卿雲-Keiun-のブログ

卿雲-Keiun-のブログ

日々の書活動の記録や文字や書道に
まつわることを記事にしていきます。

【 慶招書道教室 】

無料見学・体験受付中です。
道具は当日貸出ししております。

詳しくは ホームページ をご覧ください。

初心者の方にも基礎から丁寧に指導いたします。
毛筆・硬筆・ペン字を習いたい、小中学生の方を
募集しております。

こんにちは

卿雲です。

 

 

私はお稽古中に 「お手本をよく見て書いてね」 とあまり言いません。

初めのうちは言いますが、何度も繰り返して言うことは少ないです。

 

その代わりに 『お手本と比べてどこが違うと思う?』 と聞きますひらめき電球

 

そうすると、子どもたちは自分で気付いて答えてくれます。

 

 「お手本よりも細い」 

 「この線はもっと長い方が良かった」

 

という具合に。

 

 

そして、その”気付き”は大抵合っています合格

 

自分で間違いに気付いていると、私が指導することも理解が

早いです。

 

すると、添削に持ってくる作品の完成度も高くなり、最終的に

提出する作品も完成度が高いです。

 

その良い作品の中からお清書を決めるので選定に悩みますが、

講師としてはなんともうれしい悩みです。

 

 

今回も、読んでいただきありがとうございました。

 

                              

いつも応援クリックありがとうございます。

 

書道関連のブログを読みたい方は、

以下のリンクからご覧ください。

                                                                                                                                                               

にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング

 

 

アメクリップ ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる 【アメクリップ】

 

おはようございます。

卿雲です。

 

 

4月に入り、新たな気持ちで毎日を過ごしています。

本当にありがたいことに、生徒の数も増えて、少し賑やかに

なってきましたビックリマーク

 

さて、最近のお稽古でよく思うこととして、お稽古における

「指導のバランス」があります。

 

生徒さんによって書に対する意識、熱量みたいなものは

当然違います。

 

何も言わなくても熱心に練習する子もいれば、注意力が

散漫な子もいます。

 

 

普段はできるだけ穏やかに接することを心掛けていますが、

時には厳しめに注意しなければならないこともあります。

 

書道教室なので、書道以外のことはあまり言うべきではない

かもしれませんが、お稽古において、人に迷惑を掛けたり、

ルールを逸脱しているようなときにはやはり注意をしなければ

なりません。

 

ただ、そういうときこそあまり感情的にならず冷静に対応する

ようにしていますひらめき電球

 

 

厳しさと寛容さを使い分けて、うまく軌道修正してあげたいですね。

彼らのやる気を引き出してあげられるような指導を目指したいと

思います合格

 

 

今回も、読んでいただきありがとうございました。

 

                              

いつも応援クリックありがとうございます。

 

書道関連のブログを読みたい方は、

以下のリンクからご覧ください。

                                                                                                                                                               

にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング

 

 

アメクリップ ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる 【アメクリップ】

 

こんばんは。

卿雲です。

 

 

現在、教室の生徒さんは小学生で低学年のお子さんなので、稽古で

何か説明をするときは、なるべく簡単な言葉を使うようにしています。

 

 

当たり前ですが、普段大人同士で会話している感覚で話してしまうと

彼らにはおそらく通じないことが多いです。でもついつい普段使って

いる言葉で話してしまっていますねあせる

 

あとになって振り返ってみると通じてなかったのかな~と思う場面が

多々ありますね。

 

「線と線の間は”均等”にね」、とか 「”反復練習”が大事だよ」とか

通じてなかったかも・・・ダウン

 

何かたとえ話をしようにも「はたしてこの例えはわかるかな?」とか、

普段以上に考えながら話しています。

 

 

大人同士であれば、多少言葉足らずでも相手が推測して意図を汲ん

でくれたりすることもありますが、子どもにはそんな姿勢は通用しませ

ん。

 

どんな相手であっても、適切な言葉でわかりやすい説明ができるよう

にもっと言葉について勉強していこうと思いますビックリマーク

 

 

今回も、読んでいただきありがとうございました。

 

                              

いつも応援クリックありがとうございます。

 

書道関連のブログを読みたい方は、

以下のリンクからご覧ください。

                                                                                                                                                               

にほんブログ村 美術ブログ 書道家・女性書道家へ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング

 

 

アメクリップ ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる 【アメクリップ】