北方4島は、どこの領土だろうか。

 

日本政府は、日本の固有の領土だと言う。

 

ロシア側の認識は、

第二次大戦の結果、ソ連に与えられたもの。

日本は敗戦国として受け入れた。

固有の領土を放棄した。

 

終戦時にソ連とアメリカの交渉が明白な証拠。

電報が残っているという。

ソ連のスターリンは、北海道の北半分を求めた。

アメリカは反発し、代わりに北方4島の領有を認めた。

 

これらの外交交渉は、アメリカの外交資料をもとに研究した本

長谷川毅氏著「暗闘」にも書かれている。

 

北海道の分割を嫌い、

北方4島をソ連に渡したのはアメリカです。

 

その後、冷戦状態激化で、

アメリカの立場が変わった。

 

アメリカの外交方針は、

日本とソ連の接近を認めない方向に変化。

 

1956年鳩山内閣、

重光外相がダレス国務長官と会合した。

https://www.sankei.com/world/news/171220/wor1712200033-n1.html

 

日本はソ連に対して、

「2島の返還を前提」に友好条約を締結したいと告げたが、

ダレスさんは受け付けず。

ソ連に対して4島の返還を求めない限り、

沖縄返還はないと、条件を突きつけた。

 

アメリカは沖縄返還を条件にしつつ、

日本とソ連の仲たがいを意図したのでしょう。

 

1956年以降、

日本外交は、4島返還なくして、平和条約締結はない。

という方針を堅持することになった。

 

上記は大前研一さんのメルマガを参考にしている。

 

長谷川毅氏著「暗闘」については下記の読書感想が参考になる。

https://plaza.rakuten.co.jp/ryu32/diary/200609180000/

 

日本の降伏は、

アメリカの原爆以上に、

ソ連の参戦が大きいようです。

8月22日に北海道上陸が決まっていたようです。

それが、できなかった見返りが満州軍のシベリア抑留となったようです。