ペーイチとパー子の リアルトーク (一部アフレコ) と 父母のつぶやき

ペーイチとパー子の リアルトーク (一部アフレコ) と 父母のつぶやき

2005年12月20日生まれの双子 ペーイチとパー子の日々をつづっています。

無謀にも、ランキングに参加してます。
ランキング

一日一回 ↑を ポチっと お願いいたします!


テーマ:

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編が正式発表。リンクとゼルダの冒険がふたたび始まる→

 
ROM家には、 ゲーム 「 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 」 があります。
 
ペーイチは もちろん、父も、パー子も やっております。
 
母は、まーったく 興味がありませんでした。
 
でも、Yahoo!で 上記の記事を見て、夕食の時の話題にしてみました。
 
すると、
 
ペーイチと 父が、ブレス オブ ザ ワイルドのゲーム&世界観を絶賛し始めた!
 
二人とも、語る!語る!
 
特に、ペーイチなんて、母に分かって欲しくって、丁寧に語る!語る!
 
それでも、母、ちんぷんかんぷん。
 
ペーイチ 「 もう!これは、実際見た方が早いわ!」
 
と、ブレス オブ ザ ワイルドを やり始めて、やりながら丁寧に解説をしてくれます。
 
まぁ、それでも、母、ちんぷんかんぷん。
 
やりたいゲームでないことは、確かなんですが・・・(笑)。
 
そのうち、馬をゲットするペーイチ。
 
ペーイチ 「 この馬、何て名前にしよう?」
 
母 「 馬に名前をつけるの?」
 
ペーイチ 「 そうだよ。」
 
父 「 ペーイチがつけた馬の名前、面白いよ。 例えばね、
 
 
あとですてる ( 後で捨てる ) とか
 

のちにかいこ ( 後に解雇 ) とか

 

ほけつよういん ( 補欠要員 )とか」

 

 

 

 

なんか、馬の名前、

 

 

可哀想ぉぉぉぉぉーーーーー!

 

 

ちゃんと、「 愛馬 」っていうのもいるけど、

 

その他の馬、

 

 

可哀想ぉぉぉぉぉーーーーー!

 

 

ペーイチ 「 でも、ほけつよういん(補欠要員)は、結構、役に立つで!」

 

 

じゃあ、もうちょっと 良い名前をつけてあげて!!!!

 

 
馬の名前→

テーマ:

ペーイチ 「 この前、五夜連続でやってたドラマ、なんやったっけ???

 

 

 

えーっと・・・・・、   そうそう!

 

 

 

 

白い巨峰!

 

 

 

 

 

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

美味しそうだな。いや、不味そうか?

 

 

 

あるあるよね。

 

でも、保育園 & 小学生 あるある だよね。

 

中学生になってまで、こんな可愛い言い間違いをしてくれるなんて、

 

ペーイチ君、素敵だわドキドキ

 

 

白い巨塔ね。財前教授ね。田宮ニ郎ね。

 

ペーイチ 「 かーちゃん、岡田准一 だったと思う。」

 


テーマ:

この頃、しばしば、ペーイチから聞く言葉。

 

ペーイチ 「 僕がお金を稼いだら、お母さんに 『 かに道楽 』 で カニをおごってあげるから、それまで長生きしてなー」

 

うんうん、ペーイチ、ありがとう。

 

ペーイチ 「 ビールも一緒に飲もうねー」

 

うんうん、ペーイチ、ありがとう。

 

ペーイチ 「 だから、ホンマに 長生きしてなー」

 

うんうん、了解、了解。

 

ペーイチ 「 長生き出来るかなー?心配。」

 

 

 

 

えーっと、母、死相かなんか、でてます???

 

 

 

 

この頃、やたらと、「 長生きしてなー」 と言われるのですが。。。

 

なんか、予言してます???


テーマ:

令和 初の記事となります。

 

パー子 「 どんだけ、サボってんねん!」

 

母 「 ・・・すみません。」

 

 

☆*・:。〇。:・*☆*・:。〇。:・*☆*・:。〇。:・*☆*・:。〇。:・*☆*・:。〇。:・*☆*・:。〇。:・*☆*・:。〇。:・*☆*・:。〇。:・*☆

 

 

先日、訳あって、ソファーを購入いたしました。

 

ペーイチ、パー子、初の我が家ソファーです。

 

二人とも、欲しかったんでしょうね。

 

晩ご飯の後は、いつも、仲良く、二人並んで、ゲームをしてます(笑)。

 

双子がいないときは、もっぱら母が昼寝に占領してます。

 

父 「 俺は???」

 

ソファーがつぶれそうだから、父は床でお願いします(笑)。

 

双子が仲良く並んで座っているのを見ると、幸せな気持ちになるんだよねー。


テーマ:

中学二年生になった双子ですが、

 

これは、中学一年生の時のパー子のお話。

 

1学期、2学期の懇談で、担任の先生に、

 

「 もう少し、授業中、積極的に発言してみたら。」 と 言われてたパー子。

 

母が聞いてみると、あまり手も挙げないそうで。。。

 

先生 「 パー子さんなら、間違うことはないだろうから、もう少し手を挙げて発言すると、もっといいと思うよ。」 と言われました。

 

そこで、3学期は 心を入れ替えたパー子ちゃん!

 

積極的に 手を挙げることにしたそうです。

 

手を挙げると、絶対に先生が当てるそうです。

 

そして、3回手を挙げて、3回当ててもらって・・・

 

のところで、

 

パー子 「 もう、十分やな!」 と思ったらしい!(笑)

 

何が十分かは、分かりませんが、彼女の中では、もう十分に手を挙げて当ててもらったことになっていたようです!(笑)

 

 

パー子に告ぐ。

 

中学二年生は、もっと積極的に いこうぜ!

 

 

 

 

 

パー子 「 むーりー」