Rock Fishing Diary

Rock Fishing Diary

北海道のアイナメをターゲットにロックフィッシングを楽しみながらトーナメントにも参戦してる二児のパパです。

2019/05/27 石倉漁港

仕事に向かう途中

車の窓から海をチェック笑

野生の勘と比較的水の色が良さげな

冬になると穴撃ちでよく釣れる

石倉漁港で30分勝負!

今回は石倉漁港をランガン!


ウィードと砂地が複合するエリア。今回は漁船の下にいるアイナメがターゲット。


ドライブホッグ2.5"でウィードにスタックして抜けた瞬間にバイトが集中してたのを確認。ショートバイトも多かったので「ここで逆転の発想」ウィードの上っ面をハイピッチャー5/8ozのミディアムスローリトリーブでトレースすると「ビッグバイト‼︎」強烈な突っ込みでキャッチしたのはアイナメ45UP!!


フラットにはウィードがあり手前にかけては比較的変化がない砂地。漁船に対して斜めにキャストして漁船の下をハイピッチャーでトレース。手前にくるにつれて必ずルアーは浮き上がろうとするのでロッドワークで上手くコントロールする。仮に手前にストラクチャーがある場合は、わざと障害物に当てて、バランスを崩させリアクションバイトで口を使わせることもある。ブレードの回転による波動とフラッシングで他のルアーに比べて魚を寄せる力が最も高いスピナーベイト。ウエイトの使い分けについてはシャローや岸際をリトリーブする場合は1/2oz。フラットでちょっと飛距離を伸ばしたい時やディープをスローリトリーブで探りたい場合は5/8oz。この2種類を使い分けてます。ハイピッチャーのカラーセレクトについては自分の場合、その日の水質にもよりますが基本はクリア、ステイン、マッディと濁りがきつくなるにつれてチャート系をよく使います。自分の中でこの水質だったらこのカラーと基準を決めて使い分けていくことも釣果につながります。最も多用するカラーはスパークアイスシャッド、テイスティシャッド、チャートバックアユ。カラーラインナップやウエイトも豊富で「寄せて喰わせて獲れる」コンパクトスピナーベイト。ぜひチェックしてみてください。




ロッド:スティーズ721HFB

リール:スティーズA TW 1016SHL

ルアー:ハイピッチャー5/8oz

カラー:サンセットレッド

ワーム:ドライブスティック3.5"SPEC2

カラー:ゴールデンシャイナー



今回のヒットエリア。

この日は気温も高く

潮止まりと

シェードがキーになったのかも⁉︎

6月はいよいよPOCも開幕

プラもしながら室蘭も行かないと

ロックアングラーの皆さん

室蘭でお会いした際は仲良くしてください笑