私が栗東市立治田西小学校PTAを退会した経緯 その1 | 滋賀県栗東市PTAと栗東市立学童保育所保護者会の問題

滋賀県栗東市PTAと栗東市立学童保育所保護者会の問題

滋賀県栗東市のPTAと栗東市立学童保育所保護者会の問題について書いています。


テーマ:
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 学童保育へ
にほんブログ村






一度私が栗東市立治田西小学校PTAを退会した経緯を書きます。

そもそも私は2011年に栗東市立学童保育所の治田西第二学童保育所保護者会会長になりました。

学童保育所では毎年二年生が会長以下運営委員(PTAで言えば本部役員)をすることになっており、誰も引き受ける保護者がいないことから、なかなか決まら無かったことから、立候補しました。


役員決めは前年度の12月に一年生の保護者だけで話し合い。

後ろには栗東市学童保育連絡協議会の事務局の保護者がつきっきり。

「決まるまで帰れないよ。」

とのこと。半分軟禁状態です。

夜の10時近くになり、学童保育所の利用時間が迫ります。(毎月保護者会の会議があり、7時頃から10時頃までたいていあります。)

そうした中で私は立候補しました。

子供を学童保育所に預けているので、少しでも役に立てればとの思いからです。

副会長、会計、庶務も会長が決まったことから立候補する保護者が現れて無事役員が決まりました。

ようやく帰宅です。


毎年こうして立候補か、くじ引きで役員決めは行われます。



まだ、この時にはPTAと学童保育所が入退会が自由であることを知りませんでした。






続く

rittomonさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス