崇神天皇の御事績とマツリゴトの特色・・・・・・。

 

いつの間にか街道歩きは終わって、とうとう「皇紀2600年の謎とその内訳と、それにまつわる

高天原の神たちの秘密」について講演に日々通わされている("^ω^)・・・…。

これを徹底して頭に入れ全国の神社を歩く・・・・歩く・・・・歩く!

来年5月1日には年号が変わる・・・・東御苑では新嘗祭が行われる・・・つまりはイコール大嘗祭であるが、その流れでなんだか大変なことになってきた!

神々を祀る政事も人々を納める政事も「マツリゴト」であるようだ。それを常に全力で務められるのが、「スメラミコト」というらしい。

記紀と古事記の解釈は違えど共通して言えることは、天の岩戸から天照大神を引きずり出したのは出雲阿国だった!どうやって・・・・歌い踊り、大騒ぎして気になった天照大神が岩戸を開いたのはご存知の通り・・・・・・。その傍らで踊ることなくじっと見ていた神々は恥ずかしくて高天原に帰って行ったんだって!

あああ~!芸人でよかった!

これからが大変だ!

頑張って覚えます!生かします!根づかせます!