京都三条大橋ゴール!!!

テーマ:

 

=木曾福島にて=

これは昭和の初期の頃から残っている『崖家(がけや)造り』といいます。(今も住んでいるところもかなりある・・・)

でも・・・間違いなく現在の国の建築基準からするとかなりのルール違反であることは間違うなさそうだけど("^ω^)・・・…。

これは床を張り出すことで、木曽谷のような狭い土地を有効に使おうとする先人達の暮らしの知恵なんだろう!

排水が出ているところが、すでに地下二階ぐらいだそうな。

近くには木曽川親水公園や日本初の水力発電ダム『読書(読み書き)ダム』もある。・・・・・・この小学校は読み書きが抜群に

いいらしい!?(ほんとーーー?)

木曽川のせせらぎとともに眺めている分にはいいけど・・・・住むのは・・・ちょっとね~~~!

 

 

そして、こちらは京都鴨川三条大橋の『川河床』設置の模様。

河原の床にはふた通りある。四条河原町~木屋町あたりの河原のすぐ上床を作るのが『川床』・・・・

そしてこの写真のように二階当たりの高いところに設置するのが『河原の床』・・・・。

つまり・・・・「床(ゆか)」と「床(とこ)」の違いである!

値段がめちゃ違うのである!

床(ゆか)はランチで1万円ぐらい・・・ディナーで3万円~その分、床(とこ)はリーズナブル・・・も少し!

京の奥座敷と河原見世物小屋ぐらいの差はあるようですね~!

 

木曾の床・・・・と、京の床の対比でした・・・・比べるな!って感じですが!

 

で・・・・ロバートはどっちに行ったかって?

 

 

 

もちろん! リーズナブルな女将・・・!じゃなくてリーズナブルなお店で選びました("^ω^)・・・…。

 

{京都五条先斗町あたり『仙鶴(せんかく)』の若女将、愛さんいいます!〕

 

これからもごひいきに~~願います~(^^♪