佐賀市の子供英会話教室リップリーズイングリッシュスクールのブログ

佐賀市の子供英会話教室リップリーズイングリッシュスクールのブログ

アメリカ人の旦那様と二人三脚で頑張る佐賀市にある子供向け英会話スクールです。
スクールでの日々の出来事や英会話に役立つさまざまな情報、
またアメリカでの経験など随時お伝えしていきます♪

昨年からプライベートで教えている中学3年生の女の子。

 

リップリーズに来られたきっかけが、英語が嫌いになりかけていたお嬢様を心配されたお母様が成績なんて気にしなくていいから、とにかく英語を楽しいと思えるようになってほしいということからでした。

 

それまでは学習塾のほうで英語を習われていたのですが、どんどん英語嫌いになっていくお嬢様を見てリップリーズにお問い合わせをして下さいました。

 

入会された当初はとてもまじめで、きちんとされた生徒様ではあったのですが、私たちから見ても英語に興味がない、というよりあまり好きではないということが感じられ、私もTimさんもこれは何とかせねばと思い、塾のような英語学習ではなく、アメリカのテキストのみを使って自然な英語を教えることを徹底することにしました。

 

アメリカの小学生向けのテキストでも、日本人には大人でも難しい内容ではあるのですが、とても分かりやすく作ってあり、またすべての説明文が英語ということ、また出てくる内容でアメリカの文化を感じ取れることで、彼女は楽しみながらレッスンをいつも受けてくれていました。

もちろん、たまには疲れていたりする日もあり、そういう日は無理に難しい内容のレッスンはせずアートが好きな彼女と一緒に絵を描いたり、工作をしてみたりと、息抜きも取り入れながらこの2年近くレッスンをさせてもらってきました。

 

そして、ここ数か月の彼女はレッスン中の短い間でも英語が好きになっているということが感じ取れ、毎回どんどん質問をしてくれ、宿題も毎回とても丁寧に時間をかけていたり、学校のテストの結果がでたら自らテストを持ってきて、分からないところを質問してくるなど、まるで別人のようになっていました。

 

やはり、そのやる気が学校の成績にも表れてるようで、学校の先生からは英語が伸びたと褒められたとのことで本当に私もTimさんも誇らしく思います。

 

そして、先日彼女はこんなことを言ってくれました。

 

「先生、私海外に住みたいんです。だから英語頑張りたいんです。」

 

「私、アメリカでアートの勉強をしたいんです。」

 

これを聞いた瞬間、私は嬉しさのあまり鳥肌が立ってしまいました。ラブ

 

2年前に入会されたときは、英語が嫌いで、アメリカなんてまったく興味がないようだった彼女が、今は将来アメリカに行ってずっと好きだったアートの勉強をしたいという明確な目標を持つようになったこと。

 

英語が好きになっただけじゃなく、自分が将来やりたいと思えることが出来たこと。

 

それを、私たちに語ってくれたこと。

 

もう全てが嬉しかったです。

 

将来の夢を話してくれた彼女を見たとき、一瞬私自身が15歳だった時のことを思い出してなんだか、涙が出そうになってしまいました。笑い泣き

 

最近私がつくづく感じる事。

 

英語の習得に欠かせないもの。

 

英語の習得が楽になる方法。

 

それって、やっぱり英語を好きと思えることが何よりも一番大事なことではないのかなぁと。

 

週一回のレッスンでも、年齢が若い子供たちはどんどん英語を習得してくれてるのですが、もっともっと単語を覚えようとしたとき、もっともっとスペルを覚えようとしたとき、もっともっとリスニングを伸ばそうと思ったとき、それはやはりお家でどれだけ自らがその学習に取り組んでいるかにかかってくると思います。

 

子供たちが自ら進んで英語の勉強したいと思えるようにしてあげれることが、やはり私たち講師の仕事ではないかと感じています。