人生の方向がわかる~インド占星術


《鑑定料金》


★A.ベーシック鑑定(出生チャートとD9、その他性質等)
                 ・・10,000円(税別)

生年月日・出生時間がわかっている場合の料金です。
出生時間が不明な場合は、月から見るベーシック鑑定のみ可能です。



★B.2分割図鑑定
 (ベーシックと他2項目の詳細/仕事と結婚など組み合わせ自由)
                ・・・18,000円(税別)

  Aの他、詳細な分析をする分割図による鑑定がつきます。
  職業、結婚、恋愛等ご希望のカテゴリを2つお知らせください。



※ご相談内容と過去の出来事等のヒアリングをさせて頂きます。
※細かい分析作業が必要な為、結果をお届けするまでに1週間程お時間を頂きます。予めご了承ください。


webサイト
https://www.rize-partner.com/
  • 20Jul
    • 三浦春馬さんを想うの画像

      三浦春馬さんを想う

      7月18日。15時半に近かったと思う。その時やらなくてはならないことがあり、夢中で仕事をしていたが、スマホに通知が入ってきて目を向けた。三浦春馬さん死去。。一瞬、「えっ・・?」と、心臓がバクバクしてきたのを覚えている。三浦春馬って、三浦春馬???何?何?と。この時期だからコロナ?とも思った。急いで、とにかくテレビをつけた。しかし詳細はわからず。スマホで片っ端からニュースを読んだ。そこから仕事の手は止まり、ニュースを読み、チャートを解していく時間となった。本当にショックで悲しい。絶えずドラマや映画に出ていた印象があるし、あれだけの容姿はなかなか持てるものではない。芸能人の中でも一際美しい顔立ちの人だと思うし、年齢的にはかなり離れているが、ごくせんのあたりから好きな俳優さんでもあった。三浦春馬さん。出生時間が不明なため、正確なチャートは見れないのだが、すべてのアセンダントを検証してみて、山羊座ラグナで彼らしさが出ているようにも思った。仮に山羊座ラグナとして見ると、報道されているように、責任感のあるとても真面目でストイックというのは、非常によく現れている。ラグナに土星と火星とラーフが在住している。土星は定座で、火星は高揚。よく出ていれば、責任感もあり前向きに走り勢いに乗ることのできる人なのだと思う。ただラーフ/ケートゥ軸だけに、良さが過剰に出過ぎて、逆に本人を苦しめることになるのは納得もできる。責任感とそれを増長するように火星が働く。山羊座ラグナにとって火星は、機能的凶星になるので高揚の火星の働きで過剰になってしまったのかもしれない。ラグナで定座の土星、高揚の機能的凶星の火星。ラーフ。胸がザワザワして仕方ない配置がそこにあった。星単体の配置は良いものが多い印象のチャート。金星も出生チャートはラージャヨガで2室在住。そこに木星がアスペクト。容姿端麗は当然だ。分割図もほとんどが金星が高揚している。仕事を見るD10では3室で金星が高揚。俳優としての成功はここに約束されている。出生チャートの7室には定座の月。人気があるのも納得。ただケートゥがコンジャンクトしているので、人間関係あるいはパートナーに対しては、不安や恐怖心を隠し持っているようには思う。何かあった時に周囲の人たちに相談しようにも、本当に心をさらけ出すって、普通に考えてもあまりできないことだと思うけど、この配置だと余計にそうなってしまうのかもしれない。彼の金星は彼を最大限に活かし、芸能活動も輝くものになったのだと思う。彼を物語るのに金星は外せない星のように思う。。ただ、この金星が2室(マラカ)に在住しているのが、今、金星/ラーフ/金星期で、この作用が非常に悲しい結果をもたらしてしまったのだろうか・・。ダシャーロードで見ると、金星から見たラーフは12室、ラーフから見た金星は2室。。本当にせつない。人生の中で関わることが全くないであろう方に、これほど悲しくショックを受けるものかと、なんとも言えない喪失感に年甲斐もなく打ちひしがれる。どれほどの苦しみがあったのか。。ただただ安らかに。。と願う。本文 ★鑑定のご依頼はこちらから↓「ほしかがく」 https://www.rize-partner.com/

  • 09Jul
    • 病院通いが続く日々の画像

      病院通いが続く日々

      前回の更新が5月だったことに驚く。あっという間に2ヶ月近く経過していて、その間仕事、コロナ、プライベートでは自分の持病での通院等、なんとバタバタとしていたことか。。並行して、この間決算が終わったかと思っていたら、今度は今期の税金対策やらで、あちこち予定が入る日々。その他もうすぐ入る社員の準備で、頭がパンパンである。この状態で、家事と3匹のワンコのお世話と、毎日が怒涛のように過ぎている。鑑定がどうしても合間になってしまっているが、時間を見てやってますSa/Ju/Saになったのが去年の9月。そのころから年齢のせいもあるだろうけれど、やたらと病院通いが多く、病名にして4つ立て続け。MDとADが2室と7室と絡む。ついでの6室、8室も。さらにD3の健康を見るチャートも同様に、いやな配置。これは病気は必須だわ・・と納得はしているが、コロナの1波の時は、本気でここで人生が終わる可能性もふと頭をよぎった。かなり気を使って、徹底してステイホームしていた。PADが楽なダシャーにもうすぐなることで、現在は気が緩み中だがしかし、2、7、6、8室に絡むダシャーは本当に健康には気を付けないとならないと、身をもって経験している。あ、↑に12室も加えておこう。気を付けていないと命にかかわるダシャーとも言える。命を大事にする、健康に気を付ける時期であることも、星のプログラムが教えてくれている。水星期まであと少し。。ダシャーチッドラ踏ん張り時ですね。本文 ★鑑定のご依頼はこちらから↓「ほしかがく」 https://www.rize-partner.com/

  • 26May
    • 投資についての画像

      投資について

      最近、面白いなぁと思うことがあった。私は少ないながら投資をしているが、コロナの影響で株は散々だ。金だけはお利口に、順調に推移している。もっと買っておくべきだった・・と思う。これから伸びるであろう分野の投資はもちろんしているが、さてREITをどうしようかと思っているところ。今、REITも下がりに下がっていて、私としては「買い」だと思っている。以前から相談している友人FP曰く、ダメだと。普通に考えると、コロナ後テレワークが多くなることは予測されている中、不動産は伸びないと考えるのはごく普通。でも銀行の担当FPはGOと。答えがないことをしているのだから、それぞれの考え方があるのは当たり前だ。私は結局GOしている。後者の銀行FPとの方が考え方が近い。からだろう。彼女はアクティブな感じのアドバイスする。前者はその逆で慎重。インデックス運用とでもいうのかな。私のチャートはD1最強5室からラージャヨガの火星が8室にアスペクトしていて、チャンドラマンガラヨガとなっている。インデックス的運用はつまらなく感じてしまうのは、絶対そのせいだ。と思っている。そして少数派かもしれない、キャピタルよりインカムに満足をする傾向がある。REITが以前から好きなのは、それに尽きるだろう。粗削りなのに大きく狙わない、矛盾な気もする。結局つまらないのか?よくわからなくなってきたが、なんせ投資は面白い。今日の時点で結果はわからないが、自分のチャートにぴったりな投資の仕方なだけは確か。良し悪しは別として。★鑑定のご依頼はこちらから↓「ほしかがく」 https://www.rize-partner.com/

  • 19May
    • 心の使い方が間違っているの画像

      心の使い方が間違っている

      「心の使い方が間違っている」インド占星術を学んでいた時に出てきた、これは私にとって、ある意味衝撃的なセンテンスでした。8室の月。この配置があると、前世からの心の使い方が間違っているということなのですが、心を表す月が障害などの象意の8室に在住ということで、素直でないとか、うがった見方とか、まっすぐに捉えないようなことを指すわけです。それはある時には本当に障害にもなるだろうし、またある時には見方を変えることで得られることもあるでしょうし、あながち「間違っている」ではないように思います。しいて言うならば、間違いやすいから気を付けましょうねということなのでしょう。障害として出るのであれば、卑屈になって人間関係をこじらせたり等も考えられるので、そこはその人の課題点です。良い方向に出るのであれば、本質を捉えることができるし、人ってやっぱり持って生まれたものをどう活かすかは、その人次第。としかいいようがないですね。うまくいかないことがあるならば、自分の心の使い方を見直すことは、この配置でなくても誰にでも必要なことです。この配置があれば、自分の心を見つめる機会が多くなるかもしれないですね。物事がうまく流れていくには、持って生まれた星の影響も大きいものの、うまくいかない時にこそ見つめるべきは自分の心の中ですからね。自分が何をどう捉えているのか。自分を客観的に見ることは、問題の根底を知ることができる、中庸で生きていく術として最強だと思います。本文 ★鑑定のご依頼はこちらから↓「ほしかがく」 https://www.rize-partner.com/

  • 03May
    • 恋愛・結婚運にやや心配のある女性の画像

      恋愛・結婚運にやや心配のある女性

      いわゆる結婚適齢期の女性で、この人は結婚しない方が良いのではないかと思うチャートの持ち主がいる。結婚よりも他に焦点を向けた方が良いのではないかと思うようなチャートだ。持って生まれたチャートは運命。それを変えることはできない以上、人は誰しも一番欲しいものから困難を与えられるようになっているのだと納得せざるを得ない。金星は恋愛や結婚を意味する。彼女は今まさに金星期。長く付き合っている人がいる。お互いに近々結婚する前提でもある。それでも結婚に至らないのは、やはり意味がある。金星の強さがあれば、間違いなく結婚に至るであろう。が、しかし彼女の金星に強さは感じられない。8室在住なので、障害や悩みは尽きないのはそのせいだ。。8室の試練からは逃れることはできないのだ。結婚にたどり着く前に恋愛があり、その恋愛のハウスである5室にこれまた土星がいる。土星は遅延・忍耐などを表すので、ことごとくこれにやられているのだろう。現在、マハーダシャーが金星期で、おおむね恋愛期であるのは頷けるし、差し引いて検証すると、金星がヴィーパリータラージャヨガなので、最後は結婚に至るとは思われるが・・。ナヴァムシャでも6室に金星が在住していて、ここに2つのヴィーパリータラージャヨガがある。苦労や困難なくして結婚には結びつかず。ただこの試練を超えて結婚する方が、何もなく一緒になるよりは良いのは間違いない気がする。ただ、結婚はどうなのかっていうと、これがまたあまり良くない。適齢期なのに結婚できない、付き合っている相手がいるのに結婚に結びつかない。その場合、チャートにそれを示す配置があるとが考えられる。恋愛や結婚は適齢期の女性にとっては、大きな関心でもあるだろう。ただ、このようなチャートの場合、それだけではなく他に目標となるようなものがあった方が、気持ちのバランスが取れるのではないかと思う。恋愛体質だからこそ恋愛に問題を抱えるのは当然なのだが、本当は恋愛や結婚、相手に対する執着を取り払った方が良い。頭でわかっていても、試練を経験することでしか乗り越えられないようになっているのだろう。本文 ★鑑定のご依頼はこちらから↓「ほしかがく」 https://www.rize-partner.com/

  • 20Apr
    • 自分以外の何者にもなれないの画像

      自分以外の何者にもなれない

      人はムリをしなくてもうまくいくようにできている。↑ これは基本的なこと。うまくいかない時はうまくいかなくていい理由がある。そのタイミングではないのかもしれないし、うまくいかない方がいい場合もあるだろうし、別の道に進んだ方がいい場合もあると思う。人気アイドルになりたくて、努力してもなれない人はなれない。なる人は自然な道筋でなる。私も若い頃はうまくいかないことがあればもがいたし、色々模索していた。それが普通だと思うし、それも経験や人生の経緯の中で必要なことだから良しだけれども。占星術のチャートを見ていると、自分以外の何者かになろうとしても、自分以外にはなれない(ならない)。それがよくわかる。なりたいものがあるならば、その星回りを持っていない限りそうはならないのだ。職業でも、出来事でも然り。頑張れば報われるか・・報われる人もいるし、そうでない人もいる。人は自然にたどり着くところ、案外スムーズにたどり着いているところに意味があって、それを受け入れるか否かだけの違いのように思う。仕事などは特にそうだと思う。自然にたどり着いたところで収入に結びつく。その収入の度合いは様々であっても、きっと星のとおりに導かれるだろう。★鑑定のご依頼はこちらから↓「ほしかがく」 https://www.rize-partner.com/

  • 05Apr
    • 私は結婚できますか?

      鑑定で多い質問に「私は結婚できますか?」があります。インド占星術で結婚や配偶者を見る場合、7室や7室支配星の状態で見ます。・7室に在住惑星の有無・7室の状態・7室支配星が何室にあり、どんな状態なのか。・金星の状態これは基本です。さらにD9や金星ラグナからも併せて見ることも大事です。ただ、7室の良し悪しだけで、「結婚する、しないは判断できません」。良くない状態でも結婚している人は沢山います。大変な状況の結婚を通して学ぶものもあるでしょうし、ハウスの良し悪し、支配星の良し悪しで結婚できないと一喜一憂するのはナンセンスです。それより先に私がまず見るのは、「クジャドーシャ」です。結婚において良いとはいえないヨガです。火星が1、2、4、7、8、12室に在住する時に成立しますが、ほとんどの人が当てはまってしまいます。(それほど結婚というのは簡単ではないということですね)そして、月や金星から見てもクジャドーシャがあるとよりその意味合いが強くなってきます。が、その見方をするとほとんどの人の結婚は艱難辛苦となってしまい、漠然としてしまうのではないかと思うので、私としては「7室の火星」を特別視しています。・・あ、ちょっと大変な結婚になるなと、最初の着目点になります。占星術で見るのは、結婚できるかできないかよりも、結婚したらどんな生活になるか、どんな配偶者かですね。7室やその支配星の状態が良いと、幸せな結婚になると思うのですが、それが自分の思い描く相手なのかどうかはまた別なので、岐路に立たされた時に道標になると思います。追記クジャドーシャはキャンセルの要件もいくつかあるので、恐れすぎることはないです☆一番簡単なキャンセルは、30才過ぎて結婚すること、クジャドーシャ同士で結婚することですね^^

  • 11Mar
    • 日本の新型コロナウィルスについて考察

      今年に入り間もなく、中国で新型コロナウイルスの感染拡大が報じられ、瞬く間に世界中に感染が広がってしまった。日本のチャートから、この事象を検証。そもそも日本のラグナにケートゥと火星がトランジット中。これだけでも伝染病の類は想像ができる。ヴィムショタリダシャーはそろそろ水星/土星期。いわゆるダシャーチッドラの最中で、次のケートゥ期への移行に伴う、変化への揺れ動きは当然だ。日本での感染の始まりは水星/木星/ラーフ期。ケートゥ期(内省)に入る前の欲に翻弄される時期ともいえるだろうし、転換期前の最後のあがきなのだろうか。ラーフは3室在住で、配置そのものは悪いわけではないが、3室は不安の象意があることから、このラーフ/ケートゥ軸の影響で感染症も引き起こされているだろうし、不安も煽られていると読み取れる。さらにそろそろやってくる水星/土星期は慢性病発生、罰を受ける等の象意がある。事態は終息というよりも、これからではないかとすら思えるダシャーだ。コロナは慢性病ではないが、どうも「罰を受ける」という部分がとても気になるところ。この状態でオリンピック開催は懸念されるが、IOCは実施の意向だろうし、その裏に見え隠れする人間の欲「利権」が「罰=コロナ」を生み出す根源なのではないかと思える。個人的な想像の域ではあるが、マラソンを北海道に持っていったのもIOCの力が大きいとするならば、その北海道に被害が大きくなってしまったのも・・・である。他にもコロナは人的災害とのニュースも見かけるので、もし本当に研究開発のために創り出されたウィルスが動物を介して発生したのであれば、まさにこの人間の欲からくる結果とも思えて仕方ない。と、根源の想像はいくらでもできるので話半分にしても、チャートでも日本が大変な状況であることは現れている。ただ、水星/土星期は集大成でもある。頑張った結果は出るのである。人々が何に気づき、どう軌道修正するか。誰かの欲ではなく、世界の人々のために何が良いか。基本に立ち返ることができると良いのではないだろうか。******************************************【鑑定はこちら】インド占星術ベーシック鑑定インド占星術分割図鑑定【メルマガ】幸せを感じられない・ネガティブな人 孤独を感じる人へ ~「ネガティブでも大丈夫☆」

  • 08Mar
    • ケートゥ期

      これから来るケートゥ期が不安・・とおっしゃった方がいましたので、検証しました。「ケートゥ期」というと、引きこもりがち、孤独で内省的な時期のように思いがちですが、どんなダシャー期になるかは、人それぞれの惑星の配置やハウスの絡みがあるので、よく検証する必要があります。ケートゥ期は7年間続きます。この方のケートゥは3室在住。傷ついている等の弱い配置ではありません。ケートゥではありますが困難な時期ではなく、逆に3室在住なので、ケートゥの配置としては良いし、自分の内面を見つめながら歩む時期、ケートゥゆえの期間となるとます。違う表現をすれば、自我が出過ぎると痛い目に合うし、自分に関わる身近な人とのバランスが課題のような時期だろう。その中で自分を知っていくことになるかと。D9でも3室在住。傷ついてはいないので、葛藤しながらも努力をしつつ、最終的には自分に気づいていくことはできる気がします。牡牛座にケートゥ(減衰)なので、自我を制するには一層努力が必要となりそうですね。D10では10室在住。アートマカラカ(魂)の木星とケートゥがコンジャンクト。必然的にグルチャンダラヨガができるので、自我の暴走等が出つつ、自分をコントロールすることも経験値として出てくるでしょう。アートマカラカとケートゥ。自分に向き合うには申し分ない組み合わせのように思うし、転職を考えておられるとのことなので、ケートゥ期で「事が起こり自分を見つめ直す」、その「結果として得られるもの」は仕事を通じてなのかと思います。仕事だからこそ、自我を抑えなければならないことも多々あるし、そこから何を学ぶか。そんなケートゥ期になることが予測されますね。欲を手放した先にあるもの。結果的に得るものは、欲への近道なのだと思います。パラドックスですね☆

  • 16Feb
    • 親子の人生

      チャートを見ていて、親子のカルマは似るなぁと感じます。強い惑星やハウスの特徴、逆に親の短所も引き継いで子供は生まれてくるものです。とても奥深いですね。何かを創ることをしてきた親には、創作を趣味や得意としている子供がいるものです。医療に従事している親には、医療系の進む子供がいるものです。お金にだらしない親なら、子供も受け継いでいるケースが見られたりします。仕事の方向性や結婚などのカルマ、性格の欠点他。親子だから何らかを受け継ぐのは当然と言えば当然だけれど、似てほしいところと似てほしくないところ、親の世代でカルマを解消していれば次の世代がひどいことにはならないように思うので、今を生きている各々が不要な負のカルマは積まないようにしたいですね。親を見て、あまり好かない部分て自分も持ち合わせているものです。表立って見せないけれど、どこかに持ち合わせていて、掘り下げていくと、親を見て「拒絶反応しているそれ」は「自分自身の拒絶したい部分」ということですね。自分に必要なことはちゃんと与えられていて、星にも表れ、現実でも言動になってきます。自分の言動と星回りをじっくり吟味すると、自分の強みや弱み・方向性は自ずと見えてきます。人生に台本などはないですが、おぼろげながら点線は描かれていて、日々点を線で繋いでいく作業をしているようなものですね。点が線で繋がれた時、人は妙に納得すると思うのですが、その点に逆らうことは結果的にはないのだろうなと痛感しています。自分の人生は親から与えられるけれど、人生を創っていくのは自分自身で、親の強みは自分の強み。親の弱みは自分の弱みでもあり、反面教師にすることで得るものは気づくかどうかだけですでに与えられている。自分に必要なものはすべて用意されているとしかいいようがありません。。******************************************【鑑定はこちら】インド占星術ベーシック鑑定インド占星術分割図鑑定【メルマガ】幸せを感じられない・ネガティブな人 孤独を感じる人へ ~「ネガティブでも大丈夫☆」