自分の意思を伝える

テーマ:
こんばんは!ゆうこですおすましペガサス



「あえてやらない」ことと繋がる今の私の課題は、
「自分の意思を伝える」ことです。



自分の意見は割と言える方ですが、
相手にとってネガティブなことや
相手への反対意見など
相手が残念な思いになるであろうことで、
場の空気や相手の気持ちを考えすぎて、
何なら丸く収めようとして、
自分の気持ちを押し殺して言わなかったり
受け入れてしまったり。



時に「私がこう言ったら、相手はこういう気持ちになるだろう」
ということが分かりすぎてしまうので、
余計に気を遣ってしまったり。



それは優しさでもあるけれど、
自分を押し殺してまでやってしまうと
相手には優しく出来たとしても、
肝心の大切な自分への優しさが蔑ろになってしまいます。



「丸く収める」ことと「調和」はイコールではありません。



だから、自分が疲弊するような、
命を削るような選択をやめて、
「バランスを取る」。

相手の顔色を見て決断したり妥協するなど、
他人軸で自分の行動を決めるのではなく、
自分軸で「自分中心の配慮」で、
自分の意思を伝えて交渉する。



相手のことを考えすぎず、相手が何を言っても、
まずは自分の意思をブレることなく伝えること。

その時に相手がどう思うか、どう動くかは相手次第なので、そこは相手に委ねる。

そうして、妥協点が見つかるかもしれないし、はたまた決別となるかもしれない。



でも、決して自分の気持ちを蔑ろにしない。
そして、ブレない。
それが自分を大切にするということであり、
「自己表現」でもあります。



そうして、自分を大切にしながら、
周りも大切に扱っていく。
それが「調和」。



私は私を大切にしたい。
だから恐れず「自己表現」をしていきます!