みなさまどうも、かがえもんです♪



なんといま!かがえもんは函館に旅行に来ています!

そして以下に函館での面白いお話を一つ♪


かがえもん「はーるばるーきたぜ!はーこだてー!

さて、お昼は海鮮が食べたいわねえ。」



友人「かがえもん、そこの朝市のお店に入ろう。」

もぐもぐもぐもぐ

お味は……うん!まぁまぁ!

そして次の行き先を考えていると……


お店のお兄さん「今からどこに行くんだい?」



友人「今から五稜郭に行くんですよ、でも五稜郭タワーが低くて全貌見えないから困ったなーって。
あとは美味しいお寿司を食べたいなと。」


店のお兄さん「五稜郭タワーが低い?いやいや高いよ!全貌見えるよ!


お姉さん、情報書き換え無いと!

もう立て替えて結構経つよ!

そしてお寿司なら◯◯◯◯◯◯だね!あそこのお寿司は、美味しいよ!」


かがえもんは、この【情報書き換え無いと!】と言うフレーズがツボに入って気に入りました。
 

その後、五稜郭タワーに登り、五稜郭内も散策し、お兄さんに言われたお寿司屋さんに行きました。



そして順番待ちをし呼び出しされました。

「2名でお待ちの、かがえもんさま、お席が空きましたのでご案内します。」


そして、ここからが悲劇の始まりでした……


友人「あのー…………席に海苔が落ちているので拭くものを貸して貰えませんか?」


パッパ(席にある海苔を手で払っただけ。

店員 「どうぞ。」

友人「いえ、拭くものを貸して下さい。」

無視してどこかへ行く店員。

他の店員に拭くものを借りて席に座る友人。


あまりの無礼に頭が瞬間沸騰する、かがえもん。

「もういいから帰ろう」

と言うと、人間が出来ている友人は

「いやいや、とりあえず食べようよ」と言いました。


そしてタッチパネルで注文したけれど、なかなか来ない注文品…

仕方なしに回ってる品を取って食べてみると……


「お値段の割には大したことない……」

という意見で一致……

そして、かなり後から入ってきた隣の席の注文品が先に出てくると言う、もはや意味不明な状況に……

(注文時刻が出るタッチパネルだったので時間を見ると注文から十数分こちらの商品は来ず、隣の席の注文品は3分以内で来ました。



友人に、ここはもう出ましょうと確認を取りお会計に。

「商品10分以上来ないので、キャンセルでお会計お願いします。」

と言った直後に商品を出されましたが……


その出された商品を遮るように手を出し言い放ちます!

「もう結構です。」

激おこぷんぷん丸と化した、かがえもん!

しかし、もういい大人(多分)なので、これ以上、事を荒げずに帰ろうとしました。

すると友人は人間が出来過ぎていて

「すいません」と謝るので、

「いやいや、謝らなくていいよ。こっちが謝って貰う側だよ。」

と、レジで言いましたが、それを聞いても、謝罪の言葉を言わない店員にびっくりでした。


はい、では壮大な前振りでしたが、言いたいことを書きます!


この、お寿司屋さんを教えてくれた、お兄さんに言いたいことがあります!



「教えて貰ったお寿司屋さん、全然ダメだったよ!」


「情報書き換え無いと!」


と……!今回は以上です!