産土のリハーサルをIshikiri Terrace で昨日行いました。

午前中は大雨でしたから、田んぼあぜ道での作業は無理かなと

思いつつも、運よく、午後から天気が回復したので、長靴持参し

現場に行きました。

 

大空の下、足元もごもごなれど、爽快な空気、テラスのオーナーも、

田んぼの所有者も駆けつけてくださいました。

ご挨拶もでき、当日もお越しくださるようで、有難いことです。

雨の場合の想定もふくめ、あれこれ作業しているうちに、徐々に

クリエイションが固まりだし、主催者、演者、サポートメンバー、

皆で過ごす得難いひと時が自然に出来上がってしまいました。

 

「こんなふうになれたらよいのでは」

アレコレの思いが、天候と共に晴れわたるような作業に、ホッ

昨日は、大谷のお米から生まれたお酒 botti の発売日

演者3人で、テラスのお清めを塩とお酒でさせていただき、

「さおり」として、暮れていくテラスで、小さな宴をしました。

 

心地よき時間が過ぎ、お開きとなり帰路につくと、ポツポツと

雨が降り出してきました。

長靴でリハーサルしたのは、人生初かな?

素足で動けたらよいとは思うのですが、長靴の感触も(笑)

土の上、石の上、砂利の上、今回は靴と共に動いてみます。

昨晩はそうでもなかったのですが、虫よけグッズは必須。

 

本番は、ご来場に皆様と晴であれ、雨であれ、そのひと時を

味わい尽くしたい、不確かさが渦巻くこの時だからこそ。