女王陛下のアフタヌーンティー in winter | 源泉に還る・自在に生きる

テーマ:
いつもありがとうございます。

いづみです。


今年は巷に義理ならぬ
「義務チョコ」まで登場した
バレンタインデー。

同じく2月14日に

女王陛下のアフタヌーンティー in winter

を開催いたしました。


今回は
お二人の女王陛下が
お越し下さいました


まずは
アフタヌーンティーをいただきながら
自己紹介とご歓談。

{FAACF297-00D7-4663-89A3-AC4778C83FE4:01}

チョコケーキかマンゴーフロマージュか
迷った結果2種類ご用意。
お好きな方をお選びただきました。



場が和んできたことろで
さぁいよいよ

王冠作家ユカリーヌによる
戴冠式です。


お二人に共通のテーマは

「こまやかさ」

テーマの通り
見事な細工を施した王冠です王冠


{C0B7DEAE-35FF-49C4-974C-B2BAE31D9699:01}

2回目のご訪問となった女王陛下。
前回とはまた違った王冠、象徴になりました。



{6B27A2B9-8BDC-4331-A6EA-5EF0BD9B3F2C:01}

象徴のメッセージは
「想いは伝わる。そして見守る」




{6505DD54-D5B7-403B-9B64-3F59B1DC677A:01}

初めての王冠にちょっぴり緊張氣味の女王陛下



{9EF0A4FB-4DAC-4DAA-B997-9D89B2BE6397:01}

象徴のメッセージは
「楽しむことが人を幸せにする」



どちらの王冠からも
繊細さや柔らかさを感じます。


その後
お引きいただいたカードからの
メッセージ+αをお伝えしました。

なんとあるカードが
4回開催のうち3回目の登場


わたしたちにも
必要なメッセージなのね。きっと・・・。


深く頷く
王冠作家ユカリーヌと
侍女イズボンヌなのでした。


そしていよいよ
女王陛下の宣言です。


ここでのお言葉は
全ての存在に対するものであり
全ての存在と響き合うものです。


想いのこもった
素晴らしい宣言を聴かせていただき

女王陛下の治める国の
国民の一人として

とても嬉しい氣持ちになりました。


ちなみに

わたしたちは

自分の治める国の
女王陛下であると同時に

他の女王陛下の治める国の
国民でもあります。


今回お越し下さった女王陛下の皆様は
ご自身を表現されることで

ご自身のみならず皆にも
喜びをもたらすことでしょう。



今回も

楽しく豊かな時間を
共に過ごすことができましたことを
心より感謝いたします。

本当にありがとうございました。


女王陛下のアフタヌーンティーは
季節毎の開催です。


次回は春を予定しています。


次回は
あなた様のお越しをお待ち申しております。