分布定数回路を使うか、それとも集中定数回路を使うのか? | 無線ばか!のブログ

無線ばか!のブログ

小学生低学年から半田ごてを触り、高校時代にはアマチュア無線に没頭。いまではPROの無線エンジニアとなった無線ばか!のブログ。


テーマ:
周波数が高くなると、教科書では分布定数を使うことを勧められていた。
ただ、この頃、デバイスの精度が向上をしていることから、
逆に分布定数を使うと妙にメカニカル的になったり、
ケースに入れたときの反射で悩むことに気がついた。
そんなわけで、この頃は基本集中定数において設計をすることが多い。
分配器などウィルキンソン型を作る場合も同様である。
これにより、回路がかなり小型で、かつ、高性能となる結果となっている。

みよしたつお
(有)波kichi 代表
http://namikichi.jp/

RFエンジニアさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス