当院は★生活習慣病にも対応した地域で唯一の<予防整体院>です。 



オーダーメイドの施術で自然治癒力を高める根本療法をご提供致します。

 



所沢の整体院”リラクゼーションルームCore-コア-”公式ウェブサイトは→こちら

 

 

 

平日は朝10時~夜8時まで(お昼休み12時45分から14時まで)、

土・日曜はお昼12時~夜8時まで(お昼休みなし)とさせて頂きます。

*共に最終受付は午後7時迄。

 

 

 

8月に入り梅雨明けと共に、これから流れが大きく反転していくと思います。

 

 

昨夜、先週好調だったビットコインが崩落し、今月は日経平均株価が大きく動き出しそうです。

 

 

7月後半は仮想通貨と流れが大きく反転して大幅に落ち込みましたが、これから8月のキーワードは2つの山です。

 

 

山があるということは谷もある訳ですが、まずは週明けの本日の市場に注目です!

 

 

最近、本業からかけ離れる話題が多かったですが、今日は身体のことを書きます。

 

 

ただ、地球温暖化 ⇒ 寒冷化に向けての対策なので、根本的には同じ流れだと思ってください。

 

 

メディアはいまだ隠し続けていますが、早ければ9月後半に何か目に見える形で現れてくると思いますので、もうこの寒冷化は地球上にいる限り避けて通ることができません。

 

 

むしろ、従来の大企業中心の温暖化ビジネスは軒並み崩壊してくると思うので、乗り換えるなら速い方が身のためです。

 

 

まずは、自分の健康を最優先にして身を守ってください。

 

 

あくまで個人的な予測ですが、

 

従来の温暖化対策 = 筋トレ、ダイエット、体を伸ばすストレッチ

 

これからの寒冷化対策 = 食糧不足により基礎代謝を温存しなければ生きて行けない(必要最低限の活動量に抑えるため、筋トレやダイエットは命取りになる危険性あり)、体温を温存するために血管を必要以上に伸ばすストレッチも危険(伸ばすよりも圧をかけるストレッチへの転換)

 

 

野生動物の様にうつ伏せで寝たり、お腹に圧をかける座り方が理想です。

 

 

ハンモックでゆらゆらリラックスするのもお勧めです!

 

 

まず、基礎代謝を上げ過ぎると寿命が短くなるので要注意です。

 

 

マラソンの創始者も50代で亡くなっていますし、激しい筋トレなどで心拍数を上げるほど呼吸も速くなり、無駄に基礎代謝が上がってしまい、内臓が疲弊して長生きできなくなってしまいます。

 

 

そもそも、筋トレブームというのは地球温暖化の時代だからこそできたものと言え、日ごろから真面目に家事や職場で体を使っていれば、トレーニングそのものはそこまで必要ないものと当院では考えています。

 

 

しかも、そのほとんどが軸を意識せずに体に負荷をかけているため、腰痛などの怪我が多いのが現状です。

 

 

さらに、現在はマスク着用で筋トレやRUNを行っている人も多く、真夏の時期は脱水や熱中症に注意してください。

 

 

ダイエットで必要以上に脂肪を燃焼させるのも、これから寒冷化していくため命取りとなってしまいます。

 

 

カロリー計算など意味がなく、ゼロカロリー食品は薬と同じで化学物質なため、食べても体内で消費されないからゼロに過ぎず、長期の服用はかえって健康を害する危険性があります。

 

 

腕立てなどの筋トレよりも、むしろ真面目に家事をやっている方が消費カロリーが高いことからも、一般人がそこまで筋トレをやる必要性があるのか、これから寒冷化していく地球で大いなる疑問です。

 

 

さらに、人間の体温が1℃下がると免疫力が30%も下がるため、下手するとこれから風邪で亡くなる人も増えてくる危険性があります。

 

 

内臓脂肪は病気の要因になりますが、皮下脂肪は外気の冷えから体を守ってくれるため必要不可欠です。

 

 

脂肪を内臓にではなく皮下脂肪にするためには、とにかくお腹に圧をかけて日ごろから圧迫する習慣を作ることです。

 

日本人の内臓脂肪の付きやすい要因 ⇒ なぜ日本人は内臓脂肪が付きやすいのか?

 

 

日本人は従来の姿勢教育などにより、背筋を伸ばし胸を張る不自然な姿勢を幼少期から強いられてきた  ← 内臓脂肪がつきやすい

 

胸腔、腹腔を拡げるために、過剰なスペースが生まれ、そこに脂肪がたまるからです。

 

身体は細いのにお腹がぽっこり出ている人は、内臓に原因があってむくんでいる可能性があります。(夜に水商売をやっている若い女性に多い。)

 

内臓にむくみがあって放置していると循環不良を起こし、痛みを感じやすい身体になってしまいます。

 

欧米人は、背中が丸く腹腔、胸腔を潰しているので、内臓間にスペースがなく、内臓脂肪が増える容積がありません。

 

だから、大食で糖や脂肪の多い欧米食を食べても内臓脂肪はつかずに、外脂肪が付きます。

 

内脂肪は、外脂肪に比べ健康のために最悪と言われています。

 

内脂肪は内臓の動きを妨げ、血管に直接脂肪を吸収します。

 

内脂肪が多いと、癌、アルツハイマー、心筋梗塞、脳梗塞に罹りやすくなるそうです。

 

日本食は世界最高に健康のために良いですが、最悪の食事をする欧米人より、病気になりやすいのはそのためです。

 

当院のヨガの姿勢で、伸ばすよりも圧をかけて内臓を活性化しましょう!

 

小まめな水分・ミネラル補給も忘れずに!

 

 

 

ヨガの本来の目的は、身体を柔らかくするよりも、全身呼吸(正しい呼吸法)によって肺全体に酸素を深く取り入れることの方が重要です。

 

 

内臓ヨガ教室に参加して頂いた方々の声♪

 

*身体がリセットされて生き返りました!

*酸素がこんなに美味しいと初めて実感しました♪

*全身の動きが滑らかになってスッキリ!

*軸が整って、体がブレなくなりました♪

 

 

☆内臓ヨガ教室のお申込みは、現在満員となりましたので締め切らせて頂きます。

 

内臓ヨガについて

 

 

 

 

 

所沢の整体院「リラクゼーションルームCore-コア-」
04-2946-4150(よいコア) *予約優先