ドラクエⅣといえば、

1990年に発売されたソフトで、

ファミコンとしては最後のドラクエシリーズ。

 

ドラクエⅣをプレイして、

衝撃を受けませんでしたか?

ていうかビックリしませんでしたか?

 

だって、まず主人公が

男か女か選べるところにビックリだし、

 

ゲームを始めたら

出てきたのが主人公じゃなくて

ピンク色の鎧をきたオッサンだし・・・

 

『え?主人公はこのオッサンなの?』

って思っていたら、いきなり章が終わって

次の章が始まって、

 

姫やら神官やらじーちゃんが出てきて

旅に出始めるし・・

 

しかも全部の章が中途半端な感じというか

モヤモヤした終わり方で、

 

なんか納得のいかない気持ちで

ゲームをしてましたね。

 

まあ、最後の章で

全部がスッキリできるですけどね。

 


続きはコチラ

 

 

「ファミコンウォーズがで~るぞ~!!」

「コイツはどえらいシミュレーショ~ン!!」

 

上記のフレーズ、

当時のファミコン少年なら

誰でも覚えていて、

誰でも歌えることでしょう。

 

これは、1988年8月に発売された

「ファミコンウォーズ」

のテレビCMで流れた歌です。

 

CMは実際の海兵隊員である

アメリカ兵が訓練中、

上記の歌を歌いながら走るという内容です

(声は日本人のアフレコ)。

 

それにしても、

これほどインパクトのある

歌とCMはなかなか存在しませんよ!

 

任天堂のCMとしては最高傑作だと

個人的には思っています。

 

見たことがない人は

下記の埋め込み動画をご覧下さい。

 

きっと脳内に焼きついて

離れないことでしょう!

 

事実、私は今も脳内で

再生されています(笑)。

 

ちなみに発売後、歌詞が

「ファミコンウォーズがで~たぞ~!!」に

変更されたと記憶していますが、記憶違いでしょうか?

 

(ちなみにCMの元ネタは映画「フルメタル・ジャケット」)

 


続きはコチラ

 

 

どうも、レトロゲームマニアです。
 
今回は【FC】ファミコンカセットの
名作中の名作!
バベルの塔について
 
100倍楽しくプレイする方法
やはりこのゲーム
30年ぶりにやったけど、
ファミコンの中でもNo.1ゲームと言っても
言い過ぎではないかもしれない・・・
と思えるぐらい面白いので
その楽しさを紹介していきたいと思います。
 

お前の紹介なんかなくても
バベルの塔は十分、おもしれーよ
わかってるよ!
って声が聞こえてきそうですが、
 
まだまだ
あなたの知らないバベルの塔の楽しみ方が
ある!
 

ハズ・・・
 

と、言うことで
 
まず、一つ目の
バベルの塔が100倍楽しくなるトリビア!


続きはコチラ

 

どうも、レトロゲームマニアです。
 
今回は【ファミコン】沙羅曼蛇のことを
書いていきます。
 
このゲームは1987年
名作グラディウスからの後継機として
当たり前のような感じで
販売されたのですが、
 
当時のカセットとしては
かなり前衛的なデザイン!
 

 
中身の基盤が丸見え状態の
スケルトンボディで登場しました。
 
遠目から見ても
「あ、沙羅曼蛇か」
とわかってしまうデザイン
 
唯一無二の存在でした。
 
デザインの素晴らしさもありつつ
その内容は・・・
 
素晴らしい出来です!
シューティングゲームの最高峰と言っても
過言ではありません。

 
簡単過ぎず、
ちょうど良い感じで難しい・・・
 

何といいましょうか、
とにかく油断した瞬間にやられます!ww
面白過ぎて
ヤバいです。

 

文章で面白さを伝えるのには
限界があるので
動画でその面白さを伝えます!ww


続きはコチラ

 

どうも、レトロゲームマニアです。
 
今回は
朝からファミコンしていたら、
大惨事が起こってしまったという
 
僕のファミコンにまつわる
昔話です。
 

誰にでもある
おもしろファミコンエピソード
早く言いたいので
早速、お話していきます。(笑)


続きはコチラ