先日東京のマレーシア大使館にお客様のコーリングビザ取得の申請に行った話を書きました。
受領日は翌日午後3時からだったのですが、その日の午前中に行った高校見学が想像以上に長くかかり、渋谷に出るにはギリギリになってしまったので断念。月曜日に予定していましたが別件で恵比寿へ行く用事が今日となり、バス代電車代が結構バカにならない日本、両方一緒に済ませることにしました。なので受け取りに行ったのは今日。

ご家族4名分のコーリングビザがほしかったのですが、プトラジャヤの観光省内移民局でコーリングビザレターの申請をした時にお子さんのうちの一人のパスポートが更新中でしたので、このお子さんのコーリングビザレターが取得できませんでした。正確には、このお子さんの更新前のパスポートの残存期間が6ヶ月以上あれば、新しいのを申請中であろうがあるまいが関係なかったのです。コーリングビザレターが出なかったのは、その時点で有効なパスポートの残存期間が6ヶ月なかったことが原因でした。

マレーシア大使館では4名全ての名の記載がある仮承認レターのコピーを提示し事情説明し、一度出たコーリングビザレターの再発行はできないというプトラジャヤでの説明をそのまま伝え、かな〜り粘っていろいろ話した挙句、最終的にはタイミング良くカウンターに出ていらした領事さんに係の方が確認して下さって、実は彼女と私とでは理解の仕方に違いがあったのですが(彼女は「あるものでやるように」という領事さんの言葉を肯定的に受け止めて下さり、私は「あるもので、ということなら仮承認レターはコピーなので受け付けられないだろう」と思ったのでした。)コーリングビザレターのないお子さんの分も受け付けて下さったのでした。

もともとパスポートの残存期間が6ヶ月以上ないとコーリングビザレターが発行されないことを知らなかったのは私のミスでしたので挽回できて良かったです。コーリングビザレターは一度しか発行してもらえないそうですし、発行から3ヶ月という有効期限もありますので注意が必要です。

これで皆さんJPビザRM500の支払いが不要になります。合計RM2,000ですから円だと5万円弱ですね?マレーシア航空でマレーシア一往復分くらいではありませんか?^^
AD