特定社会保険労務士のrincoです。

お盆休みの方は、じっくり勉強ができる貴重な時間です(^^)/

ファイトです!!

 

*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

さてさて、社労士試験のお勉強です♪

時間のある方は解いてみてください。

厚生労働白書から「女性・若者・障害者」についての問題です。

出題される可能性は低いかもしれませんが、頭の片隅に置いておいてください。

 

1 女性の職業生活における活躍を一層推進するため、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(「女性活躍推進法」という。)に基づき、一般事業主行動計画の策定等が義務付けられている常用労働者数【A】人以上の事業主について、必要な助言を行うこと等により、法に基づく取組みの実効性確保を図っている。

2 若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況などが優良な中小企業について、若者雇用促進法に基づき厚生労働大臣が「【B】」として認定する制度を2015(平成27)年10月に創設した。認定企業の情報発信を後押しすること等により、若者の雇用管理が優良な中小企業と若者のマッチングを強化し、若者の適職選択と企業が求める人材の円滑な採用を支援している。

3 我が国における障害者施策については、「障害者基本法」(昭和45年法律第84号)、同法に基づく障害者基本計画等に沿って、障害者の自立及び社会参加の支援等のための施策の総合的かつ計画的な推進がなされているところであり、その基本的な考え方は、全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に【C】を尊重し合いながら【D「自存」・「共生」】する社会を実現することである。 

 

解答は最後にあります。

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

先日の地域交流会で、類似条文の交通整理ができないというお悩みがありました。

 

各科目の類似条文を横並びにして、比較しながら確認するのが一番効率の良い勉強方法だと思います。

が、複数のテキストを並べるのは場所も取るし大変ですね(^^;

 

直前期になると、各予備校で横断整理本が出されますので、これを活用してみてください。

キーワードとなる語句に其々マーカーをして、目につくようにするのもいいかと思います。

そして、写真を撮るイメージで、頭の中に焼き付けてください。

 

私の勉強方法は、テキストや過去問に間違えてしまいそうな法律と語句をメモしていました。

よく間違えてしまうものは、大きな付箋にメモしておき、いつでも確認できるようにメモを持ち歩いていました。

今だったら、スマホにメモを保存しておいて、ふとした時に確認する、というのも隙間時間の有効活用になりますね☆

 

この時期は、新たな知識を取り入れるよりも、基本的なことを覚えているか、理解しているかの確認作業です。

 

残り2週間です!!頑張ってください!!

 

明るい未来を信じて、やるしかない!!

【解答】

A 301          令和3年度 厚生労働白書P258

B ユースエール認定企業       〃      P263

C 人格と個性            〃      P267

D 共生               〃