『大富豪同心』

卯之助(中村隼人)とお出かけ中に、菊野(稲森いずみ)と出会ってしまった美鈴。

卯之助と親しげな様子の菊野に嫉妬心がメラメラと。

菊野もまた、美鈴の気持ちに気が付いた様子で、牽制を。

新たな三角関係が勃発しそうです。

 

今回は、吉原での女郎殺しが、吉原の火付けにつながってくる話でした。

コワモテの沢田様(小沢仁志)が、実は吉原にいいお相手がいたり、

卯之助が三国屋の若旦那だとバレないように、由利之丞(柳下大)を偽物に仕立てたりと、

面白い見どころも多かったです。

ですが、殺された女郎に会いに来ていた派手な身なりの目付きの悪い男が怪しいとにらみ、

捜査をして、今夜吉原に来ると分かる、というシーンが丸ごとカットされていたせいで、

よく分からない展開になってました。

せっかく面白いのに、もったいなかったです。

 

第三者に対しても、いちいち「南の猟犬、村田だ」と名乗る村田さん(池内博之)と、

必ず入る犬の鳴き声効果音「ワオーン」が、面白いです。

 

あと、卯之さんの鼻がめちゃくちゃ良すぎ。

むしろこちらのほうが、犬っぽいのではとか、思っちゃいました。

 

 

先日、京都の二条城で謎解きをしてきました。

https://game.nazotown.jp/nijojo/

入城料+500円で、謎付きカードがもらえて、

二条城見学のついでに謎解きができるというものです。

謎を解くと、二条城のオリジナルガイドムービーが見れます(むしろこっちがメイン?)

ムービーはあとからでも見れるので、スマホのバッテリーや時間が気になる方は、

その場で見なくても大丈夫です。

 

謎は全部で8問。難易度は低めで、さくっと解けました。

二条城は大政奉還で有名ですが、他にも見どころたくさんあるので、おすすめです。

12月8日まで開催されている「二条城まつり2019」のイベントの一つで、

夜にはプロジェクションマッピングもやってますよ。

 

 

もう一つ、京都を舞台にした、歴史関連の謎解きを紹介。

「月間歴史人」×「リアル謎解きゲーム」×「とっておきの京都プロジェクト」と題して、

『歴史人11月号増刊 歴史人×京都まち歩き謎解き』という本が発売されています。

こちらは本を買うと、京都の町でスマートフォンを使ってできる4本分の謎解きが入っているというものです。

https://www.kyokanko.or.jp/news/20191011/

 

開催期間は2020年4月11日まで。

頑張ったら4本まとめて1日で回れそうな感じです。

まだこちらは参加していないので、また実際にやってみたらお知らせしますね。

 

 

二条城と同日に、東映太秦映画村にも行ってきました。

近年映画村では、コスプレイベントに力を入れているようで、

『太秦上洛まつり』というイベントが行われていました。

http://www.joraku-matsuri.com/

 

目当てはコスプレではなく、この上洛まつりで行われていた、『サムライスピリッツ』

(江戸時代を舞台にした剣劇アクション格闘ゲーム)のeスポーツ大会を

見るためだったのですが、

サムライスピリッツの世界観と、江戸のロケーションがはまりすぎていて、楽しかったです。

そして街中にあふれるコスプレイヤー(普通の服の方が目立つぐらい)が圧巻でした。

東映太秦映画村は、本当にすてきな施設なので、にぎわってくれてうれしいです。

今週も『大富豪同心』が特番でお休みでしたので、感想はお休みです。

最近、隔週放送みたいになってますよね…。

 

本日11月11日は、ポッキー・プリッツの日だとか…。

ですが、『侍研究所』では、11月を『士(さむらい)月間』、11月11日を『いい士の日』としてます。

(私が勝手に決めました)

なので、感想も他に特にやることもないのですが、日記を書きました。

 

 

22日(金)から、映画『決算!忠臣蔵』の公開が始まります。

ご存じ忠臣蔵を、討ち入りにはとってもお金がかかる、という視点から描いた作品。

『殿、利息でござる!』や『忍びの国』の中村義洋監督なので、期待は裏切らないはず。

私の大好きな小松利昌さんも出ています。

 

予告編や、豪華キャスト、数々のキャンペーンなど情報盛りだくさんな公式サイトは↓

https://chushingura-movie.jp/

 

 

先日、和歌山城へ行ってきました。

和歌山城は初めてだったのですが、無料で見れるゾーンが広くて、

市民に愛されている感が強くて、良い城でした。

 

主目的はこちらの謎解き↓

https://nazoxnazo.com/wakayama_castle2/

 

AR、VR(バーチャルリアリティ)を使った謎解きなので、スマホかタブレット必須なんですが、

謎解き自体は問題少なめで、さくっと楽しめました。

お城の入場料(410円)だけでできるので、

和歌山城にいつか行こうと思ってた方はぜひこの機会に。

来年3月までです。

 

本当は寒くなる前に福知山城へ先に行こうと思っていたのですが、

来年1月に、明智光秀(大河ドラマ)関連の施設ができると知って、

どうせならそれからにしようと、行先変更しました。

 

明智光秀関係の謎解きイベントが、関西で3か所同時開催中です。

福知山城 https://nazoxnazo.com/fukuchiyama_castle01/

丹波亀山城 https://nazoxnazo.com/kameyama_castle02/

高槻城 https://nazoxnazo.com/takatsuki_castle02/

 

来年の大河ドラマが楽しみです。

先週も「大富豪同心」の放送がお休みだったので、一週休んでの更新です。

最近、お休み多いですね。

 

『大富豪同心』

天狗による神隠しの話でした。

卯之吉(中村隼人)の心にぽっかり空いた穴の伏線につながる回なのですが、

事件としては、もうちょっといい解決案がなかったのかなと思う話でした。

 

殺されそうになって、もみあった末に殺してしまった、なので、

情状酌量の余地はあると思うし、

盗みの方は…、まあ何か大岡裁き的な感じで…。

 

卯之助が、剣豪でもなんでもないことに美鈴さんが気づきました。

でも、私がお守りせねばと、言ってくださって。

用心棒は不在のことのほうが多いので、これで安心できますね。

 

 

BSで始まりました『赤ひげ2』も観ました。

保本(中村蒼)が結婚したので、通いになっていたり、

新人くんがやってきたり、

かつての保本のように、赤ひげ(船越英一郎)を偽善者だと疑う患者が来たり、

面白いです。

 

 

前回の日記で紹介しました、『BLACK FOX AGE OF THE NINJA』も観ました。

主演の山本千尋さんは、元太極拳の世界ジュニアチャンピオンで、

前々から殺陣がすばらしいと思っていた女優さん。

彼女が主役の、狐と呼ばれる忍者集団の長の孫娘。

彼女のアクションが、文句なしなのはもちろんのこと、

敵の方々もみんな上手で、忍者作品として、ものすごく楽しめました。

 

出演者は有名な方は出ていないのですが、みんな演技もよく、

チープな感じは皆無。

でも、忍者作品らしいとんでも感はしっかりあって、本当に面白かったです。

 

ストーリーのスケールは小さめなので、

『逃亡者おりん』みたいに、初回2時間スペシャルの、半年クールの連ドラで、

見たい作品でした。

 

有料配信(400円)ですが、映画並みの面白さがあるので、見て損はないです。

とりあえず、予告編だけでもどうぞ。(↓の公式サイトから見れます)

https://www.jidaigeki.com/BLACKFOX_Ninja/

先週は台風で放送がなかったので、一週開いての更新です。

 

『大富豪同心』

BS放送時から、今回の地上波放送で、時間が少なく(カット)されているのですが、

それがすごく分かる、残念な本編でした。

なんで御前試合で、加治川道場が怪しいと思われてたかが、分からないですよね。

 

御前試合のシーンの前に、

御前試合をして勝った方に藩の剣術指南役を変えるという話が出てて、

それで、相手役の加治川道場の人たちが怪しいのではないかというシーンがあったのです。

 

それにしても、溝口左門(山口馬木也)かっこよかったです。

殺陣、うまいです。

 

卯之吉(中村隼人)に惚れて、

お礼をしたいと押しかけてきてしまった鬼姫こと美鈴さん(新川優愛)。

美鈴とは以前から気軽に言葉を交わす仲だったのに、

いつもと違う女の姿を見てドギマギしてしまった源之丞(石黒英雄)。

卯之吉のつぶやいた一言で、一瞬にして恋の矢印が飛び交うのが見えたような、

ラストシーンでした。

『大富豪同心』

地上波で始まりました。

 

主人公がぽよよ~んとした御曹司(中村隼人)だけど、嫌味がなくて好感が持てるし、

周りも良い感じで、BS放送時、とても楽しませてもらった作品です。

あと、エンディングが楽しそうで、良いです。

 

ツッコミどころとしては、斬りあいになって対峙中に立ったまま気絶した卯之助に、

掛かっていこうとした相手が、勝手に自分が斬られる妄想をしてしまい、

一方的に負けを認めてしまうとこ。

磐音さんの居眠り剣法でもあるまいに、相手が対戦中にあまりに無防備だと、

ある程度、腕に覚えがある人(ココ重要)だと、逆に怖くなるんですかね。

 

次回は、女剣士・美鈴さん(新川優愛)登場ですよ。

 

 

BSで放送された『令和元年版 怪談牡丹灯籠』も観ました。

1時間20分があっという間でした。

 

牡丹灯籠は、お芝居で一度、本(落語を書き起こしたもの)で一度読んだだけなので、

実は映像作品を見るのは初めてなのですが、分かりやすくていいですね。

みんなはまり役です。

登場人物多いから、顔でも判別できるのはありがたい。

そして筋を知っていても面白いです。

 

 

9月20日から公開の始まった映画『3人の信長』ですが、

10月1日に観に行こうとしたところ、早朝の1回しかなく、

その時間を見間違えたらしく、行った時にはもう始まってて観れなかったという…。

せっかく早起きして遠くの映画館まで行ったのに…。

しかも3日で公開終了だったので、観れませんでした。

もう少し長く上映してくれてもいいのに…。

面白そうだったので、どこかで観るようにしたいです。

 

 

『BLACK FOX AGE OF THE NINJA』という忍者アクション時代劇作品が、

10月5日から公開されています。

こちらは有料のダウンロード配信です。

まだ観ていないのですが、評判を見るとかなり良い感じらしく。

 

詳しい情報は公式サイトでどうぞ↓

https://www.jidaigeki.com/BLACKFOX_Ninja/

 

同じタイトルのアニメ作品(こちらは近未来が舞台)も、同じく5日から、

映画館で公開されているようです。

こちらの公式サイトはこちら→http://project-blackfox.jp/

『小吉の女房』

最終回でした。

 

奢侈禁止令が出て、

小吉(古田新太)と懇意の古道具屋が、岡っ引きたちから嫌がらせを受け、

小吉が意趣返しをするという。

そこまではよかったのですが、最終的に兄上(升敬)からこっぴどく怒られ、

小吉が隠居して、麟太郎(鈴木福)に家督を譲ることで決着。

盛りだくさんな内容でした。

 

お信(沢口靖子)が、とても小吉のことを好いていることが分かる、

いいラストでした。

この夫婦、すごくいいです。うらやましいぐらい。

 

しかし座敷牢といい、庭の檻といい、現代だったら作る時点で通報されそうですが、

江戸時代って、すごいですよね。

 

 

そろそろ新番組の季節も近づいてきましたので、調べたものを上げておきます。

今回はそこそこ見つかったので、地上波、BS分けて。

やっぱり秋から冬は、時代劇の季節ですね。NHKばかりですが。

 

連続時代劇

10月5日~

『大富豪同心』

土曜夜6時5分から NHK総合  主演 中村隼人

公式サイト→https://www4.nhk.or.jp/P5543/

BSで放送されていた作品の地上波放送です。

 

2020年1月~

『麒麟がくる』

NHK総合  主演 長谷川博己

 

2021年

『青天を衝け』

NHK総合  主演 吉沢亮

 

単発時代劇

12月14日、21日

『みをつくし料理帖スペシャル』
夜9時から NHK総合  主演 黒木華
情報元 https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/371483.html

 

2020年正月

『そろばん侍 風の市兵衛SP』

NHK  主演 向井理

 

続いて、BS。

 

連続時代劇

10月6日~

『令和元年版 怪談牡丹灯籠』

日曜夜10時から BSプレミアム  主演 尾野真千子

情報元 https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/368153.html

 

11月1日~

『赤ひげ2』

金曜夜8時から BSプレミアム  主演 船越英一郎

情報元 https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/7000/317343.html


 

単発時代劇

2020年1月3日

『立花登青春手控えスペシャル』

夜7時30分から BSプレミアム  主演 溝端淳平

情報元 https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/7000/370432.html 

 

1月以降

『山本周五郎ドラマ さぶ』

BSプレミアム  主演 杉野遥亮 森永悠希

情報元 https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/370364.html

『小吉の女房』

小吉(古田新太)がいない間に、お信が女郎と仲良くなる話でした。

 

この話、BS放送時にも書いた気がするのですが、

お信と碩翁(里見浩太朗)にとってはトラウマにもなりかねないラストですよね。

でも二人は全然悪くなくて、悪いのは石川(高橋和也)とその取り巻き二人…

ほんとに、石川は嫌な奴です。

 

次回は最終回です。

 

 

BSで放送のありました『無用庵隠居修業3』も見ました。

今回も面白かったです。

ストーリー、毎回面白いのですが、全体的に配役が…

「若い」「美人」と言われても、全然若くないし。

 

そんな中、養子の新太郎(田中偉登)とおふみ(松風理咲)のやりとりには、

ほっこりしました。

 

 

映画『3人の信長』の公開が、9月20日から始まります。

地味だけど、面白い映画な予感がします。

公式サイトはこちら→https://3nin-nobunaga.jp/

『小吉の女房』

内容盛りだくさんな回でした。

 

冒頭、突如、小吉(古田新太)・お信(沢口靖子)夫婦に長女誕生。

やっぱり若い夫婦の設定だったんですね。

 

続いて、小吉が無宿人の若者二人を助けて、家へ連れて帰る。

ところがこの二人、実は今、世間を騒がしているねずみ小僧の偽物…。

しかも岡っ引きに目を付けられている。

これがメインの話ですが、それが分かって、お信が想像した、

「自分がねずみ小僧だったら…」の映像がなかなかかわいかったです。

小吉のねずみ小僧も一緒に見たかったなぁ。

 

そしてその裏では、幕閣内での争いが…。

将来、江戸で嫌われ者の南町奉行となる鳥居耀三(橋爪淳)も登場。

橋爪淳さん、昔はかわいい顔していて大好きだったんですが、

今回は悪役で、ちょっと残念です。

 

 

BSで放送している『螢草 菜々の剣』も見ています。

最終回でした。

 

前回が、どん底で終わったのに、次回最終回と聞いて、どう決着つけるのか?

しかも予告で菜々(清原果耶)が轟(北村有起哉)と戦っているシーンが映り、

かなりの使い手の轟と、菜々が戦えるようになるなんて、どんな修業したんだよ?

と、いろいろ気になっていましたが、

盛りだくさんな内容で、ちゃんときれいに収拾できていました。

よかったです。

 

来週からなんですが…

NHK公式サイトを見ても載ってないんですよね。

BS時代劇はしばらくお休みかもしれません。

 

 

13日(金)は、『無用庵隠居修業3』の放送予定です。

夜7時から BS朝日  主演 水谷豊

番組紹介サイト https://www.bs-asahi.co.jp/muyouan03/

 

 

2021年の大河ドラマが発表されました。

『青天を衝け』

大森美香作、吉沢亮主演で、渋沢栄一を描く作品です。

渋沢栄一、新一万円札に選ばれた方ですが、正直よく知らないので、楽しみです。

公式サイトの情報はこちら→https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=20240

先週は『小吉の女房』がお休みだったので、一週空いての更新です。

 

『小吉の女房』

タイトル「おばば様の秘密」だったのですが、

最終的に、お信の秘密ができたお話でした。

 

お信は、小吉(古田新太)に「ぼんやり」なんて言われてますが、

なかなかに肝が太いというか、心が大きいですよね。

 

今回は珍しく、小吉の活躍はなし。

次回もお信が活躍しますよ。

 

レギュラーだと思っていた用人の利平次(石倉三郎)が、あっさり死亡。

あっさりしすぎて、びっくりです。

 

 

映画『引っ越し大名』の公開が始まりました。

原作・脚本が『超高速!参勤交代』の土橋章宏さん、

監督が『のぼうの城』の犬童一心さん、ということで、

ちょうどその二作品を混ぜたような作品です。

面白くて、いい話もあって、勧善懲悪っぽい爽快感と、アクションシーンもあって、

気持ちのいい騎馬シーンと、歌って踊るシーンもある、

そんな感じです。

 

主演の星野源さんはイメージどおりなのですが、

その友人役の高橋一生さんが、けっこう面白い役どころでした。

高橋さんはわりと、文科系の気難しい役が多いと思うのですが、

今回はバリバリの体育会系。

珍しい高橋一生さんが見れます。

 

見ごたえある作品なので、見て損はないですよ!

『小吉の女房』

麟太郎(福冨慶士郎)が怪我で生死の境をさまよう話でした。

小吉の心配の仕方が壮絶で…。

 

小吉って、普段は子供みたいな言動ですが、

麟太郎のことはいつもすごく大切に思っていて、

大人としてはダメダメだけど、父親としてはすごくいいのではないかと思います。

というかこの一家、お互いへの愛が深いですよね。

 

 

BSで放送されている『螢草 菜々の剣』も見ています。

前回で、菜々(清原果耶)が奥様(谷村美月)からあとを託された時は、

もしかして後添えになるのでは?と思ったりもしたのですが、

今回は、肝心の旦那様(町田啓太)が捕まって、命も風前の灯火。

旦那様、助かるんでしょうか?

 

敵役の轟平九郎(北村有起哉)が、悪役なのに衣装がとてもオシャレでカッコいいです。

強いし。

ただの極悪人ではなくて、彼なりの正義に基づいて動いている人だったらいいのになぁ。