本日をもって14期が終わります。

 

一年を通じて、

部署ごとに苦しい時期もありましたが、

通期全社予算を達成することができました。

難易度の高い目標でしたが、

その目標を達成するプロセスにおいて

私を含め非常に実りの多い一年だったと感じます。

 

現在グラストには

目標予算を追いかけているプロフィットチーム

(売上をつくるチーム)が

17チームから成り立っている会社になります。

これだけのチームが常に問題や課題なく

正常運転なんてことはあるわけもなく、

むしろ課題を抱えながら運営を余儀なくされます。

組織運営の中で、市場変化や規模にあわせて課題を見つけ、

適宜正常運転にもっていけるかは、

事業部長やマネージャーの腕の見せ所でもあります。

とくに急成長しているフェーズにおいては

かなりスピーディにPDCAを回す必要があり、

先手先手で動くことが重要です。

 

また、日々拡大する業績や組織に応じて

バックオフィスチームも本当によく頑張ってくれました。

過去に何度もパンクしてる反省を生かし、

未来を先読みし、極端な負荷が発生することなく、

正常にまわせる体制がようやく作れたと思います。

 

私が言うのもなんですが、同じグラストとは言え、

チームの成熟度やビジネスをする市場もバラバラの中で、

通期全社予算を達成できたのというのは

本当に素晴らしいことだと思います。

 

とはいえ、この14期は従来ほど攻めていません。

新たなエリアに進出してオフィスをつくったり、

新たな事業展開もしていません。

今期は既存事業に集中し、予算達成に応じた増員をしながら

管理職やプレイヤーの育成・教育、

規模に見合ったバックオフィスの体制作りに集中しました。

まだまだやるべきこと修正すべきところは山積みで、

来期も大筋その路線は変わらないでしょう。

 

売上の拡大や予算達成も大事ですが、

それ以上に人材創りや組織体制を構築し、

急成長しながらも、地に足をつけ、

バランスが整った会社創りを目指したいと思います。

 

現在ラグビーW杯が日本で開催されています。

先日、優勝候補であるアイルランドを撃破した日本代表。

試合後のインタビューでリーチマイケル主将が

こう言ってました。

『絶対に勝つと言うメンタリティが重要だった。やってきたことを信じて、みんなでやってきた。あと30分だけ喜んだら、次のサモア戦にフォーカスする。』

 

さ、30分だけだとさすがに短いので、、、

本日だけ予算達成とGRUSTの成長の余韻に浸り、

明日からは来期以降のさらなる会社創りに

フォーカスしたいと思います。

そして、やるべき目標や課題を必ずクリアするんだという

メンタリティを持って、15期に臨みたいと思います。

 

来期一年もGRUST一丸となって突き進みたいと思います。

 

毎年言ってますが、あっという間の2018年が終わろうとしています。首都圏オフィスメンバーの忘年会に参加してきました。

 

2018年。思い返せば、今年も攻めに攻めた一年でございました。地方拠点もいよいよ蒔いた種が花開き、業績も仲間も続々と増えてまいりました。いくつかの拠点を増床移転させ、さらに宮崎にてRPOセンターを設置して全社的な営業効率拡大を図りました。未来を見据えた新規事業の仕込みも行いました。2018年は人材不足がいよいよ顕在化した年でもあり、中小企業だけでなく大企業でさえも人材不足に悩まされる時代へと突入しました。当然人材業界への期待やニーズは高騰し、そんな需要に応えるために全国的に組織拡大を狙って採用活動も積極的に実施しました。急拡大の裏にはひずみあり。急成長する会社であればどこにでもあることですが、そのひずみを修正するために様々な社内施策や育成を実施してきました。至らないことも多々ありましたが、それでもこの1年はまずまずな1年だったと思います。

 

年末年始はこの1年をしっかり振り返り、来年さらなる組織を目指すためにじっくりこもって考えたいと思います。GRUSTのみんな、本当にお疲れ様でした!

最近めっきり映画などを見なくなりました。が、最近、経営者先輩方にオススメされたコレがとにかく面白くて止まりません。

 

一流のアスリートチームにシーズンを密着したドキュメンタリーです。(amazon prime会員なら無料でamazon prime videoで観れます。)つまり映画ではありません。これまでにNFLのカージナルズ、プレミアリーグのマンチェスターシティ、Rugbyニュージーランド代表のオールブラックス、を視聴。どれも脚本家が書いたドラマなんじゃないかと思うくらい面白い。どのチームも一流のチームであり、監督も選手も一流です。そんな一流の人たちが勝利に向かってチームとしてアプローチしていくその様はまさに組織マネジメントに通づるものが多数あり、観ていて色々考えさせられます。ビジネスでもアスリートでもプロの世界では徹底的に結果にこだわるのは当たり前であり、それは並大抵の努力を継続できるかどうかで変わるものだと改めて当たり前のこと思い知らされました。言い訳したり、自分にできないと決め込んでは何もなし得ないのはスポーツもビジネスも同じだと痛感させられます。当たり前ですがプロの世界は本当にシビア。これくらい緊張感ある環境をうちもつくったほうがいいのかな。笑

 

恒例の社員総会を開催致しました。改めて社員総会blogを読み返してみると、年々人が増え、会社がしっかり成長しているのを感じます。(過去社員総会はコチラから。)今回は全国から120名ほどが集まり(沖縄チームはまさかの台風により飛行機が飛ばずのSkype参加)、過去最高の熱量を感じた総会となりました。13期の結果と14期に向けて、私から経営方針をしっかりと伝えさせていただきました。

そしてこの1年の功労者を表彰するGRUST AWARD。事前にいろいろな憶測が飛び交う中、社員投票から選ばれたメンバーやチームが司会から発表されて登壇。年々競争が激しくなる中でもしっかり受賞を勝ち取ったメンバーのみなさん、本当におめでとう。

最初から最後まであっという間だった社員総会。来期も全社一丸となってお客様、求職者、そして仲間との信頼を積み上げて行きたいと思います。そして企画運営を担当したプロジェクトメンバーのみなさま、本当にお疲れ様でした。

 

Grow for Trust.

 

 

 

この度、宮崎に進出する運びとなりました。宮崎オフィスは営業所としてでではなく、当社のRPOセンター(Recruit Process Operationの略)として展開します。これにより全国各地のオフィス内で行なっていた間接業務が集約され、オフィスレベルでそれぞれの役割と業務範囲を再定義し、分業化することで、全社としての営業効率をあげていこうという試みでございます。表現が難しくなりましたが、要は顧客満足度や求職者満足度を高めるためにさらにイカした会社を目指しますよ、ということでございます。労働力不足と騒がれてますが、今後はさらに超売り手市場の時代に突入します。人材各社でも人材争奪戦が繰り広げられ、求職者へのリーチの速さが重要な局面になってきます。その差別化を図る意味も含めて、大きな舵を切りました。

また宮崎RPOセンターは宮崎での雇用を前提とし、地方雇用にも貢献しようという一石二鳥のプロジェクトとなります。立地調印式も無事終えて、宮崎県、宮崎市から誘致企業としての承認をいただきまして、無事宮崎市街に当社のRPOセンターオフィスを構えるに至りました。また、調印式当日は地元メディアの方々が当社グラストを多数とりあげていただき、地元の雇用拡大にかける熱い想いがひしひしと伝わってきました。

現在は宮崎市街に従業員募集を開始し、少しづつ仲間が増えております。年内中には数十名体制を構築できれば考えております。

当社の幹部中心に波乗りでお世話になった宮崎。微力ではありますが、少しでも宮崎の発展に貢献できればと思います。

お知らせになります。

 

http://grust.co.jp/news/2018/06/post-13.html

 

当社(本社:東京都渋谷区 代表取締役 井尾 晃宗)は、新たな営業拠点として、秋葉原オフィスを開設することとなりましたので、下記のとおりお知らせ致します。

これを機に、社員一同気持ちを新たに業務に精励し、サービスの向上に努めてまいる所存でありますので、何卒倍旧のご厚情を賜りますようお願い申し上げます。

 

 ■ 秋葉原オフィスの概要

   拠点名  : 株式会社グラスト 秋葉原オフィス

   所在地  : 東京都千代田区神田須田町2-25 

          山崎須田町ビル9F

   アクセス : JR各線「秋葉原」駅 徒歩5分 

          都営新宿線「岩本町」駅 徒歩5分

   連絡先  : TEL:03-5289-7705 FAX:03-5289-7706

   業務開始日: 平成30年6月1日(金)

 

※この度の秋葉原オフィスの開設により、平成30年6月1日現在の拠点数は合計14オフィスとなりました。

GRUSTはここ数年で社員数が増えてまいりました。社歴が浅い人が増えて、さらには過去の職歴、出身分野が多岐に渡る人材がGRUSTには集まってきています。そんな背景の中、最近では、マネージャー未満の役職となるサブマネージャーやリーダー陣が増えて、マネージャー未満とはいえマネジメント(部下育成)に携わるメンバーがどんどん増えてきました。上司からの一側面的な教育だけでは偏りや限界があると想い、改めて部下育成における必要な知識とハウトゥなどを横断的に共有することでぐいっと組織力をあげようと試みました。その企画こそがGRUST Academyです。

試行錯誤の結果、外部機関を一切使わず、私を含めた事業部長以上で講師陣を務め、自己啓発的なセミナーではなく、過去の失敗経験や実務に基づいて学んだこと、伝えたいことを自分たちの言葉でしっかり伝えきったつもりです。渋谷からバスをチャーターし、講師による講義、グループワーク、プレゼンテーションと、二泊三日(地方組は前入りいれて三泊四日)みっちり行い、しっかりと脳に汗をかいてもらったつもりです。宴はそんなプレッシャーから解放

されてかいつも以上に盛り上がった気がします。笑 今回の合宿を機に、GRUSTがまた一歩成長したことを期待してさらなる組織創りに励みたいと思います。

 

 

みなさま、

だいぶ遅くなりましたが、明けましておめでとうござます。例年のごとくあっという間に2017年が終わり、あっという間に2018年がはじまっています。

 

振り返ると人材マーケットは少子高齢化、労働人口の減少という煽りから売り手市場がますます加速しています。有効求人倍率は全国的に過去最高水準になっており、ついに北海道や沖縄県までもが一倍を超える水準に達しました。そんな市場背景から、我々のような人材ビジネスを営む企業の目的も少し変わってきているように思います。一昔前は求職者のために職を探す時代でしたが、今は企業の成長を加速させるため、各社の求人にどこまで応えられるか、求職者人材のスキル、ポテンシャルを見極めて適材適所に双方に提案していくことが、人材ビジネスの価値をあげていく鍵となっている気がします。この一年を振り返ってみましても格段に求人オファーをいただく機会が増えたと実感しています。一方でその全てになかなか応えれないのも事実であり、この需要供給のミスマッチはますます加速していくのだろうと踏んでいますそんな売り手市場の中でGRUSTとしてどこまで価値を見いだせるか、2018年はこの市場背景を活かして様々なチャレンジをしていきたいと考えています。

 

お正月は、例年通り人材ビジネスを取り巻く環境がどう変化していくか、そのために必要なインプットにひたすら集中していました。

少子高齢化、労働人口の減少は言うまでもなくこの先数十年に渡って加速していきます。さらには働き方改革などの推進、AI(人工知能)の登場により、日本の労働環境は劇的に変化していくように思います。先々を見据えてイマをどう動くかでGRUSTの未来は大きく変わるのは間違いありません。そう願って、この2018年も今まで以上に目線をあげて果敢にチャレンジをしていきたい、そして仲間と共にその時間を楽しみたいと思います。2018年も宜しくお願い致します。

 

※画像は2017年の本社チーム忘年会

 

 

 

いよいよ今日から12月にはいりました。先月になりますが、今年も行ってきました、恒例の宮崎秋季合宿。事業がスケールフェーズを迎え、難題が待ち受けているであろう担当事業部長を引き連れて、今年も行ってきました。爆速で事業スケールをコンプリートする為に、これから生じるであろう必要なタスクの洗い出しを行い、予測される事業リスクやマネジメントリスクに備えたリスクヘッジを捻出し、想定される未来のリスクを徹底して潰してきました。ドラゴンボール風に分かりやすく言えば、我々は宮崎という精神と時の部屋にはいった感じです。(古いかw)

気のせいか、帰りの羽田空港に降り立った時は戦闘力が何倍も強くなって戻ってきた感じがします。2017年も残りの期間僅か。当社13期の1Q最終月。終わりよければ全て良し。終わりよければ次の始まりも良し。良いことづくめになるかは自分たち次第。良い形で締めくくれるよう残り1ヶ月を突っ走りたいと思います。

怒涛の打ち合わせの合間は宮崎の海でリフレッシュ。カチコチに固まった頭を海でほぐしてまた陸に戻る、そんな宮崎は今回も最高でした。頭も体も疲労マックスです。また東京に戻ってしっかり消化し、さらに強くなる為に戻ってきます。

は、腹〜!!!www

当社(本社:東京都渋谷区 代表取締役 井尾 晃宗)は、業務拡大を図るため、新宿営業所を移転することとなりましたので、下記のとおりお知らせ致します。

これを機に、社員一同気持ちを新たに業務に精励し、サービスの向上に努めてまいる所存でありますので、何卒倍旧のご厚情を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 ■ 新宿営業所の概要

   拠点名  : 株式会社グラスト 新宿営業所

   所在地  : 東京都新宿区西新宿3-2-27 オーチュー第7ビル6F

   アクセス : JR山手線「新宿」駅 徒歩8分 都営大江戸線「都庁前」駅 徒歩7分

   連絡先  : TEL:03-5909-5952 FAX:03-5909-5953

   業務開始日: 平成29年11月6日(月)