島田律子オフィシャルブログ「Ritsuko Shimada Official Blog」Powered by Ameba









【SMILE BREW COMPANY】






https://www.smile-brew.com











【お問い合わせ】


info@smile-brew.com






■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□








島田律子


スマイル ブリュー カンパニー代表・


タレント・日本酒スタイリスト(日本酒造組合中央会認証)





日本航空(JAL)国際線CAとして5年半勤務後、タレント活動を始める。










2000年「きき酒師」(SSI)取得後、2001年 日本酒造組合中央会より「日本酒スタイリスト」に任命される。









地方創生をテーマにしたBSテレ東『都会を出て暮らそうよ BEYOND TOKYO』(毎週水曜 午後10:00~10:55)に準レギュラー出演中。










日本酒造組合中央会 認証「日本酒スタイリスト」










SSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会)理事



























1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

GI信濃大町認定酒お披露目セレモニー

先日、「GI信濃大町認定酒お披露目セレモニー」に参加させていただきました。





薄井商店、北安醸造、市野屋の3つの酒蔵からなる「GI信濃大町」





2021年には長野県産の日本酒がGI指定を受けているので、指定域内でさらに指定を受ける「2段階指定」となるのは全国初とのこと!

また、原料の米を大町市と隣接する長野県松川村の特定の水田および生産者が栽培した米に限る、などの厳しい条件を設けています。








 
詳しくはコチラをご覧ください!
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/hyoji/chiri/230630_nagano_besshi01.htm


薄井商店 薄井さん



長野県酒組合酒造会長 宮坂醸造 宮坂さん


長野県酒造組合副会長 豊島屋 林さん


 
「GI信濃大町」指定、おめでとうございます!
これからが本当に楽しみです!

酒蔵ツーリズム「鍋店」見学ツアー第3弾「鍋店のお酒と鰻を楽しむ会」編!

先日、2月10日に、千葉県を代表する酒蔵「鍋店」見学ツアーを企画しました。
何せ写真が多く、何回かに分けてアップしています。
 
先日、第1弾、「鍋店 神崎酒造蔵」、そして第2弾「成田山、佐原散策編」をアップしていますので、是非ご覧ください!
 
さて、第3弾は、「鍋店のお酒と鰻を楽しむ会」編です!
 
元禄2年 (1689 年 ) 鍋店は成田山新勝寺の門前に蔵を構え、酒造りを始めました。(現在は香取郡神崎町 に酒蔵を移し「仁勇・不動」を醸造しています)
 
成田といえば、古くから鰻の名店が建ち並ぶグルメスポットでもあります!
名店「菊屋」の!本店からほど近い、住所非公開の「離れ」にて、お酒の会を開催しました!


本店もよいですが、「離れ」の、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのうな、レトロで豪華な雰囲気は、また格別!
もちろん、鰻は絶品中の絶品!
そんな鰻のコースに合わせて、「鍋店」の「不動」シリーズを、堪能いたしました。
お腹いっぱい、お酒もいっぱいの、大満足なツアーとなりました!
 
その土地、背景、ストーリーを知ると、よりその日本酒の美味しさの理由が分かるもの。皆様も、酒蔵見学をされる際には、観光も是非楽しんでくださいね。
 
お世話になりました、鍋店 大塚さん、
菊屋の皆様、
そしてご一緒してくださいました皆様、ありがとうございました(^^😉
 

via SMILE BREW COMPANY
Your own website,
Ameba Ownd

酒蔵ツーリズム「鍋店」見学ツアー 第2弾「成田山、佐原散策編」

先日、2月10日に、千葉県を代表する酒蔵「鍋店」見学ツアーを企画しました。
何せ写真が多く、何回かに分けてアップしています。
 
先日、第一弾、「鍋店 神崎酒造蔵」見学編を投稿しましたので、是非ご覧ください。
 
そして、第二弾「成田山、佐原散策編」!
 
元禄2年 (1689 年 ) 鍋店は成田山新勝寺の門前に蔵を構え、酒造りを始めましたが、現在、佐原散策は、かつて関東灘と呼ばれた酒造りの盛んな町であった田園の広がる香取郡神崎町 に酒蔵を移し「仁勇・不動」を醸造しています。
 
そんな、鍋店ゆかりの「成田山」と、「神崎酒造蔵」にほど近い、日本遺産に認定されている「佐原」を散策しました!
 
成田山では、その歴史から、建築の素晴らしさ、市川團十郎の「成田屋~」秘話まで、
ガイドさんから説明を聞きながらお参り。

成田山新勝寺総門前の、鍋店がかつて蔵を構えていた場所には、蔵直営ショップ「鍋屋源五右衛門」があります。

参道の食べ歩きも楽しいもの!




 
そして佐原は、歴史的建築物をリノベーションしたレストランやショップも多く、正に「北総の小江戸」。小野川のほとりを歩いているだけで、まるで江戸時代にタイムトリップしたかのような気持ちになれます。
(今回は、滞在時間の関係で、舟めぐりや、伊能忠敬記念館の見学はできませんでしたので、
お楽しみは、またの機会に!)


 
酒蔵のある町を歩くと、何故ここに酒蔵があって、これだけの歴史を重ねているのか、何故こんなにもお酒が美味しいのか?よく理解できますね。
 
さて、お次は、お待ちかね、食と酒のグルメ編です(^^)

via SMILE BREW COMPANY
Your own website,
Ameba Ownd
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>