ルルル、ららら、3分間のきもち
  • 04Jan
    • 新春!2020&ラピスラズリの画像

      新春!2020&ラピスラズリ

      新春!2020☆ A HAPPY NEW YEAR ☆大宮八幡宮へ初詣に行った朝の頃は空いている屋台はまだ始まっていない初詣は行った方がいいのう清々しい気で満ちているご神木の しめ縄を結ばれてる木はまた一層に清々しいお風呂上がりのサッパリ感にてほよよと佇んで ゆるりと眺めた大家さん家の庭に鳥が訪れる囀りに癒やされる鳥は膨れて 冬の窓辺ブレスレット好き!丸いところと輪っかのところ自分で作ったのチェコビース、スペイサーを入れると愛おしさが なんや上がるのうラピスラズリ地球模様の青い石最近、大好きになった石この石は人に どのようなパワーとヒーリングをもたらすかいろいろと書かれているなるほど。と思う最古の霊石のひとつでありエジプトをはじめ古代の王たちに大切にされてきた歴史を持っている宝石というイメージはあまりなくことのほか手軽に入手できるポピュラーな石として認知されているんじゃないかなあ不透明な藍色の体にパイライト(黄鉄鉱)とカルサイト(方解石)によって創り出される模様は古代の夜空を時折見られる星屑のキラキラ感で美しさを称えているよう自分も石読みをしたよ「ラピスラズリ、あなたの愛を教えてね」って、手に持つんだプライドを持った石だなあと感じた歴史上 珍重されてきた経緯も含まれるし突き抜けた純粋さを頑なに貫いてそれは王冠を頂いてる心持ちとして浮上する一国の王となったような責任感積極的な創造性 知恵と洞察力そして気高さを備えた判断を自分の命に 生活に 仕事に 役立てたいと発起させてくれる聡明であろうと意志を刺激する結果、そのように言動が変化していくというサポートをこの石の愛として感じたよ(たんに頭が明晰になるというのはプレナイトかなあと感じる)この石と合わせて身につける石はないと言われているようにあまりにも純粋 鋭敏すぎて何者も寄せ付けないところがあるほかの石と合わせるとその質が濁ってしまうのは納得かもハートをはじめ全てのチャクラに対応石風みたいのが吹き渡り一掃されるごとく清々しさに包まれるよアトランティスの礎石ともこの石の放射線は金星から下ろされているとも言われているが地球外のさらに高い意識と交わることのできる感謝の念と金星からの美に包まれて厳かな気持ちにさせてくれる石であるかも(金星は宇宙的にみると地球のお姉さん星愛と美を教えてくれる)この石を形成するミネラルが人の内分泌線を刺激して霊能開発の助けとなるらしいこの石を持って瞑想をしたらどのようになるか試してみたいなあと思った小っちゃい窓辺よりお家に入ってきたテントウ虫幸運を運んでくると言われる虫しばし戯れた元日小さくてかわいいねなんて素敵な出来事なんだろう去年は初体験の体の不調におののいた後になってみれば理解できる病であったいくつかアチューメントなるものを受けてトランスフォーメーションをしてるんだ魂から肉体にかけておかげさまで今まで不可思議だった時間の恐怖と世の中との違和感は無くなっている疑問だったことの全てが解決したんだ幸運なことだ本当にうれしい自分の有り様、魂の行方宇宙の意義、地球の存在自分の内面はこの一年ですこぶる変革したようで今年は進化の方向へ歩み生活に変化を起こせたらうれしいなあと思う

  • 08Dec
    • 成道会と大根の画像

      成道会と大根

      12月8日はお釈迦様が菩提樹の下でお悟りを開いた日仏陀となられましたお仕事帰りに 浅草寺をお参りした外国の方が多いのう 賑わってたぞ本堂と影向堂で少しづつ座ってきたんだ久しぶりに寄りましたが夕刻の清々しい光りと影の中でゆるりとしたよ屋台が出ててねおいちゃんとおばちゃんのたこ焼きがすこぶる美味しかった作ってる方の様子見て多分、美味しいだろうなあと思ったらやっぱり美味しかったタマネギが入ってたりして面白いって眺めを 食べ終えてパシャリ五重塔とスカイツリーと月とってもいい気分来年の干支の置物を買っておかあさまに人形焼きを買ってすっかり慣れた銀座線に乗って帰ったよ帰り道 まあまあ膨らんできた月の光り現在の空は雲一つない晴天自分のブレスレットを流水で浄化出来ない石を月光浴させてるきれいになって さっぱりしてきなあ成道会の日 京都では大根炊きという行事があるらしい大根が食べたくなって久しぶりに夕ご飯をパシャリ丸三角四角今日のメインは大根です脇役っぽい絵でありますが今度はもっと厚く切ってみようっと今日のお料理の自慢出来るところは砂糖と塩を使ってないところ塩昆布は入ってますが コーンと共に良い塩梅なレタス卵焼きが最近上手に出来るようになってきたんだ

  • 30Nov
    • エサイの根より

      賛美歌の「エサイの根より」https://www.youtube.com/watch?v=OGu8mzyUkKg日本のクリスマスにはあまり馴染みのない曲かもドイツに伝わるキャロルで「 Lo, How a Rose E'er Blooming 」英語の名前だったりするライアーの教室にて出会ったとても美しい曲で一人でも弾きたいなあと思い試行錯誤の編曲にてようやくかたちになったように思う何年経ったか分からん、全コード試作しちゃったょ弾いてると、どうも具合が悪くなって完成かなあ、でも違うのぅ、、、の繰り返し原キーはFなんだけど、この楽器の不利かなと思って最後まで試さなかったB♭がこのキャロルとこのライアーとぴったり合った波動とうとう見つけた!って感慨深かった5拍子と4拍子が混在してるところもすこぶる魅力的なんだこの編曲で今のところ完成としようもっと良い構想が浮かぶかもしれないしね時間とともに今後のお楽しみようやくクリスマスを迎えられる。迎えちゃった。。って気分

    • 聖闘士星矢 ~Abel's Theme~

      聖闘士星矢「Abel's Theme」https://www.youtube.com/watch?v=M8GJJoi9vtYセインセイヤのアニメで登場する竪琴の曲はこちらを含めて3つかなおそらく、制覇した感あり良かった。辿り着いた気持ち。外国の聖闘士星矢アニメのファンの方に喜びのコメントをもらったりしてるこの曲は、童謡みたいなかわいらしい曲楽譜が断片的にあって、それを写しながら原曲の景色を耳コピーしたよ、、合ってるかどうか分からんがこんな風な印象だったなんとか、かたちになったかのぅセイントセイヤの3曲にてソロライアーに2年前に変えたことの益なる効果が発揮されたように感じ「ライちゃん」にお礼と労いの言葉を掛けたいのだ高音が軽やかに綺麗に鳴るんだ。。上手っぽく聞こえるぞ。。良かった

  • 23Nov
    • バスタイムにて

      今宵は金色のお風呂から楽しい思い出が沸々フツフツ湧いてくるぞ飽きもせず疑いもせずワクワクしながら待っていたこと校舎の裏側には面白い出来事が必ずやって来たんだあの頃の自分と 今もちっとも変わってないどれほど時が流れても同じ心と体で生きてるんだものシャボン玉に包まれていたよな恋の火照りや教室の窓辺の光りがきらきらキラキラ湯気に紛れて弾いたんだ忘れそうになってたいろいろな感情をやばい、かなり動揺している高木フトシさんが体調崩されて今日のライヴ中止になったこと大丈夫。大丈夫。おやすみなさい

  • 22Nov
    • 柿をもらったの画像

      柿をもらった

      柿の美味しい季節だのうまったりとした自然体が美しい果物は可愛いのう自分の口の中で「居心地良いのう」って柿が笑みながらやわやわと溶けていくそんな脱力感の橙色に癒やされて食していますストーブのあたたかさに身を寄せて雨音を聞いている静かだのう天井に落ちる雨垂れポツポツネズミの気配はないみたいすこぶる久しぶりにパチパチしてる今日は、いい夫婦の日寝ようっと楽しい夢を見ませうおやすみ

    • 聖闘士星矢 ~Mime's requiem~

      聖闘士星矢 「Mime's requiem」https://www.youtube.com/watch?v=w1--a5vTd3sアニメ聖闘士星矢の曲竪琴と関連してるものが3曲くらいあるかしらそのうちの一つこの曲も、Youtubeで楽譜を見つけて書き写して、楽譜をおこして練習したよ四分の三拍子な感じの曲メロディーは六拍子だけどリズムは4つ刻みで流れてる面白い趣向だなあとポロンってしてみようと思った曲コツをつかめばサーフィンみたい波に乗ってる、よりも、走らされてしまったかも、、オリジナルの曲をきいて、イメージを寄せて少し構成をしたとこあるけど、どうかなぁ

    • 聖闘士星矢 ~Orphee Death Trip Serenade~

      アニメの聖闘士星矢 「Orhee Death Trip Serenade」https://www.youtube.com/watch?v=tNzmvA_riQg原曲の楽譜はE♭ですこぶる葬儀感にて、弾くと苦しくてB♭に上げて、もう少し明るめに仕上げたよリズムはゆっくりゆっくりとしたこれがポロンの呼吸だと思ってる途中のリズムの折り合いもあったのでねあまり練習に身が入らなくて1年以上かかってしまったけど最後の追い込みにて、冒頭のところに宇宙のゆらぎを感じるようになり俄然、積極的にポロロンとやるようになった途中で、曲調の変わるのも面白いここでいくつかテクニックを学んだんだお隣同士の和音だったりリズムの間にメロディーを通してみたり3連符に励んでみたりリズムで芽吹きを表現しようと試みたりそんなん攻略していくのが面白かったりしてこの曲を好きになっていった漫画でセイントセイヤってあったなあ・・遠い記憶に懐かしんだりして外国のこのアニメのファンの方よりリクエストをもらって、ポロンとした曲セイントセイヤのうちの誰かが愛する人を失った悲しみに暮れて竪琴を弾いている設定ではないかしら日本はアニメ大国だなあと古いアニメも人気なんだなあとゲームもあるからかなつくづく感心しながら、取り組んだリクエストもらったけど、乗り気ではなくてずっと放置していたら、催促のコメントがあって重い腰を上げたよな感じにて楽譜を探すところから始まったセイントセイヤの曲は横山菁児さんがおそらく全て作っているこの方はドラマやアニメ、CMの曲を沢山手がけている方だったよポロンの特徴を大いに発揮させてもらった曲自分の可能性にわくわくさせてもらった曲面白い出会いに感謝でありんす

  • 22Aug
    • 目眩の画像

      目眩

      蛸と茄子のペペロンチーノタコを料理したこと無くて、初!ビタミン12が豊富らしい。無意識に体は欲している・・・今日で11日目、絶賛ぐるぐる中。もう、ぐるぐるするのに慣れてきた気持ち悪くならなければいいや11日前の朝、寝返りを打ったら、突然、ぐるぐる数回転!!!ぎゃーーって足をバタバタさるもんだょ墜ちるかと思ってね、恐怖だった自分は冷静にここは床の上だ。と状況を把握しようと努める脳それ以来、ぐるぐる生活どうにもこうにも生きた心地のしない時間を過ごしたんだ病の人の閉塞感不自由さを味わうお日様の光の尊さや草花の愛らしさにしみじみしたそして、悟ったんだ健康は、精神的肉体的に自由だ!!それは歓喜だ!!!只今は、お薬が効いていると気持ち悪くないよ疲れるてくると、普通に頭の中で、画像が、横滑りしたりするそれはすごい衝撃なんだまるで、漫画や映画の映像世界みたいだでも、慣れた。ぐるぐるふわふわ面白がってるぞ。あまり調子混むと、気分悪くなるのう頭を動かさないように、静かに過ごそう初!目眩!体験中。北アルプスへ行きたいなあって五竜岳から鹿島槍ヶ岳縦走、素敵だなあって計画していたのに、今年はやめにしておこうこれじゃお山から落ちちゃうもの中央アルプスの千畳敷はどうかなあと考えるけど、難しいかなあ、、、自然が恋しくて、近所の緑をパシャリしかしながらポロンはうまくはかどっているんだ疑問の謎が解けている。今日この頃弾いていてあまり楽しくなかったりしてた心が光らなくなっていた音楽の教育も教養もセンスもないけどまあまあ続けていると気になってくるもんだ和音の妙、なのかのぅ今まで簡単にアレンジされた楽譜をポロンと弾いていたんだけどなんか、もっと、こう・・・これでいいのかなぁ・・・その違和感が解消された!今まで練習してきた曲をつくり変えてる時間はかかってるし結果は出てないけど自分の楽しめるハーモニーを心底、真っ向から、希求することに努めてるクラシックなら、原曲の音符と格闘してキャロルなら、リズムの再構築を行って楽譜をつくり直したんだ不思議なんだけどフォーレのピエイエスが心を過ぎるなあと感じたお休みの朝、なんとなく楽譜を見るとふらりと編曲が始まってそう!このリズムなんだ!と、ほぼ完成マリアの子守唄も、同じ流れで、なんとなくリズムの再構築したら以前のものよりすこぶる良い感じに仕上がったお仕事から帰ってきてアベマリアの練習をしたくなって弾いてたらすこぶる違和感を感じて灯台もと暗しな気づきにてそう!この音色なんだ!というイメージと出会えたりするモーツァルトのアベベルムコルプスはどうしてもどうしても手に入れたい未知の幾何学模様があってそれを解明する旅に長らく出ていたのだけど幻想的で流麗なリズムモーツァルト特有の神妙なハーモニードラマティックな歌詞の世界シンプルに表現できたら素敵だなあとずっと思っていたんだけどそれが、今では思い出せないくらいある朝、楽譜のソフトを立ち上げたら何のきっかけか、あっさり完成したりしたあとは練習するだけだよポロンに合わせて移調した曲をオリジナルコードに戻したりしたG線上のアリアはCで演奏してたけどあの輝く感じはDじゃないと煌めかないって、Dで練習し直してるサンサーンスの白鳥のコードも原曲Fにして和音を再構築したら、すこぶる綺麗そんなことに気づけるようになった今日は別れの曲を練習したくなって和音の作り直ししてるユーチューブに楽譜が流れるものでそれと格闘してるピアノの詩人といわれショパンこの繊細さをもっと自分の中にポロンに顕現したいこの曲はポリーニがお気に入りだこのピアニストはすこぶる楽譜に忠実に演奏してるかなあと思うきらきら過ぎると耳障りかなあとか高揚感に欠ける音域かなあとか原キーに戻すのをやめようかどうかベクトルがへろへろまわってる時ひょんなことでピアノ大好きで絶対音感のある女の子に尋ねる機会があって、聞いてみたら移調されると聞き慣れたクラシックは違和感あるけどまた新しい音楽として楽しめる。という目から鱗だったのポロンが輝けるコードを見つけること曲の雰囲気を尊重してポロンの特性を発揮できるリズムとハーモニーを見つけること冒険してる気分!自分のちっぽけなセンスなんて狭いもの限界を超えてどんどんチャレンジなのまた、気付くこともあるかもしれないその度に更新していけばいいや今の一番楽しい音をポロンとしたいのだ相対音感のある方なら100分の1の時間でできてしまうことだけど自分は自分だつい最近まで経験や才能のない自分を卑下していたそんな自分を許してあげて天に祈るほどの精一杯で今、音楽と向き合って生きたいこれなの!って神聖幾何学の美しい調和のとれたハーモニーと出会いたい

  • 08Aug
    • 松田聖子さんの夏の歌が好き

      今日は、夏の季節、徒然なるままに綴ってみたくなったよ<夏は夜>もいいけど<夏は歌>だね!松田聖子さんのアイドル時代の歌が自分の中で上述の心境を大いに占める結婚前までのシングルをほぼ持っていたりするぞ大切に保管してる子供の時分は歌詞の意味は理解していなくてただただ素敵な気分になっていたけど大きくなって状況が分かったりして今はリアルタイムで楽曲と触れあえたことの奇跡に感謝したりする特に好きな楽曲はどれも夏、海、恋のハッピーなものばかりこの明るさや雰囲気がとっても好きだ青い珊瑚礁この景色に会いたくて、20代の頃宮古島へ行って、東平安名崎で~私の恋は南の風に乗って走るわ~の気分を果たしたんだ夏の扉この頃の聖子さんは本当にかわいい~夏の扉を開けて私をどこか連れて行って~空中に浮いてるゲートのイメージが人生の分岐にて脳裏に浮かんでくるようになる渚のバルコニー~ラベンダーの夜明けの海が見たいの~どんな景色なんだろう、黎明の海を見てみたい~砂の浮いた道路は夏に続いてる~アスファルトの蜃気楼はずっと綺麗なイメージなり~I love so leve ほら愛のベル~あいらーびゅーそーらーびゅーほらあいのべる。って幸せが来ると心が鳴るものなんだと学んだ気分だった小麦色のマーメイド~常夏色の風追いかけてあなたをつかまえて生きるの~子供の自分は<生きる>に、すごい衝撃を受けたのを覚えてる恋じゃない、これが愛ってことなんだ。って天国のキッス~天国に手が届きそうな青い椰子の島~こういう景色が、楽園とかパラダイスっていうものかもしれん。と淡く理解したのを覚えてるいまもど真ん中の夢の景色ピンクのモーツァルト~水晶の熱い砂爪先立って~いまもこのような砂を求めて海辺を彷徨いたくなる~神秘なさざ波のシンフォニー~海面に音楽の漂っている感覚を植え付けられるボーイの季節行く夏の想いではあるけれどハッピーを過ぎてしまった感じだけど~あなた遠くを見てるの妬けるほど熱い目を夏に向けて~自分の理想はこういう人だなあ。と初めて定まった恋愛基準今も、あの頃の感動はずっと覚えてる色褪せないキラキラの気持ち大切にしようっといい夢みませうおやすみなさい

  • 03Aug
    • 塔の岳の画像

      塔の岳

      8/2梅雨が明けて暑い夏の日「塔の岳」を登山した神奈川県の丹沢方面小田急線で1時間バスにゆられて1時間ヤビツ峠から車道を歩いて1.5km9:28 登山口多分4年前より2度目の登山この入り口の斜面に驚愕した記憶あり今はもう、随分と慣れた自分がいる3000mのお山へ行く前に山登りの予習をしようと思い富士山を見たいなあと思い近場の塔の岳を選んだのだが選択ミスをした気分10:34 天気予報では27度とあったが24度の説もあり、風もないようであり、いずれにせよ異様なほど肉体的苦難を強いられる山行を遂行する意欲はなく身の危険を感じてやめようと思い二の岳を過ぎた辺りで引き返して3組の方々とすれ違ってリタイアしようっと。な開放感を パシャリしかし、10分程ようよう下ったところでふと思った、バスはあるかしら?平日のバスは15時台に1本のみだったバスを待とうか悩んだが、、登ることに決めた。。意志が固まると、人は恐怖がなくなるものだ11:18 二の岳前の急登を上って下って上ってなんや動転してる。冷静になろうおそらくここは三の岳「生きて元気でお家に帰ろう!」を心に掲げた。そんな平常ではない傍らで子供が楽しそうにお話していたすごいなあ!関心した。。自分もできるだけ楽しもう!と発心したの風が吹いている、どうにか涼しい。涼しいのう。。この日一番心地良いと思った空を パシャリここにいる方々皆が塔の岳へ行くのかと思ってたけど・・・後で知ったがここから下山するルートもあるらしい自分もそうすれば良かったょさらに前進したのだった鳥尾山を見下ろす素敵な眺望このルートの醍醐味だのう草むらを木道に乗って進む山旅終始 緑と戯れる山旅せめて風が吹いていたらもう少しは気分が良くなるんだけどもっともっと楽しめるんだけど腰を下ろして休むと必ずすぐにブーーンと低音が迫る蜂のような蠅のようなものがやってくるので、ゆるりとできないんだ私にとって、敵か味方か、今思うと奮い立たされるみたいに急かされるそれは良かったのかもしれんヤマユリがところどころに咲き乱れてた迫力あって綺麗だった道中、鎖場や梯子があったこんなにあったっけ?記憶にない快適な気候だったらすこぶる面白いんだけど木道を空へ 日差しを浴びて進むあまり汗をかかない自分がお洋服を絞れるほどの発汗サウナに入った時みたい標高が1000mくらいでは、暑いのだ2000mくらいはないときついものだなあと感じた1000mで-6度でも下界が36度なら30度湿度の高さには慣れていると自負しかしながら、無風水が飲めなくなってきそうな気配を感じ肉体的に異常はないよう 自分をケア精神的に平常を保とうと 自分に集中ジェットコースターみたいなカーブの木道前日の天気予報は一日を通して晴れだったのに当日 午後は曇りに変わっていたもう左手には雲が立ちこめていた視界が開けていないょ、閉塞感に意識が混乱しそうになる集中が揺らぎそうになる唱えていたの「生きて帰る」山小屋から話し声が聞こえる外のベンチで休んでたけど、覗いてみたそれから、なんやお話をいろいろとしてかき氷を食べて、飲み物を選んでもらって天のご加護のような良い出会いにて心身新たに歩き出せた最後「気をつけて!」の呼びかけに「気をつけます」と返事した13:44 塔の岳山頂富士山は見えない涼しくないゆるりとできないしかし、安堵する。あとは下るだけだもの登山客はとても少ない高温登山は、あまりよろしくないのぅ表尾根の縦走の面白さを改めて知った気候が快適だったら、天候が良好だったら上ったり下ったりが次々と現われて緑に囲まれて歩きやすくて振り返ると眺望も良いだろうし癒やされるかもなあ.。と感じた14:06 帰りは大倉尾根を下る高低差がなかなかあるもので足先が痛い、膝が痛い、な苦痛と共に下りる靴紐を縛りなおしたひたすら下り続ける木道今回の山旅は登りも下りもすこぶる静かだった時折、囀りが響き渡り、蝉の声が溢れ出す見渡すと、草が緑色に輝いてる人がいないので、お着替えもしちゃったよ水の中に入ったみたい びしょびしょだもの木々の明るい平坦な道かなかな の降り注ぐ道こういうお散歩道をずっと歩きたい少しだけ満喫した素敵な夏の午後!な気分を パシャリ不思議な植物を発見刺激的な様子に ワクワクがムクムク16:18 無事に下山できて良かったもう一度お着替えしたり冷たいの飲んだりゆるりと座ることができたり帰りは快適な心地で帰路に着いたこのブログを書いた意味は何だろうこのような経験をした、という記録である今回の山行は、自分に対する冒険だったかもこれで何を学ぶのか、分からないが、何事もなかったことに感謝をしよう自分はこれで何かを知ったことだろう

  • 03Jul
    • 梅雨の幸せの画像

      梅雨の幸せ

      西側の小っちゃい窓辺の眺め大家さん家の庭の緑 わんさか!葉っぱや花びらが風にゆらゆらする景色が好きだ緑が愛おしくて仕方がない!パチパチしている左手よりこの景色を見るなんて贅沢で幸福な環境なんだろう灯台もと暗し最近になって、この幸せに気付いたのこの緑の生命力に癒やされてどこかへ行きたい欲求が解消されてしまう今年の初めに、自分の行きたい場所に行くんだ!と、決めて半年予想以上の素晴らしい場所に 現在、居る!!ひとえに、自分の努力と信心の賜物である。この熱意に天が味方、アシストしてくれて今日に至ると思っている暮らしむきは全く変わらないけど精神状態が地獄から天国へ変容したんだ!人それぞれに理解し難い悩みや恐れがあると思うのだがここに(地球に、3次元に、日本社会に)生きて息をしているだけでもなぜかどうにも息苦しさを覚えていた時間に呪縛と 恐怖を抱いてた時々、旅行やライヴに行って楽しい瞬間もあったけど常に精神のバランスをとるため滝修行な意識の集中をしてる節があった仕事となれば(どなたもそうかもしれないけど)臨戦態勢の前線にいる覚悟の時間が途切れず継続する感覚、ある意味精神はタフになるけど 幸せではない永遠の2時 正午過ぎ早めのアフタヌーンこの時間が自分の中で一番ゆるりとする瞑想は素晴らしい(今まで無意識のうちに自分は前頭葉に意識があったかもその意識を松果体へずらしてみた)松果体に意識を置くと胸に真っ直ぐ通じて一つになるそのまま地球へ下って繋がるまた、この空間はそのまま天へ宇宙へと開かれているこんなことが幸福へと自分を加速させているその他、いくつかの瞑想と素敵なご縁によって母上に関する悲しみ過去の記憶に対する苦しみ現在の全てに対する恐怖や不安が全く無くなった。びっくりすることだ。全く楽!!!なんだ。信じられないどっしりと深い愛に守られている感覚ここで(地球で、3次元で、日本社会で)楽しんで暮らしていきたいと思ってる他人と自分の境界がはっきりと区別できるようになった他人が自分にネガティヴな感情を抱いてると感じても、サワサワしない全く動じない強さを獲得したんだお気に入りのお家に住んで人並みの暮らしができて健康であり 趣味があり仕事も楽しさと愉快な人間関係のなか腹半分くらいの集中でリラックスしてるその余った心身のエネルギーをポロンの練習に注いでる奇跡を頂いていることに感謝十分な幸せに感謝であるさらに上の次元の幸せを得るために積極的に生きていこうと思う自分がいるご縁が導くなら引っ越ししたいもっと自然豊かな環境に生きてみたい自分が輝やくような生き方を模索したい愛を育み合えるパートナーと出会えたらと願っている晴れも曇りも雨も素敵だ雨音が愛おしくて仕方がない梅雨を楽しんでいるよ

  • 26Jun
    • 夏至を過ぎて相性を考えたの画像

      夏至を過ぎて相性を考えた

      北アルプス 三俣蓮華岳にある道標富士山 プリンスロードにある道標去年の道標のこれらの景色が好きだ空へ向かうワクワクな気分にさせてくれるこの頃の日常、自分がどこへ行ったら一番楽しい気分になるかどうか、思考ではなく直感に委ねているよお昼ごはんを、どこで何を食べたら一番リフレッシュできるか、っていうこととかその日の気分に、集中する今日の予定も、山か海かどっちか行こうかなあと思って塔ノ岳と江ノ島の準備をして就寝した今朝起きた時、とても素敵なことに閃いてお家でゆっくりしようと決めた母上との関係の感謝すべきところに気がついたんだ生前のコミュニケーションの中で自分は、傷ついた、という経験がない分かり合えないなあっていう点は多々あったけど他人から受けるような刹那に切りつけられる視線や態度孤独感は全然受けなかった母上とは、「家族」としての相性は最高だったんじゃないかなあということに気がついて感謝した「相性」というのは確かにあるもんだなあと感じた「恋人として」「夫婦として」「友達として」「仕事仲間として」等距離感の範囲での相性の変動はあると思うその距離で、輝き合える高揚感は相性の成せる技なんだ。結婚相手としては日常は穏やかだけど刺激が欲しくて浮気をする、というのはある意味、仕方のないことかもしれない多方面を補えあえるパートナーと出会えている人もいらっしゃるけど何かが優れた能力だったり幸せな魂の持ち主かなあと思った自分を幸せでいっぱいにすると理想の相手というより、愛を育み合える人と巡り会えるかもしれないなあと感じたそういうことが、ようやく分かったかも今日は、素敵な日だ!やっぱり、もっと、ポロンの練習がしたい上手になるのが今日、一番ワクワクすること

  • 12Jun
    • 梅雨に徒然、奉納を思った

      音楽とか踊りは大昔では神に捧げる神聖な儀式だった昔も今も神社に歌や踊りの奉納をしている神さまにそれは本当に届いているのか必要なことなのかなあって思っていたけどとてもそれは大切なことなんだなあと気がついた歌を歌う方は自分の心を開いてありったけの気持ちで歌を歌うそれは祈りを捧げる行為と全く同じだと思う演奏する方、踊る方は体を整えて肉体に愛を込める神社で祝詞をあげる時ってお寺で読経する時って魂を込めて声高らかに言葉を発している祝詞もお経も、清めの言葉も持っている言霊でその場を清める。手を打つ。音は清めのパワーを持っている。言葉は、言霊。全く魔力の波動を持っている軽んじてはいけない、ことだま。そんなことを思ったのは、この頃ステージ上のミュージシャンの方々に神聖な光景を感じるから時々お伺いする方に、それを感じたよということは全ての創造を発信している方々に神の好まれるかたちを持った時神秘が顕現されていて受け手は(神のいたずらで)次元がずれたような時それを感じることができるのではないかなあ遭遇した事例を挙げてみたい中尾諭介さんが歌っている時に天井にオーブ(光球)が現われた(ように感じた)それはお客さんの頭上にまるで当たり前のようにシャボン玉みたいに浮かんでたその時に歌っていたのは平和についての歌だった中尾さんの素晴らしいところは言霊の威力が破壊的な大きさであること神が喜ぶ、願う内容の詞を発するとすこぶる容易に天は応えてくれるんだなあと感じたGONDAさんが歌っている時に精霊が遊びにやって来ていた(ように感じた)その歌の前に花を愛でる話をしていたのもあるかなまた、実音も大事なんだなあと感じたのはPAの曽我さんが素晴らしいゆがみの音をつくっていて自分は、はずみで次元がずれたのを感じたGONDAさんの素晴らしいところは登山をして自然に触れていることと邪気のないピュアな明るさ軽やかさが自然の精霊に好かれていると感じた近藤智洋さんが歌っている時に妖精の森が背後に広がっていた(ように感じた)3,4曲の長い間、ありありと深く美しい緑の森が現われていたかなり彼の精神が神聖な状態に写ったよその日は4番手でありそれまでのミュージシャンのステージを見てとても発起させられたというような事を話していた神はすぐ傍で見ているんだなあと感じた近藤さんは清らかな童心を持っている方かもしれないその部分が天と呼応して、見せてくれたのかなあと思う大森洋平さんが歌っている時に胸に宇宙(銀河)が広がっていた(のを感じた)新しいアルバム制作などのお礼の思いの丈を切々と語った後だった強烈な磁場の中にいるような恐ろしくもあり面白くもある時空だった2曲の間、集中する程一つの天体が現われかなり重たい重力に引きつけられる私たちの体の中(肉体、エーテル体、感情体、精神体、コーザル体)に宇宙(神、天なる存在)は繋がっていると実感した大森さんの素晴らしいところは希求するものへの勇敢な善良さと強さ大森氏自身の運命を引き寄せた現状を見るなら、納得の致すところ神社に奉納というかたちをとらなくても常に、神(天)は見ている神社に奉納するというお祭りに神様は本当に喜ばれているんだなあということがすこぶる分かった人の心は神秘を作り出す歌や踊り(感動というもの)は人の心に宿る<神>の部分に呼びかける。そして私たちの心に秘める<神>の部分が応える。それは意識的でもあるし無意識的でもあるし必ず呼応のかたちは、在るんだ実は無意識の階層に大きなパワーを良いも悪いも注ぎ込まれるのかもしれないと感じたよ440Hz問題は深いかもしれないと思った。ちなみに ライアーは432Hzだよ

  • 19May
    • 多摩動物公園(意思疎通を感じられた動物)の画像

      多摩動物公園(意思疎通を感じられた動物)

      多摩動物公園にてこの日、意志の疎通を感じた動物を紹介しようっと動物園にいる動物はなんやかわいそうだなあと思ってしまうのだが一概にそうでもないのかなぁ人にも生まれ持った使命がいろいろあるように人と接するという使命のもと、ここにいる動物もいるのかなあと思った有蹄類は人間との交流を望んでいるのかなぁそれはとてもとてもセンシティヴなの非常に純粋なのかもしれない☆ゴールデンターキンゴールデンターキンはすこぶる人間が気になる。という意志を感じる人間に興味があるのかなぁここがおそらく一番けもの臭さのあるエリア長居は、、風向きによる、慣れてくると気にしなくなるかも、視線を感じるなあって挨拶しようと思って近づくと見てません。っと、思いっきり後ろを向かれたの図でも、この女の子はずっと自分を眺めるんだできる限り近寄っても(間に溝があって遠いんだけど)目を合わせ続ける意志がぶれない目をそらしてしまったらとたんに奥の方へ離れて、戻ってこなくなってしまったょもっと仲良くなるためにはどうしたらいいのかなぁ☆ヒマラヤタール首回りの毛が長く髭状になるオス一頭だけ別柵の中となりの柵はメスがいっぱいこの階段を上がって彼に近寄る人間は自分だけだった奥にいたけど、ふと視線を逸らすと台の上に立っていたの図威厳ある立ち姿だったよとなりの柵に気をとられていた自分をじっと背後から眺める視線に振り向いたら全然見てません。と、ツンとされてしまった仲良くなりたいのに、、☆ムフロン人間が気になる様子な視線を向けるこちらのムフロンも、あちらのムフロンも人間に興味を示す好意的な感じであった立派な角に見惚れて、しばし佇んでいた☆ニホンジカシカは人慣れしてる感あり変な角度から眺める人間がいるなあって見ている意志を感じるかわいいのう☆キリン子供のキリンは人間に積極的に興味あり。ほどなく行ってしまったけどかわいいのう。うれしいのう。☆アフリカゾウ象から人間に対して愛を感じるこれは知能の高さなのかなあ人間とのコミュニケーションをおおらかに楽しんでいる雰囲気☆アジアゾウカメラを執拗に向けたり幼稚園児が騒いでたりすると囲いの中へ入って出てこなくなるしかし、ストレスフリーの状態になると長い鼻を揺らして前足でタップを踏む8分の6拍子なの!モルダウのリズム。。何小節が踏んだら一周するまたタップを踏んで一廻りお客さんがいなかったから自分も一緒に8分の6拍子を踏んだゾウは喜んで、お鼻大きく振っていたゾウも踊るんだなあ。。すてき!<おわり>

    • 多摩動物公園(おすすめエリア)の画像

      多摩動物公園(おすすめエリア)

      多摩動物公園にてお客さんの歓声が大きかったところおすすめしたいなあと思ったエリアを挙げてみようっと☆昆虫生態園館内に入ったお客さんはたいてい歓喜の声を上げるよ蝶が無数に(1600羽かな)飛び交う光景にびっくり!蝶の繁殖の功績が繰り広げられる世界お花と緑と日差しに舞う蝶が夢のような景色だよ時間の早い方がおすすめかも夕方には蝶があまり飛んでなかったから、、おやすみの体制だった日本で一番大きな蝶らしい、オオゴマダラすこぶる見応えある素敵なヒラヒラに感激なんと!自分、蝶が恐くなくなっているじゃないか!変容した私はすこぶる蝶園を満喫したよ。。蝶は気配を感じるのかな、カメラを向けたり近寄ったりするとすーっといなくなってしまうぼーっとしてると、蝶が沸いてくるフラフラするくらいヒラヒラしてるなんやジージー声が聞こえるなあと思ったらここはバッタもいるんだね夕方、閉園間近、交尾に遭遇☆キリンキリンが近いなあと感激するお客さんが多かったよエサを置いてある場所がお客さんに近いところにあるものでキリンの食べている様子をよーく観察できる黒い舌が印象的だただ眺めているだけじゃもったいない子キリンと一緒に自分も何か食べてしばし時空を共にした気分☆アカカンガルーカンガルーの姿勢に声を上げるお客さんが多かったよ低い柵だけで対面できる至近距離にて銭湯の休憩室のような光景足を乗せたり、無防備に寝てるカンガルーカンガルーは人間を見るけど意思疎通はあまり得られなかった☆コアラコアラのモフモフ感に感激の声を聞いたよほんと丸くてかわいいんだなあ普段は全く動かないで寝ている換え枝の時間(エサの時間)になると起きて動き出すコアラの頭の中は寝起き状態なのかなあ、、じーっとガラス越しの人間に目を向けるじーっと見るんだコアラ側からこちら側は暗いところに何かうようよいるように見えるのかもしれないね<つづく>

    • 多摩動物公園(印象深かった動物)の画像

      多摩動物公園(印象深かった動物)

      5月の平日 多摩動物公園へ行った曇りの合間の晴れ。な気候の良い動物園日和だったよ幼稚園児の団体がいっぱい。な賑やかな園内だったょ見ていない動物もあるしタイミングによって少ししか姿が見られなかったのもあるそのうち、この日、印象深かった動物をいくつか挙げてみようっと☆チンパンジーぼへーっと寝ていたところ大量の幼稚園児がやってきたら逃げるように奥へ走って行ったの図☆トラこちらはメスお隣の檻にはオスどちらも常に徘徊していてほぼ足を止めることはないそういう習性なのかなあトラにはいなかったけど、チーターやユキヒョウにはカメラを持った人たちがずっと居たなぁ☆ワシ何種類かの猛禽類がいるのだがゲージ内に棲み分けがされていてここにいるのは、何の種類か忘れてしまった、、4羽いるのだが、全く気配を消してるんだゲージの周りでカメラを向ける人、多数☆サイ全く死んだように、、寝ていたよ☆ライオン上から見下ろすように眺めるだけでも迫力在る存在感だったよ☆トナカイすごく大きな角は圧巻なの☆フラミンゴ交尾に遭遇したよメスがエサを食べている最中にオスは飛び乗る交尾をしたいオスがメスの後をすり寄ってくるんだ行くよ、行くよ、行くよ、と眺めていると遂に。上述のとおり鳥はほとんど動物の匂いがしないから自分にとってお昼ごはんスポットのひとつとなる20分間くらい眺めながら2度の交尾に遭遇フラミンゴが120羽くらいはいるうちの老若男女の見分けもついてきてなるほど、大きな体の男っぷりの良い者は交尾に勤しんでいたよ多摩動物公園は木々がいっぱいでさえずりもいっぱいだった上も下も新緑に囲まれて嬉し爽やかなお散歩ができたシフゾウ沿いのこの小道はすこぶるお気に入りとなる金色のトンボ柵の外にも素敵な生き物を発見する<つづく>

  • 11May
    • 川苔山の画像

      川苔山

      頂上と滝との距離間、半分くらいなところに分岐があるたいていは左へ上っていくのだが右へ下り 足毛岩の肩へ進もうなかなかラフなアップダウンの山道を行くなんか自由だ。面白い!川を渡る。平日とはいえ、全くの独りぼっち感いささかワイルドな緑の風が胸を過ぎていくこの先、山らしい急登に入る地図上でも×があった大ダワ方面の山崩れとの分岐ロープのすぐそこ 山道に倒木が散乱状態さて、左へ折り返し さらに上っていこう山頂が見えた!こちら、テレビで川苔山を見ていつか行ってみたいなあと憧れた景色この時 この日一番の疲労感山登りの醍醐味は疲労を覚える地点に存在すると感じるとっても楽しい気分でこの上り坂を歩きたい!そうだお昼にしようお気に入りの眺めと体力チャージ天国への上り道。満喫新芽とともに10分間くらいワクワク歩きだよ上を向いて歩いてるよ。満足こちら側は山頂直下が岩崖になっててそこには小さな黄色いお花が群生してたよ12:00頃 川苔山山頂青空じゃないけど見晴らし良い日西南の方向に富士山が見える写真に撮ると分かりづらいが、、白い頂 迫力あるのう帰りのコースはおおかた鳩ノ巣駅へ下りたりするのだが自分は東の肩より足毛岩の分岐へ戻ろう大きいアセビの木すこぶるきれいに咲いていたよこちらの道から上ってくると山頂が見えないのと単調なつづら折りでつまらないかも下りるのには楽である谷まで下りるとこちらの方が豊かな景観かもおもちゃのマシンガンにピュルルル 撃たれたよすごい勢いで囀って飛んでった!おそらく ミソサザイ命の迸りが凄まじかったあちこちに小豆色の花が咲いていたよ今日はやさしい山行だなあとのほほんと河原を歩いてたらどっちに進むのかしら、道を見失った、あっちへこっちへ行ったり来たりこの日初めて磁石を出して 臨戦態勢に入ったよこの日初めて山と向き合ったのかもしれないふと 山の懐に入った心地がした北には進まない道を見つけて進むスミレがあちこち咲いていたよ岩じゃない 土の穏やかな山道楽しすぎる!分岐を通り越して 再び滝へ向かう山頂まで登ると 達成感あるけど百尋の滝まででも十分に自然を満喫できるかもむしろ滝までの道程に集中してもっと自然と仲良くしたら魂の産卵できるかもしれないなあと思ったよ15:06 川乗橋バス停より奥多摩駅へ無事帰路に着いた<おわり>

    • 川苔山(百尋の滝)の画像

      川苔山(百尋の滝)

      5/9 新緑と清流を求めて奥多摩にある川苔山へ行った8:30頃 奥多摩駅よりバスで13分川乗橋バス停を降りて、すぐ清流日光にきらめくこの川とともに歩いて行くコンクリートの道が2.7km続く土じゃないけど面白い!せせらぎとさえずりのオーヴの中にいるよ耳がこのうえなく喜んでる平日に来て良かった人の声がほとんどしない緑と対話しよう9:30頃 ここから山道へ入るよ川を遡る 山は萌黄ツツジのピンクがたまにある新芽がお花みたいに開いてるかわいいのう百尋の滝へ行く道程に 橋八つ!いっぱい川の上を渡っていこう橋の板間が空いていて川の様子が見えるんだ水の流れを体感できるこの橋はちょっと恐くて面白かった轟々と流れ落ちる その上を行くよライムグリーンの道!せせらぎとさえずりもずっと一緒!すこぶる五感が爽やかな散歩道水が綺麗だのうターコイズブルーに思いっきりピュアを研がれよう自分、すこぶる純真無垢だよ河原に下りたらタンポポが咲いていたよ川を遡る 歩く鮭目的は魂の産卵10:30頃 百尋の滝振り返った景色木々の間から滝が見えるので誘われるように岩と階段をだんだんと下っていくと河原に降り立つ目の前にはほどよい大きさの滝そしてこの空間が心地良かったりする石を渡って滝の近くまで寄ってみる光り輝く白い水飛沫が美しいのう自然の真実が澄み渡るのをぼーっと眺めてた帰りもこの滝に寄った魂の産卵をしたかったのだがどうも、産卵できずに終わる自然の中で 全然自分が解放されていないことが分かったょ自然と統合したいどうすれば・・・答えは、まだ、分からないゃ周りの岩肌には瑞々しい苔がいっぱいなの頂上を目指してさらに上っていこうこの先に滑落注意の看板を見たよこのお山一番のアスレチックなところ山登りらしいガタガタの上りを楽しんだぞほどなく過ぎて、ホッと一息高度が上がってスミレを見かけるようになる<つづく>

  • 03May
    • 暮の春&春の暮の画像

      暮の春&春の暮

      駅の近くに咲いている花無意識に誘われて寄り道して見上げたら、、びっくり!摩訶不思議な形状だぞ紙風船みたいに地球の磁力線みたいに覆われる白いものは花弁なのか 萼なのか、な、謎どうやって膨らんでいくんだろう花の開き方 花それぞれこの場合?、過程が知りたい。面白い。なんとも美しいパープルのヒラヒラ!花は本当に神秘の美しさを生きている電車待っている時にこの時期、見下ろしている紫色を今日、4,5年越しに初めて近くで見たよ感動感激!もっと早く見れば良かったなぁドウダンツツジこの前はこんなに満開だったのに、今日はもう、ほとんど花がない花の命は、短いのう年号が変わった新しい時代の到来かな自分は季節の到来を感じるものを挙げてみようっと春は匂い 夏は音秋は色 冬は温もり風にまかせて梅や沈丁花が匂い立つと春が来たなあって思う日差しに当たって土がホワンと匂うと春に挨拶したくなる山に街に漂う花の香りに春は宿ってる気づいたら蝉や虫の声を聞いていたりすると夏が来たなあって思うグラスの中で氷がコロコロ鳴ると夏へ走り出したくなる雷や風鈴や扇風機の音に夏を思い出すせっかちに色づき始める葉っぱを見ると秋が来たなあって思う雲が空高くスーッと流れていると秋を手招きたくなる紅葉も彼岸花も菊も、赤と黄色は秋を表現するなにやら首、手首、足首を気遣いたくなると冬が来たなあって思う温かさにジンワリなぐさめられると冬に包まれたくなるストーブ、マフラー、湯豆腐。衣食住に冬と会話する

topbanner