閉鎖病棟より2

テーマ:


「話なんかわかんないんだから」

「何度もしつこく話すんじゃないよ」


ほかの患者さんや看護師さんから、冷たくあしらわれて、しゅんと小さくなった患者さん。


恐らくは幻聴と会話をしてることが多く、自分から話しかけてきても、脈絡もないし、ある単語の繰り返しだったりする。


でも、こちらからの簡単な問いかけには正確に答えてくれるし、楽しそうに話す。(もちろん聞き取るのも難解だけど)


今朝は、そんな彼女をストレッチに誘いました。二人組になるやつです。


なんとか説明して、何種類かやった。


彼女はたぶん、現実の会話をしてるとき、幻聴と必死に聞き分けている。


そして、現実の会話ができると楽しいんだ…


だから、話したがってる。


だから、少しでも話せたことに、わたしも、きっと彼女も、嬉しかったはずです…。


また、
昨日は、閉鎖病棟に昭和の曲が響きました。テレビの番組です。

その一時間だけ、楽しそうなみんなの顔が見れました。


わたしは、他に見たい番組があったけど、それより、みんなが少し楽しそうにしているのが見れて嬉しかった。


声にならない声。

歌にならない歌。

幻聴と幻覚がありながらも(おそらく)、テレビの音に耳を傾ける姿。


昨日はそんな夜でした。


明日は週に一回の、わたしははじめての回診日です……


閉鎖病棟より

テーマ:


疲れました……


回診はまだ一度も来ていません。


会話が微妙な患者さんの話を聞いてあげたりしています。


本音は看護婦には言えません。


もし言えば、なんでも病気の症状にとられてしまいますしょぼん怖い場所です……


最初の数日で、症状がないのに、聞き出そうとしたり、無理矢理なにかの症状に結びつけ、薬をすすめられてしまったので、かなり警戒してますしょぼんしょぼんしょぼん


ここで心休まることはありません…


会話ができるおばあちゃんも、悲しい身の上話ばかりだしガーンあせる


みんな、
「生きてる実感がない、生かされてるだけだ」そう言っています……


家族にも見放され、食事も5分でかっこむだけ……


ここはそんな場所です…


わたしが笑顔で話していて、喜んでくれる人もいます。


でも、
本当に悲しみに満ちた場所です。


たった2、30mだけの廊下だけが人生という、悲しい顔をした人たちです。


いろんな意味で、ここにいるのは辛すぎます…


いつまでここにいなければならないのか…


1ヶ月は安静、
3、4ヶ月は入院………


そんなの、耐えきれないしょぼんしょぼん


ただ、おばあちゃんらの肩を抱いてあげたる毎日です………