ベルリンに着き、早速オペラを3つ見ました。

スカルラッティ Il primo omicidio @ Staatsoper Berlin

指揮はRené Jacobs

演出 Romeo Castellucci

 

翌日は

ヘンツェのThe Bassarids @ Komische Oper Berlin

指揮は Vladimir Jurowski

音楽、演奏 歌とも素晴らしかったです。 

演出 Barrie Kosky

 

3つ目は

Chaya Czernowin の Heart Chamber の初演@Deutshe Oper Berlin

指揮 Johannes Kalitzke

演出 Claus Guth

全体の印象としてマイルドな響き、お芝居の要素に重点が置かれる印象でした。
ステージに出てきたChaya Czernowin氏は、映画アメリ-を思わせるチャーミングな雰囲気の女性。

 

そして12月8日の渋谷でのセミナーの構想を練りモーツァルトとヨハン・クリスティアン・バッハとの出会いに思いを馳せ

どうしたらこの歴史的にも素晴らしい影響というものをセミナーで伝えられるか考えています。

 

セミナーの詳細はこちら

Lerni

まだ若干名お申し込みできるそうです。

 

写真はベルリンの今年の秋の様子です。