『夢の為の一歩 -Life A Walk- 』

テーマ:

ブログがかなり久々の投稿になってしましました💦

 

最近はかなりバタバタな日常でしたが・・・

先週末にFIA-F4 Japanese Championship 2018が岡山国際サーキットで開幕しましたビックリマーク

 

今回の記事では、2018年の体制発表と開幕戦のレースウィークを振り返ってみたいと思います爆  笑

 

 

まず、僕の2018シーズンの参戦カテゴリーはこのブログのタイトルにもあるように、FIA-F4 Japanese Championshipに全戦参戦致します!!

 

そしてメインスポンサー様は高級カーコーティングシャンプーをメインに販売する「SPASHAN」ブランドをプロデュースしたスーパースポーツコレクション様。さらにチームはそのメインスポンサー様のブランドを背負った『SPASHAN with MOBIOS Works Racing』という正式名称で参戦させて頂くことになりました照れ

 

今年のマシンカーナンバーは55番で、マシンのメンテナンスはSuper耐久レースの参戦車両もメンテナンスしている Field Motorsport様が車両を全面管理致しますキラキラ

 

そんな万全な体制を整えて向かったFIA-F4 2018開幕戦、岡山国際サーキット。

これからその内容を振り返りながら結果などお伝えしていこうと思いますOK

 

 

4月5日(木曜日)から走行を開始した我々ですが、チーム、ドライバー共に約1年ぶりの岡山国際サーキット走行という事もあり、かなり限られた時間でのセットアップが必要とされました。

 

そんな中、チームは的確なマシンセッティングを出し微調整を重ね、僕自身もマシンとサーキットへの順応に最善を尽くしました爆  笑

 

しかし、翌日の公式テスト最終日ではFIA-F4走行セッションが始まる数時間前に、空の上からザーザーとかなりの降水が・・・ガーン

慣れないコンディションでしたが、最終的な公式テスト総合順位は9位/30台中でまずまずの結果に。

 

 

その翌日、いよいよこの日は公式予選とFIA-F4第一戦(開幕戦)が行われます。

前日は生憎の雨でしたが、開幕戦当日は曇りへと天気は回復くもり

 

しか~し注意

前日に降った雨の影響で路面が完全に乾くことなく公式予選に突入!!いわゆるハーフウェット路面での予選となりました。

 

チームは微妙な路面コンディションを予測しマシンを微調整。

全30分間の公式予選の最中も、マシンがコースアウトして止まったり、クラッシュした車両があった場合に掲示される赤旗が、2回も掲示される程荒れた難しい予選となりましたガーン

 

僕自身も満足なアタックラップを記録したという印象は少なかったものの、開幕戦のスターティンググリッドは6位のポジションを獲得。そして翌日に行われる第2戦のスターティンググリッドは5位のポジションからスタートする権利を獲得できましたグッ

 

 
午後になり、気温も多少上がってきたところで開幕戦-決勝レース-がスタートしましたビックリマーク
 
全車が一斉にスタートするスタートダッシュでは、タイミングよくクラッチミート出来、果敢に前車をオーバーテイクしようとしますが・・・
上手くポジションアップする事は出来ませんでしたダウン
 
 
序盤は3位争いにも入っていけるペースでしたが、予選後に加えたマシンセッティングが裏目に出てしまい、レース後半は少し苦しい展開へと変わってしまいましたアセアセ
 
しかし無事に4位のポジションを守りきり、FIA-F4自己最高位である4位入賞/30台中を獲得できたことは、かなり収穫アリでしたアップ
 
実際のレース映像はこちら⇒ FIA-F4 Japanese Championship 2018 第1戦
 

 

そして翌日行われた第2戦。

 

第1戦での反省を踏まえ、マシンセッティング、ドライビング共に見直してスターティンググリッドへキラキラ

 

この日の岡山国際サーキットはかなり気温が低く、入念にタイヤに熱を入れる事を心がけていきました照れ

迎えたスタート。開幕戦同様、今回のスタートも前車よりも好スタートが出来、計4台で争われた2位争奪戦グループの中でも、特に序盤のペースが良かったので積極的にオーバーテイクを狙っていきますが、上手くポジションアップする事が出来ませんでしたDASH!

 

 

その後もオーバーテイクのチャンスを伺いながら前車にプレッシャーをかけ続けますが、前方のマシンにミスは無く、ポジションアップならず・・・といった僕自身が色々と学ばせられる有意義な決勝レースでした。

 

 

こちらもレースの映像を見て頂いた方が分かりやすいと思うので・・・笑

お時間ある方は是非見てみてください目 ⇒ FIA-F4 Japanese Championship 2018 第2戦

 

 

惜しくも両レースとも表彰台を逃してしまいましたが、昨年よりも流れが良いアップ

次戦の富士スピードウェイで行われる第3戦、4戦でも積極的に優勝・表彰台を狙っていきたいと思います爆  笑

 

 

これからも速くなる要素を探しながら、精一杯走り続けますビックリマーク

『SPASHAN with MOBIOS Works Racing』 #55 金澤力也の応援を宜しくお願い致します笑い泣き

 

 

【金澤力也をもっと知りたい!!】

公式ホームページ

Facebook

Twitter

YouTube Channel

Instagram

 

読者登録してね

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス