なんとなく






毎日が過ぎて行くことは





幸せということで





とても良いのですが





欲張りな私はいつも






ふとした瞬間に






この時間までどんないいことが自分に起こったか。





を、探します。






ちょっとした習慣のような





趣味のような。









今日のわたしは






朝起きて






○つばめの巣を発見したこと。

○昨日取ったカツオ節のお出汁で、モロヘイヤのスープを作ったら、とても美味しかったこと。

○仕事部屋に向かう道すがら、雨が上がってとても爽やかで新鮮な風にあたり、青空を見れたこと。


などです。





仕事中も





お客様と話していれば





何個もいいこと、いい時間があります。





なんで、こんな事が趣味になっているかというと





凄く心が軽くなるからです。





ただ過ぎて行く時間の中には





本当はいくつもの「幸せのカプセル」が浮遊しています。






私はそれをパカっと開けるという感じです。







そうすると






あたりはとても明るくなり






とっても綺麗な世界に映ります。






この幸福感を得られるのと






心の中の汚れみたいなものが





無くなって行きます。





これが癖になって今に至ります。





前を見ることは勿論大事なことですが






下にも後ろにも横にも







幸せを運んでくれるものは







沢山あります。







抱えきれないほど、沢山です。






皆様もよかったら、やってみてください。







というわけで







今日も楽しく参ります。