9月16日(祝)は西中島エンターテイメントスペース大三元にて、近畿麻雀段位審査会主催のチーム対抗リーグ戦のワンデー企画大会「関西バトルロイヤルEX」が開催されました!



































決勝卓は豊中トリロンズのたかあき選手が柴原選手を相手にトップを取るも、のべビッチ選手が3着、西澤選手が4着で、学雀連ズ選手が優勢を走ります!

4卓は学雀連ズの吉田彩里選手と、トリロンズリチオ先生選手の叩きあいになりますが、南場の親番で、リチオ先生に以下のチャンス手が入ります。

(12367789)中中ポン東ドラ⑦

4ピンを1枚ツモ切りして、ピンズと初牌が高い状況。吉田選手が場を流しに1副露するも、流石にきまれば圧倒的有利の予感。この時、吉田選手が果敢に2副露からのドラ切り打7ピン!




















「す、筋とはいえ、当たれば18000まであるぜ・・・」

次にリチオ先生が掴んだ4ピンは流石に合わせ打ちは弱いとツモ切ると、4ピンは吉田選手がロン!

待ちは(4455)のラス4ピン1000点!流石にキレある攻めだな、と思いつつもまだチームメイトの為に諦めないリチオ先生は5200をあがりきり、オーラスはあがりトップでカン二万テンパイ。


しかし、ラス親の吉田選手からリーチが入り、結果はカン6ソウの一発ツモで4000オール。

「まいりました!」

結局最後までチームに貢献できなかったリチオ先生(╥_╥)トリロンズの同志よ、すみません。





















この結果、第一回関西バトルロイヤルEX優勝は、大学生麻雀サークルの俊英「学雀連ズ」に輝きました!おめでとうございます!


準優勝は惜しくも豊中トリロンズ。

3位入賞はやっぱり強い社雀会Q、

4位入賞はMVP田嶋選手を要する社雀会Yが追い上げ入賞を果たしました!





















プラチナサークルの皆様も惜しかった!チーム最強戦大阪では少しでもチームの順位に貢献すべく、大屋克巳選手が大会を締めくくるような親の国士無双を決めました!


こうして89名19チームのバトルロイヤルは幕を閉じました。ご参加頂いた全チームの選手に心より拍手を送らせて頂きます。


レポート最終は表彰式編に続きますよ~



□□ □□□ □□□
 
 
【豊中の健康マージャン】は、大阪・豊中の蛍池にある健康麻雀・麻雀教室のお店です。

阪急宝塚線・モノレールの『蛍池』駅より徒歩1分、ルシオーレ南館1Fの明るい路面店です。カルチャーセンター・カルチャースクールで女性の麻雀教室をお探しのあなたは、ぜひ一度当店へお越しください!

 

健康麻雀とは、『お金を賭けない』『タバコを吸わない』『お酒を飲まない』の3つを守って健康的に行う麻雀のことです。


 
【店舗近隣のエリア】大阪市,豊中市,箕面市,川西市,茨木市,守口市,門真市,伊丹市,吹田市,宝塚市,高槻市,島本町 阪急宝塚線宝塚,清荒神,売布神社,中山観音,山本,雲雀丘花屋敷,川西能勢口,池田,石橋,箕面,牧落,桜井,岡町,曽根,服部天神,庄内,三国,十三,中津,梅田