イギリスでホームステイしませんか。

イギリスの留学手配エージェント、ロビンエデュケーションのブログ


テーマ:

今日はエクスポルタイズのSeaford校を訪問してきました。

 

学校はウエストサセックスのPetworthという、とても可愛らしい村の近くにあります。この辺り一帯がサウスダウンズナショナルパークにすっぽり覆われていて、とにかく緑がいっぱい。学校の周辺も緑しか見えません。

 

 

自動で開く大きな門を入っていくと、あちこちでスポーツをしている子供達が目に入ってきます。

 

 

 

とにかく広い! 門から校舎まで歩くと10分以上かかりそう。車で良かった~。しかし、メインの校舎にたどり着いたものの、エクスポルタイズのオフィスを探すのに広すぎてウロウロしてしまいました。

 

 

やっとオフィスを探し当て、センター所長のイアンさんにお会いすることが出来ました。

 

こちらがイアンさん。9年もエクスポルタイズで働いているそうです。

”日本の何とかいう島に行ったことがあるよ~”と、広島県の宮島の写真を見せてくれました。

 

イアンさんの案内で、校内を見学させて頂きました。

 

オフィスの隣の医務室。皆スポーツをするので医務室は大事ですね。

 

 

エクスポルタイズのコースは3つ。

 

午前中(または午後)英語+午後(または午前)選択スポーツ 

選択スポーツ2つ(午前3時間+午後3時間)

選択スポーツ1つ(ゴルフまたはサッカーを1日中)

 

 

選択できるスポーツは、テニス、ゴルフ、アーセナルサッカー、ホッケー、バスケットボール、乗馬、ラグビーです。

あと、ダンスと音楽(歌か楽器)も選択可能。

 

こちらが正面玄関のあるメインビルディング。

 

音楽室のある建物

少人数でギターのレッスンが行われていました

英語レッスンが行われる教室

1クラス10名前後

レベル別に分かれます

最終日には終了証が手渡されます

 

 

中庭をはさんで男子寮

 

男子寮は3人部屋で、コモンルームとキッチンがついています。

 

メインビルにある女子寮は1~6人部屋。こちらもコモンルームとキッチンがついています。

 

窓からの眺めは最高

 

 

ダイニングルーム。好きなものを取って食べるブッフェ形式。アレルギー食なども対応可能。

 

 

イアンさんの車に乗って、スポーツを見学しに行きました。

 

ゴルフの練習場。ここで練習をしてから敷地内にあるコースに出ます。

学校内にゴルフコースが!

1日中ゴルフを選択した場合は、学校外にあるゴルフ場でプレーするそうです。

 

 

アーセナルサッカー

アーセナルからコーチが来て指導します。

今年弊社より参加されたS君に会えました!

日本人はS君1人。ヨーロッパ系やロシア人が多いそうです。

初日にレベル分けがあります。

参加者のレベルは高いそう。

この日は技術チェックのテスト日のようでした。

 

他にも色々なスポーツをやっていて、ホッケー

 

 

テニス。広すぎて豆粒くらいしにか見えない💦

 

 

イアンさんに、”どうして参加者は他のサマースクールではなくエクスポルタイズに来ると思いますか?”と尋ねたところ、

 

 

”英語プラスアルファを提供できるから。ここではスポーツはアクティビティの一貫ではなく本格的。コーチは皆その道のプロ。ホッケーのコーチはオリンピックコーチを務めたこともあるし、サッカーはアーセナルからコーチが来ている。テニスもゴルフもコーチの資格をもっている。音楽はロンドンのミュージシャンもいる” とのこと。

 

 

確かに、少なくとも設備は本格的だし、参加者のレベルも高そう。もちろんその時の参加者にもよるのだろうが、少なくとも選んだスポーツや音楽が大好きでないと、1日3時間毎日は出来ないだろう。

 

 

ロシア人の男の子で7年も毎年戻ってきている男の子がいた。

ここで夏を過ごすことが彼にとって習慣になっているのだろう。

なんだか幸せな子供時代が想像出来て微笑ましい。

 

 

”年齢制限を超えたらスタッフとして戻って来るんだよね”とイアンさんがその子に声をかけていた。

 

 

また一つ、お勧めのサマースクールが出来た嬉しさで帰途についたニコニコ

 

 

2018年、あなたもイギリスでサマースクールに参加してみませんか?

 

お問い合わせはこちらから!

 

 

 

 

 

 

 



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今夏はホームステイとサマースクールの両方を経験される生徒さんが2名いらっしゃいます。

 

 

今日はそのうちのT君をホームステイ先へお迎えに行き、サマースクールへ送迎してきました。

 

 

T君は先週ロンドンでの語学学校を終えギルフォードでのホームステイに移動、今日はロンドン郊外のサマースクールへ移動しさらに3週間を過ごします。

 

 

合計1か月ちょっとのイギリス滞在で、2校のサマースクールとホームステイという大変盛りだくさんな内容なのです。

 

 

T君はもともと楽観的でポジティブな性格のようで、どこへ行ってもそれなりに楽しめるタイプの男の子です。人懐こい笑顔も印象的。最初の語学学校とホームステイは助走期間だったそうですが、すごく楽しかったと言ってました。

 

 

さて、これからが本命。Bellのウエリントン校でビジネスコースを3週間受講します。

 

 

雨の中、いざBellへ出発・・・雨

 

 

といきたいところでしたが、ちょっと時間が早すぎたのでウインザー城へ寄ってから行くことにしました。

 

 

しかーし!!ウインザー城はものすごい人で、入場に長蛇の列。夏はいつもこうなので、事前にオンラインでチケットを買っておかないと入れませんあせる

 

 

で、あきらめて少しウロウロしてからカフェに座ってみていると、中国人のグループが大勢来ていました。本当に観光地はどこへ行っても中国人グループだらけあせる。ここは中国なの~??目

 

 

サマースクールも最近は中国人とロシア人に支配されがちで、ヨーロッパ人だとフランス人やイタリア人がグループで来ていてガッチリ固まっていたりするので、アジア対ヨーロッパという図式になったりして、色んな国のお友達を作るのはとても難しいんです。

 

 

 

願わくば、Bellのビジネスコースは国籍が偏ってませんように十字架

 

 

と思いつつ、いざウエリントン校へ。1年ぶりの訪問ですが、相変わらずの広さです。

 

 

(今日は雨だったので画像は去年のもの。晴天の日に訪問してたのね~(*^o^*))

 

 

ここでは一般英語コースとビジネスコースがあり、ビジネスコースでは自分でビジネスを考えたりプレゼンテーションしたり企業訪問したり、一般英語とは少し違った内容となっています。

 

 

このコースの参加者はわずか6名。しかも全員違う国籍のヨーロッパ人(ドイツ、オランダ、ブルガリア、ハンガリー、オーストリア)です。日本人はT君のみ。ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

 

 

年齢の近い男の子ばかり(女の子も1人)なので、3週間も一緒にいれば良いお友達になれるね。

 

 

今日は到着日なので、皆時間差で到着してきます。

 

 

T君とランチをしていると、さっそく1人到着してランチにジョインしました。とってもシャイで可愛い男の子ラブラブラブラブ

 

 

”いや~可愛いねえ~・・” と思わずT君に言ったら、”彼女が可愛いと言っている”とさっそく通訳しやがったパンチ! 。ええねん、そんな事言わんでも。

 

 

張り付いていたかったけど、私がいたら仲良くなれないと思い、渋々帰ることにした。トボトボ

 

 

あとは一人で頑張って頂戴。

 

まあ、T君なら大丈夫そうなので、3週間後に会って成果を聞くのが楽しみです。

 

 

 

 

2018年サマースクールのお問い合わせは、こちらから!

 

 



にほんブログ村

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!ロビンスタッフのソイエル尚子(しょうこ)です。

7月18日、Felstedサマースクールを訪問しました。

前回の訪問記はこちら

 

 

 

 

Stansted空港からは近いのですが、ロンドンから行くには少し遠く、Liverpool Street駅から電車で約1時間Braintree駅へ、そこからタクシーにて20分弱で到着しました。学校はとても広く素敵な雰囲気。

 

 

 

まず、オペレーションマネージャーのリディアさんに学校を案内してもらいました。彼女はまだ大学生で、このサマースクールでの仕事は昨年に続き2回目。

 

Festedに8年在籍した卒業生で、Felatedが大好きとのこと。双子の弟さんと妹さんも今年の卒業生だそうです。

 

エリザベス女王も学校に以前訪れたとのことで、卒業生であることを誇りに思っているようです。他のフレンドリーなイギリス人学生スタッフも、多くがFelstedの卒業生で、母校に戻り貢献して良くしていきたい、という思いを感じることができました。

 

 

他にも、サマースクール参加者と同年代のイギリス人ヘルパーも全体で24人おり、クラスに一人ずつ入り授業のサポートをしているようです。

 

多くのスタッフを紹介してもらいましたが、皆この学校とサマースクールが大好きといった様子でした!

 

その後、ディレクターのダニエルさんにお会いし色々とお話しを伺いました。

 

 

今年は、32カ国から376名がサマースクールに参加予定で去年よりも大盛況だそうです。アルゼンチン、コロンビア、中国、イタリアからが多いとのこと。

 

 

その他、日本も含めた数カ国から教師などの大人の研修も開催しているとのことで、大忙し。ダニエルさん、なんとこのサマースクール中は一日数時間の睡眠時間とのこと。

 

 

この仕事が自分の夢とのことで、睡眠不足も気にならないそう。ポジティブで、サマースクールにかける熱い思いを話してくれました。

 

その後、ジュニアの男女寮を案内してもらいました。上のダニエルさんの写真は女子寮の前で撮ったもの。

 

女子寮はこちらのように少し古い建物で1人部屋が多い。

 

 

 

男子寮は下の写真のように新しくて、六人部屋など大人数もあるようです。

 

 

洗濯は毎日されるとのことで、綺麗にたたんで並べてありました。語学学校のホームステイだと、週1での洗濯が普通のところもあるので、素晴らしいです!

 

 

授業を外から、また休憩時間の様子もみることができました。

 

 

 

 

その後は、現在滞在中の六人の学生さん達とランチ中にお話しました。

 

綺麗で広い食堂。ジュニアもシニアも合同で食べます。サラダバーなどもあり、ちゃんとお野菜もあり安心。私もいただきましたが美味しかったです。

 

 

 

少しホームシックの子もいるようですが、皆とても良く頑張っている様子。

 

中には日本に全く帰りたくない!という学生さんまでいました。

 

子ども達の予定は毎日盛りだくさん!アクティビティも充実しており、皆楽しいと話しており一安心。

 

訪問した当日は、夜にアイススケートや映画へお出かけするとのこと。

 

マジシャンやアフリカンダンスのプロなども学校に呼ばれて来るとのことで本格的。遠足もあり、テロがあった関係でロンドン観光、プラス別のオプションも去年より増やしているそうです。

 

 

自身の子ども時代を考え、その歳で一人、飛行機に乗り海外でやっていけるだろうか。。と考えると、皆本当に勇気がありたくましいなあと感心ばかり。素敵な経験を沢山積んで、多くを吸収して帰ってほしいなあと強く感じました。

 

 

最後にダニエルさんと写真をパチリ!素敵な学校訪問ができ良い一日でした☆

 

 

 

2018年サマースクールのお問合せはこちらから!

http://www.robin-guardian.com/

 

 

 



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も行く行く、ヒースローへスキップ

 

本日もサマースクールの参加者をお出迎えに空港へ行ってまいりました。

 

これから夏が終わるまで、毎週末空港通いが続きます。くるま。B

 

渋滞にはまりまくりながら、なんとかオンタイムに到着。

 

今日はターミナル5から始まりターミナル3へ移動し再びターミナル5へ戻ってくるという、5名様連続お迎え。ターミナル2にご到着の2名様はスタッフのソイエル尚子がお出迎えしました。

 

 

 

 

 

ターミナル5に到着されたのは、ロンドンの語学学校主催のサマースクールに行く16歳の男の子で、大きなギターを抱えてやってきました。イギリスから帰国したらすぐコンサートがあるので練習するのだとか。ご苦労様です・・・。

 

 

同便でもう一人日本人の女の子が到着しました。同じ学校へ行くようですが、弊社からの参加者ではありません。出迎え人もいないようです。

 

 

機内で知り合ったであろう女性が付き添って、学校スタッフに英語で聞いてあげていますが、本当にこのスタッフについていけば良いのか今一つわからないようです。

 

 

送迎者リストを見ても、ファーストネームはあっているのに苗字が間違っているのだとか。(スペル間違いとかよくありますが)

 

 

学校からの予約確認書をみせて、ようやく間違いないだろうという事になりました。

 

 

付き添いの女性が行ってしまい、ものすごく不安そうです。

 

 

なんだか見ていられず、”いくつ?”と聞くと、蚊の鳴くような声で ”14歳” と答えました。

 

 

14歳で一人で随分遠くまで来ちゃった・・・、心臓バクバクで到着ロビーに出てきたに違いない、たまたま知り合った人の協力で学校からの送迎者を探し当てたものの自分の名前は間違っている、予約確認書は?とよくわからないことを言われる・・・

 

 

 

もう帰りたい・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

 

 

と思ったのかどうかわかりませんが、しばらくしてポロポロ泣き出してしまいました。

 

 

 

あわてて、”大丈夫、大丈夫だよ。ほら、日本人いるでしょう?” と今到着したばかりの男の子を指さして慰めました。

 

 

 

”彼に何でも聞いてね” って言われても、彼だって到着したばかりなのに困るでしょうが、、彼女より年上だしなんか頼もしそうな男の子だったのでつい・・σ(^_^;)

 

 

送迎車へ向かう間、少しお話ししていると落ち着いてきたようで最後には笑顔も出ましたが、見送ってからも彼女のことが気になって・・・。

 

 

皆、本当に小さいのに一人で飛行機に乗ってこんな遠くまでやってくる。今日ターミナル2に到着したのは、なんと7歳の男の子。カートから少し頭が出るくらいの小ささ。

 

 

いきなり外国人に囲まれて、英語で質問されて、おまけに知らないおばさん(私💦)に色々話しかけられて、平気そうな顔をしているけれど、内心は緊張して不安でどうしようもないのかもしれないな。

 

 

せめて到着した時くらいは安心してもらえるように、笑顔で迎えてあげよう・・・

 

 

と改めて思った出来事でした。

 

 

みんな、頑張れー(-^□^-)

 

 

 

 

全員が到着後、ミニバスで学校へ向かいます。

 

最後に到着した参加者を見送って、本日のお仕事終了!

 

また明日も空港でーす(*^o^*)

 

 

 

 

 

 

来年のサマースクールのお問い合わせはこちらから!

http://www.robin-guardian.com/

 

 

 

 

 



にほんブログ村

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

まだまだ先と思っていたサマースクールですが、いよいよ始まりました。

 

 

いつもは空港でお出迎えするだけで送迎はしない私ですが、今日は午前中、Bede's Dicker校に行かれる生徒さんを送迎してきました。

 

 

 

今年はめずらしく夏らしい快晴が続いているイギリス。今日も暑いくらいの陽気です。晴れ

 

 

サセックスののどかな村にあるDicker校は、花壇や池のある美しい校舎が特徴。

 

 

到着後は事務所で登録をし貴重品を預けます。フレンドリーなスタッフが手際よく登録をしてくれました。

 

 

 

 

その後、広々とした食堂でランチをしました。今日のメニューはパスタとサラダ、果物。

 

 

 

 

 

少し学校内をウロウロした後は生徒さんとお別れし、私は空港へ車

 

 

 

弊社スタッフのソイエル尚子と共に、JAL便で到着する生徒さんをお迎えしました。

 

 

 

週末のせいか到着ロビーは混雑しており、色々な学校から出迎えのスタッフが来ていて、フェルステッドスタッフがどこにいるのか探すのに一苦労です。

 

 

 

到着通路の中央に張り付くように立っていたスタッフをやっと発見!

 

 

 

 

右がフェルステッド、左がSt Bede's、真ん中ソイエル尚子

 

 

 

 

到着した生徒さんと無事に会えました~(^O^)

 

 

皆で記念撮影をパチリニコニコ

 

 

 

明日も2名様到着予定ですので、空港へ行って来まーすラブラブ

 

 

 

 

 

 

2018年サマースクールのお問い合わせは、こちらのサイトからお願いします!

 

 

 

 



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)