発泡スチロールカット・加工・ 造形のハヤシダ

 

こんにちは。

株式会社ハヤシダです。

 

今回はSD溶剤で溶けないものをご説明いたします。

 

 

 

上記の記事にてご説明した3種類のポリスチレン以外は溶けません!

 

 

今回ご説明するのは溶けないものといっても、

 

発泡スチロールに似ているけれど溶けないものをご説明させていただきます。

 

 

 

 

発泡スチロールに似ているからといってドラム缶にポイ!

 

・・・でもそれは溶けません。

 

ドラム缶に入れる前に表記をよくご確認の上、ポイしていただくようお願い申し上げます。

 

 

 

SD溶剤で溶けないもの

 

EPE(Expanded Polyethyrene)

↳発泡ポリエチレン

よく似ております。

気を付けてください。これは溶けません。

例:ビート板など

 

 

 

PU(Polyurethane)

↳ポリウレタン

こちらもよく似ていますが溶けません。

例:スポンジなど

 

 

 

PP(Polypropylene)

↳ポリプロピレン

用途もEPSと非常に似ておりますが、溶けません。

例:緩衝材など(画像はマシュマロですが、、、)

 

 

 

以上、お間違いのないようSD溶剤をご使用くださいませ目

 

ご一読いただき、誠にありがとうございますお願い

 

 

 

こんにちは。

株式会社ハヤシダです。

今回はSD溶剤で溶けるものをご説明いたします。

 

その前に・・・

 

一般的に発泡スチロールとよばれているものには、

製法・用途の異なる3種類のものがあります。

 

弊社のSD溶剤は、3種類の発泡スチロールをポリスチレンのみ減容することによって

効率よく回収することを目的としたリサイクルシステムなのです拍手

 

断熱材や畳の芯などに使用されている臭素系難燃剤を含有した発泡スチロールも

再資源化することができます。

 

前置きが長くなってしまいました。

 

さて、題名の通りSD溶剤溶けるものについてです。

 

 

SD溶剤で溶けるもの

EPS(Expanded Polystyrene) 

↳ビーズ法発泡スチロールと呼ばれるもの

主に農水産容器や緩衝材に用いられています。

  

みなさんのよく知る発泡スチロールです。

 

 

PSP(Polystyrene Paper)

↳ポリスチレンペーパー

食品トレーに多く使われています。

これもそう、よく見るあれです。

 

 

XPS(Extruded Polystyrene)

↳押出ポリスチレン

断熱建材(スタイロフォーム)や畳の芯に多く使われています。

 

あまり目にすることはないかもしれません。

でも周りにたくさんある縁の下の力持ちというやつです目

 

 

以上がSD溶剤で溶けるものです。

 

別投稿にて溶けないものをご説明いたします。

 

ご一読いただき、誠にありがとうございますお願い

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

株式会社ハヤシダです。

 

今回はSD溶剤についてよくあるご質問をご紹介します。

 

◆値段は?

  ↳送料込みの商品代金となります。

   地域ごとに違いますのでHPにてご確認ください。

   

 

 

 

◆溶ける速度は?

  ↳正確な計測はできかねますが、

   使用開始直後であれば30㎤の大きさで夏は2分、冬は5分ほどです。

   気温が高いほうがよく溶け、逆に気温が低いと溶解速度は遅くなります。

   

◆どのくらい溶ける?

  ↳こちらも正確な計測はできかねますが、

   30ℓドラム缶で約3立米(軽トラック1台分)

   70ℓドラム缶で約7立米(2トンロング1台分)

   100ℓドラム缶で約10立米(4トントラック1台分)が目安となっております。

   ただし、硬質EPSの場合およそその半分の量となります。

 

◆納期はどのくらい?

  ↳在庫状況によりますが1週間~10日ほどいただいております。

 

◆危険物?

  ↳摘要法令上は第4類第2石油類(非水溶性液体)になります。

   発火点は413℃となっております。

   爆発を伴うような劇物ではなく灯油に似ているものです。

 

◆安全上気を付けることは?

  ↳肌についても問題はございませんが、すぐに洗い流してください。

 

◆保管場所は?

  ↳直射日光を避け、風通しの良い冷暗所に保管してください。

   第2危険物のうちの引火性固体との同時保管は禁止されています。

   保管場所は火気厳禁です。

 

   

◆購入に資格は必要?

  ↳特にございません。

   ただし200ℓ以上保管する場合は消防署等に届け出が必要となります。

 

 

◆マニフェストは交付できる?

  ↳産業廃棄物ではないのでマニフェストはありません。

 

◆リサイクル料金はどのくらい戻る?

  ↳30ℓドラム缶で約200円

   70ℓドラム缶で約300円

   100ℓドラム缶で約400円となります。

   お振込み手数料はお客様ご負担となっております。

 

 

◆SD溶剤が欲しい! 

  ↳ぜひこちらからご注文くださいませ~拍手

 

 

 

 

以上、よくあるご質問でございます。

ご一読いただき、誠にありがとうございますお願い

 

 

 

こんにちは。

株式会社ハヤシダです。

 

今回は発泡スチロールを溶かすSD溶剤の使い方についてお話します。

 

 

※弊社ではSD溶剤はドラム缶にてお届けしておりますトラック

 

 

SD溶剤ご使用方法

発泡スチロールに付着したゴミなどを取り除き、ドラム缶の中にそのままお入れします。

 以上!拍手

 

 特に特別な作業はございません!

 できる限り小さく砕いて入れていただくと溶解時間の短縮になります

 

発泡スチロールが溶けなくなってしまったとき  

上澄み液もなくなり、発泡スチロールを入れて1日置いても溶けなくなった時が交換時期です

 

1)弊社ホームページより回収のご依頼をお願いいたします。

  ↳ http://hayashida-ltd.net/sd/mail2.html

  ※追加購入ご希望であれば回収のご依頼と同時にご注文お願いいたします。

 

 

2)契約している回収業者が回収に伺いますのでドラム缶ごとお渡しください。

 

3)後日、リサイクル料を口座振り込みにてお支払いいたします。

 

大まかな流れをご説説明させていただきました。

何かご不明な点ございましたらお気軽にご連絡くださいませキラキラ

 

 

株式会社ハヤシダです。

 

現在、サーバーがダウンしており、HPが表示されておりません。

復旧まで1週間程度かかりますので、お問い合わせの際は

 

メールまたはお電話にてご連絡いただきますようよろしくお願いいたします。

 

ご迷惑おかけいたしますが、何卒よろしくお願い致します。

 

お電話はこちら:TEL

メールはこちら:MAIL

 

発泡スチロール加工・カット・造形の 株式会社ハヤシダ
■会社概要 : HP ■スチロール処理 : リサイクル溶剤販売HP ◼︎ネットSHOP : 発泡スチロール板通販.com ■制作写真一覧 :  Facebookpage ■SNS Instagram ■SNS Twitter