容室からも相談を頂いておりました。

 

 

 

 

体験会などをさせていただいていてもそれは感じておりました。

 

 

 

 

縮毛矯正の体験会をやっても中間毛先の質感があまり良くない。

 

 

 

 

いくつかの共通点が有りましたのでご紹介させていただきます。

 

 

 

 

1,エイジング毛やケミカルダメージ毛

2,中間毛先は痛みによりシステアミンを使うケース

 

 

このケースが圧倒的に多かったです。

 

 

 

 

そして髪質にも共通点が有りました。

 

・固い

・乾燥

・うねり

・広がり

・多毛

 

 

 

 

こちらの髪質が共通点でした。

 

 

 

 

お客様に聞いても共通しておりました。

 

 

 

 

今回は写真にてご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが体験会でシステアミンできれいに仕上がらなかったモデルさんです。皆さん同じ髪質をしております。

 

 

 

 

 

そしてこちらはこちらの共通の毛質にシステアミンを使い施術したケースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかりますでしょうか??ホワホワっとしてしまうのです。

 

 

 

 

今まではこの原因がわかりませんでしたがいくつかの原因がわかってきました。

 

 

 

 

1,システアミンの残留性

システアミンは残留性が高く、例えば数週間後にカラーをすると残留しているシステアミンを反応することもあるそうです。

 

 

 

 

2,チオが効く

こちらの髪質にはチオが効くケースがとても多かったです。phが高いチオの薬が多いですが、ph低め、還元値低めのもので施術すると綺麗に仕上がることが多かったです。

 

 

 

 

 

チオが効くとわかっていても使うのは怖いですよね??チオの薬と言えば強いイメージ

 

 

 

 

チオグリコール酸の縮毛矯正剤はph高め、還元値高めのものが多いです。

 

 

 

 

毛先に使う際は、はph低め、還元値低めがおすすめです。

 

 

 

 

そこでおすすめなのはしつこいですが

Pucaアシッドストレート

 

 

 

こちらの薬は

チオグリコール酸

チオグリコール酸グリセリル【GMT】

 

 

 

 

こちらの還元剤を使っております。

 

 

 

 

しかもphは酸性領域

 

 

 

 

ですので今までシステアミンの効果があまり期待できなかった

・固い

・乾燥

・うねり

・広がり

・多毛

 

 

 

 

こちらの髪質にアプローチができます。

 

 

 

 

そしてもちろん根元の新生毛くせ毛にもアプローチできます。

 

 

 

 

そしてなんと

根元から毛先まで塗り分け無しでワンタッチ塗布

放置タイムなどは同じ

軟化チェックもなし

 

 

 

 

ものすごく簡単なのです。

 

 

 

 

酸性の薬は難しい、伸びない、ハイダメージ部分のみしか使えないという今までの概念がなくなります。

 

 

 

 

縮毛矯正は最もリスクが高いが最も単価の高いメニュー。そしてもっとも日本人にニーズのあるメニューです。

 

 

 

 

日本人女性の7割はクセに悩んでいる。

 

 

 

 

この薬さえあれば失敗なく施術可能です。

pucaアシッドストレートは酸性の薬剤です。

 

 

 

 

酸性は伸びないんでしょ??

ハイダメージ毛専用なんでしょ??

 

 

 

 

と思っている方に是非見ていただきたいです。

 

 

 

 

いつも縮毛矯正剤の一番強い薬を使って伸ばしているお客様に試してみたパターンです。

 

 

 

 

まずこちらの女性

 

・多毛

・クセ強い

・太い毛

・エイジングなし

・広がりやすい

・毛先にダメージが出てきている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに一番強い薬使いますよね。。。

 

 

 

 

しかしダメージにも繋がりますし、中間部分が怖いなど色々問題が出てきます。

 

 

 

 

 

こちらがAfter  

    (カラーもしました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回気をつけた点は

 

・前処理、中間処理にアルギニン(シュガリー)を使った

・クセ部分にはよく揉み込んで浸透させる

 

 

 

 

この2つを気をつけることでしっかり伸ばすことができます。

 

 

 

クセもしっかり伸ばせて、ダメージ部分にアプローチができる。そんな薬は今までありませんでした。

 

 

 

クセは伸ばせるがダメージ部分には使えない

ダメージ部分には使えるがクセは伸びない

 

 

どちらかでしたよね??

 

 

 

 

そして中間部分も恐くなく施術できます。

 

 

 

 

やはり髪の手術という言葉が当てはまるのではないでしょうか??

 

 

 

 

クセで悩んでいる方は常に美容室を探しております。

 

 

 

 

縮毛矯正が苦手な方でも大丈夫です。

 

 

 

 

あまり難しい知識はいりません。

 

 

 

 

是非、使ってみていただきたいです。

 

 

 

 

youtubeにて動画も配信されております。



https://youtu.be/kzIfEJI14Ow



 

 

 

 

【pucaアシッドストレート】にて検索いただけたらと思います。




#pucaアシッドストレート

#プーカアシッドストレート

#美容師

#美髪

#縮毛矯正モデル

#縮毛矯正最強システム

#自然な縮毛矯正

#アシスタントでも出来る縮毛矯正

#pucaアシッドストレート取り扱いサロン









 

縮毛矯正

 

 

 

 

美容師さんの最も苦手な施術

 

 

 

 

最近多くなっている相談が

 

・前髪の毛先だけ傷んだ

・顔周りの毛先だけ傷んだ

・そんなに傷んだいないように見えたけど、毛先が傷んだ

 

 

 

 

こんな相談が多くなってきております。

 

 

 

 

すべて同じ方法で解決できます。

 

 

 

 

それはカウセリングです。

 

 

 

 

すべてカウセリング不足によるミスになります。

 

 

 

 

前髪毛先、顔周りだけ傷んでしまったケース

こちらのお客様はカラーはしていたものの、縮毛矯正やブリーチの履歴は有りませんでした。




しかし実は毎日毎日ヘアアイロンを使っておりました。特に前髪は丁寧に行っていたようです。




それを聞き出すことができなかったのが原因です。





前髪のみ熱変性を起こしていたケースはお客様に多いケースです。

 

 

 

 

 

そんなに傷んでいないように見えたケース





こちらはエイジング世代、若い世代、両方にあります。




カラー、パーマなどやっていないのでかなりしっかりしてると思いきや、




髪のエイジングが進んでおり薬剤に過度に反応してしまうケース。




強い薬をつけてしまい、最初に塗った部分の軟化が思いの外早く、焦って流してしまい部分部分でダメージの出方がまばらに仕上がってしまうケースです。





若い方に多いのがホームカラーなどをしていてダメージは有るが、美容室にいく間際でオイルを付けてアイロンで綺麗にするケースです。






なので見た目がきれいなので勘違いしてしまうケースです。やはりしっかり話を聞かなければなりません。

 

 

 

 

通常の縮毛矯正ですとこういったモデルケースでダメージ、失敗に繋がるケースが多いです。

 

 

 

 

こういったケースが続くともう縮毛矯正は怖くなってしまいますよね。

 

 

 

 

Pucaアシッドストレートなら常に酸性での施術ですので施術が恐く有りません。

 

1,薬剤選定がない

2,塗り分けなし

3,タイムも同じ

4,軟化チェックなし

 

 

 

 

 

こちらのエイジング毛のお客様

 

・エイジング

・多毛

・うねり

・くせ

・ダメージレベル5

 

薬剤選定が難しいですよね??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はダメージもそこまでなく、多毛の方ですので前処理に浸透促進剤のアルギニンを使用しております。

 

 

 

 

仕上がりはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは動画 もちろんアイロンは通しておりません

 

 

 

 

新規のお客様でどんな美容室に行っても綺麗にはならなかったお客様。

 

 

 

 

この仕上がりでしたらリピート確実ではないでしょうか??

 

 

 

 

何よりも簡単で、こわくない

 

 

 

 

それがPucaアシッドストレートです。

 

 

 

 

もし縮毛矯正が得意ではない方は是非ご検討ください。

 

 

Pucaアシッドストレート失敗例



こちらのケースは、初めて使う人には向いてません。










慣れて来たら完璧に伸ばせます。




100%完璧に成功するわけではありません。




失敗するケースももちろんございます。




初めて購入した人が失敗するケースは、いきなり凄く強い癖で、



いつもあまり伸びないような方を対象に施術してしまうとpuca acidストレートでもいきなりはハードルが高いです。







通常の縮毛矯正と同じように使って頂いた方が良さが実感できると思います。






まず最初にアルギニン等、


薬剤浸透剤等を使ってヘナやマニキュアをされてる方などは全体に塗布していただいてから施術を始めてください。







そして温度、180℃以上は必須でできれば200℃が望ましいです







この温度でやるため完全ドライでしっかりとブローをしておいてください。








そしてアイロンのスライスは通常の縮毛矯正と同じスライスでしっかりと当ててください。








考えられる失敗はこの程度のものだと思います。







後はもちろん伸びづらいところは、始めに塗布していただいたほうがよろしいと思います。




そんなことわかってますよね。



サロンさんから感動の声を多数頂いております。


是非ともお試しください。







SNSをやらない理由




ブログなどを書いているとよく言われるのが、よく書くことあるね?



と言われます。






確かに言われてみたらそうなのかもしれませんが、

慣れてしまうと普通の日記のような感覚で書いているのかもしれません。






習うより慣れろですね。





コロナ禍の中、自粛などで思ったような営業や売り上げが立たないサロンさんがたくさんあると思います。






この時間のあった時に、何をするか?何をしたか、が少しずつですが結果として出始めている感じがします。





YouTubeなどを作成したり、新たに自社サイトでものを売ることを始めたり、Instagramでスタイリングやセットの方法などを教えたり様々なことが行われてきたようです。






こんなに便利な世の中なのに、なかなかお客様の集客ができていない、新規客が増えないなど言っているサロンさんほどホットペッパー頼みだったり、






SNSを全くやっていなかったり非常にもったいないことだと思います。






若い世代がSNSをやるのは当たり前のことかもしれませんが、団塊ジュニア世代の方々でも、






一生懸命毎日SNSの活動を行っている方もいらっしゃいます。





確かにめんどくさいとは思いますが広告費用はかからないのですよ。






自分の時間を使うだけなんです。






どんなことだっていいんです。


始めなければ何も始まらないのです。




今は持続化給付金で何とかなってるとは思いますが、


年内に第二波が来た時、



これをしのげるかしのげないかは、自身の行動1つにかかっていると思います。







また自粛期間がもし始まってしまったとしても、SNSでお客様にいろいろなアドバイスやアプローチができるようになると思います。






社会のインフラを上手に利用していきましょう。




そしてこのコロナ禍を一緒に戦っていきましょう。



因みにサロンで予約サイトをお持ちの千葉市の方なら

このような補助も受けられます。







もし何かを始めたい時お困りであったら遠慮なくご相談ください。






当社でもInstagram FacebookブログYouTube何でもやっておりますので。笑



皆さんこんなサイトがあったのはご存知でしょうか??

 

 

 

 

 

 

僕もお客様に聞いて初めて知りました。

 

 

 

 

開店閉店.com

 

 

 

 

やはりコロナウイルスの影響で閉店している美容室はとても多いです。

 

 

 

 

やはり大きく影響を受けているのは他店舗展開している美容室です。

 

こんな感じで出てきます。

 

 

 

 

テナント店、路面店、個人店など色々でてきます

 

 

 

 

都心でも家賃100万、200万、300万の美容室の空き店舗が出ております。

 

 

 

 

4店舗が3店舗に、3店舗が2店舗に

 

 

 

 

そんなサロンが多いです。

 

 

様々な業種の情報が出ておりますので見てて参考になります。

 

 

 

 

緊急事態宣言が明けてからの一ヶ月間は美容室は大忙しでした。

 

 

 

 

コロナ自粛期間中に来れなかったお客様

6月の繁忙期による来店

 

 

 

 

この2つが重なり美容室は過去最高売上を出したところが多いようでした。

 

 

 

 

やはり繁忙期が過ぎると落ち込むのは毎回のことです。

 

 

 

 

7月売上は美容室全体が落ち込んでいるのではないでしょうか??

 

 

 

 

現在の東京の状況を考えると8月はもっと落ち込むのではないでしょうか??

 

 

 

 

7月中旬少し美容室は混み合った時期がありました。

 

 

 

 

理由は東京でコロナ感染者が200人を超えたときでした。

 

 

 

 

また美容室が休業になってしまうかもしれない。

 

 

 

 

そう思ったお客様からの予約が多く入ったそうです。

 

 

 

 

都心を車で走っていると元美容室であっただろうという物件がちらほらあります。

 

 

 

 

やはり3,4店舗やっている美容室はかなり厳しかったと思います。

 

 

 

 

店舗縮小したところが多い印象です。

 

 

 

 

もうコロナウイルスとは上手く付き合っていくしかないのかもしれません。

 

 

 

 

やはり美容室は消毒を他の業種と比べるとしっかり行っているイメージがあります。

 

 

 

 

これからは感染対策をしながら施術していくのが当たり前になっていくのかと思います。

 

 

 

 

手指消毒、器具消毒、飛沫対策、3密回避

 

 

 

 

ウイルスは見えないものですので実感は湧きづらいですが、やれることを徹底して行っていきましょう。

 

 

 

 

やはり予約数は減らしていくしかないのでもちろん客数は減っていきます。

 

 

 

 

その分、単価も下がっていくので価格を安くして集客している美容室形態は厳しくなっていきます。

 

 

 

 

やはりこれからは単価を上げていく形態にしなければいけないのかもしれません。

 

 

 

 

1日4人のお客様 単価15000円

稼働日25日

 

これで売上は150万円です。

 

 

 

 

これが理想の形ではないでしょうか??

 

 

 

 

カラーのお客様の1000円単価アップ

カットのお客様の店販比率向上

パーマのお客様の1000円単価アップ

縮毛矯正のお客様の4000円単価アップ

カットしかしないお客様の新たなメニュー提案

 

 

 

是非、ご協力させてください。

 

 

 

 

還元剤 システアミン

 

 

 

 

よく化粧品登録のパーマ液、縮毛矯正液に入っております。

 

 

 

 

何かと万能な還元剤です。

 

 

 

 

phを下げてもよく反応してくれる使いやすい還元剤です。

 

 

 

 

弊社でも紹介しておりますシームレスに使われております。

 

 

 

 

しかし最近シームレスがあまり効かなかったお客様がいるとの声も聞こえております。

 

 

 

 

よく聞いてみると効かなかった髪質の特徴が皆さん同じでした。

 

 

 

 

太い毛

硬い毛

乾燥毛

広がりやすい

捻転毛

 

 

この5つの特徴が一致しておりました。

 

 

 

 

僕のモデルさんでも同じ髪質の方、システアミンが効きにくい髪質の方がいます。

 

 

 

 

こちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シームレスでの仕上がり

 

ちなみに

左側がアイロン温度200度  ラディアント

右側がアイロン温度180度  アドスト

 

違いわかりますか??

 

 

 

 

 

 

若干クセも伸びて質感も良くなりますがホワホワも向上せず

 

 

 

 

 

皆さんこんな経験はありませんか??

 

 

 

 

 

 

 

太い毛

硬い毛

乾燥毛

広がりやすい

捻転毛

 

 

 

 

こちらの髪質の方けっこういらっしゃいますよね??

 

 

 

 

こんなときの改善方法は今の所2つあります!!

 

 

 

 

還元剤は酸性チオを使うこと

2液はブロム酸を使用すること

 

 

 

 

こちらで解消できます‼

 

 

 

 

還元剤は何故かシステアミンがあまり効果がないのですがチオでしっかり反応します。

 

ただしphが8以上あるチオの薬はダメージに繋がりますので注意してください。

 

なるべくなら酸性に近いほうが良いです。

 

 

 

 

 

 

そして2液をブロム酸にしてみること。

 

よく言われるのは

 

1液がアルカリ性の場合は2液は過酸化水素のほうが酸化率が高い

 

1液が酸性の場合は2液はブロム酸のほうが酸化率が高い

 

 

 

 

結果から言いますと

太い毛

硬い毛

乾燥毛

広がりやすい

捻転毛

 

 

 

 

こちらの難しい毛質の方には

Pucaアシッドストレート

が向いております。

 

image

 

 

ph約4.5 酸性チオ×GMT

2液はブロム酸

 

 

 

 

やはりカウセリング、毛髪診断はとても大事です。

 

 

 

 

新規のお客様へは特に慎重にやらなければいけません。

 

 

 

 

縮毛矯正は

最も単価の高いメニュー

 

しかし

最も上手くいかないメニュー

 

 

 

 

美容師さんは苦手にしているケースが多いですが是非ご相談ください。

 

 

美容師の皆様

 

根元と毛先のダメージ具合が全く異なるお客様に縮毛矯正は得意でしょうか??

 

 

 

 

美容師さんは絶対にやりたくないと思います。

 

 

1、薬の塗り分けが難しい、時間がシビア、薬剤選定が難しい

 

2、うまくいかない確率のほうが高い

 

3、失敗し、何度もお直しをする可能性が高い

 

 

 

 

例えばこちらのモデルさん

 

 

Pucaアシッドストレートなら

 

1,薬剤選定なし

2,薬の塗り分けなし(ワンタッチ)

3,放置時間一緒

 

 

どうでしょうか??

 

 

 

 

今まで難しかったお客様もとても施術が簡単になります。

 

 

 

 

ちなみに仕上がりはこちらです

 

 

常に酸性での施術のため仕上がりはピカイチです。あのダメージ部分の毛先もこの通り。

 

 

 

 

酸性の薬は伸びないと思いますよね!!

 

 

 

 

独自の技術によりしっかり伸ばすことが可能になりました。

 

 

 

 

ローダメージの根元のくせ毛をしっかり伸ばすことができ、毛先のダメージ毛にもアプローチができる。

 

 

 

 

1,根元から毛先まで一気に塗れる

2,薬剤選定は考えなくて良い

3,放置時間も考えなくて良い

 

 

 

 

デメリットがあるとしたら一つあります。

 

 

 

 

今までの縮毛矯正より施術時間が20分程かかります。

 

 

 

 

放置時間が増えるという形になりますのでその間に色々なことができますのでメリットとして思っていただけたらと思います。

 

 

 

 

20分長く放置できること。

 

カラーを一人塗れます。

パーマを一人巻けます。

 

 

 

 

 

日本人女性の7割はクセに悩んでいると言われます。

 

 

 

 

しかし美容師さんは縮毛矯正はお客様に提案しません。

 

 

 

 

苦手意識、失敗のリスクが大きいと思います。

 

 

 

 

しかしこの薬さえあれば縮毛矯正が苦手な方でもとても綺麗に仕上げられます。

 

 

 

 

難しい知識などはいりません。

 

 

 

 

縮毛矯正難民のお客様を他店から、他地域から集客しませんか??