戊戌年 己未月 甲寅日 乙丑時

出向位:兌

静観か

介入か。

 

 

 

・・・

 

 

 

我が身は

旺相なれど、

 

 

 

処すべき

難多く、

 

 

 

狂おしいばかり。

 

 

 

・・・

 

 

 

道を開くと

陰に努めど、

 

 

 

実は得難く

捗らず。

 

 

 

・・・

 

 

 

用いるは

動ならず。

 

 

 

静観より

得る鬼策也。

 

 

 

・・・

 

 

 

今は進まず、

 

 

 

盤石を

期すべし。

 

 

 

 

 

 

--- 利貞堂

 

 

 

■ブログ読者さま限定


このブログを、

 

 

120%活用

するための

 

 

吉方位マニュアル配布中!

 

 

>>> 吉方位マニュアルお申し込み

>>> このブログの読者になる

戊戌年 己未月 癸丑日 乙卯時

出向位:兌

艱難

睨みて封ず。

 

 

 

・・・

 

 

 

明けては

夏の土用。

 

 

 

節の節目の

慌ただしき。

 

 

 

・・・

 

 

 

万象今は

噛み合わず。

 

 

 

朋友の

扶けを得て、

 

 

 

その場に止まる。

 

 

 

・・・

 

 

 

同朋一丸となり、

 

 

 

共に

歩むべき時

 

 

 

・・・

 

 

 

混沌とすれど、

 

 

 

対せば優位也。

 

 

 

 

 

 

--- 利貞堂

 

 

 

■ブログ読者さま限定


このブログを、

 

 

120%活用

するための

 

 

吉方位マニュアル配布中!

 

 

>>> 吉方位マニュアルお申し込み

>>> このブログの読者になる

戊戌年 己未月 壬子日 庚子時

出向位:乾

君子危うきに

近寄らず。

 

 

 

・・・

 

 

 

停滞の色出づる。

 

 

 

今は待つが吉。

 

 

 

急いては禍に

巻き込まる。

 

 

 

・・・

 

 

 

今は虚なれど、

 

 

 

扶け多き事

この上無し。

 

 

 

・・・

 

 

 

掛け違えたるは、

 

 

 

徐々に常軌を

取り戻す。

 

 

 

退いては

事を達観せよ。

 

 

 

 

 

 

--- 利貞堂

 

 

 

■ブログ読者さま限定


このブログを、

 

 

120%活用

するための

 

 

吉方位マニュアル配布中!

 

 

>>> 吉方位マニュアルお申し込み

>>> このブログの読者になる