バスケット急行

バスケット急行

バスケットボール(レバンガを主にNBL、時々大学や高校)と鉄道のブログ∬


テーマ:
思ったことなど。

1 新十津川の滞在時間拡大

2 名寄→旭川→札幌の接続改善

名寄→旭川の快速「なよろ6、8号」の時刻を若干修正。
交換する時間をちょっと工夫するだけで、接続が良くなる。
なお、名寄、士別は特急が少なく、(快速を含む)普通列車と、旭川~札幌間の特急乗換需要もある様子。 「札幌快得きっぷ」は、数あるトクトクきっぷが廃された今でも奇跡的に残っている。

4 快速「しれとこ」が「しれとこ摩周号」へ改称。
まあ、1駅でも通過すれば他社なら快速だが、普通列車でも通過駅があるJR北海道にしては、僅かな駅を通過する(夏期は僅か3駅のみ通過)、これを快速と名乗ること自体疑問。
なお、雨の被害で、全区間運転再開は明日から。

5 「スーパー北斗」261系(一部281系)気動車化
これにて183系気動車は撤退。 玉突きで「オホーツク」「大雪」に回ったと思われる。 それゆえか、時折「オホーツク」「大雪」で使われた初期型は引退。
しかし、所要時間短縮には然程貢献せず、下りの3号こそ最大9分短縮だが、上りの22号は±0分。 老朽対策が主かな? そもそも減速ダイヤ、下りも新函館北斗経由となるなど、スピードアップは今はやめたほうが良い。

6 「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」短編成化
これは昨日のダイヤ改正当日まで気付かずショック。 道東自動車道の充実よりも、一昨年の台風被害後のほうが、高速バスへの遷移は多かったもよう。 とはいえバスは運転手不足で増発困難。 いずれは4両でも8両でも1人の運転手で済む列車が見直されるよう願う。
さすがに今日は5両に増結、しかもトマムまでは指定席にも立ち客が溢れる場合もあった。
スキーシーズンは、最近は外国人も多いトマム、ご配慮願いたい。


7 名刺大の時刻表廃止 (一部駅の小型時刻表、全道のポケット時刻表は存続)



8 羽帯駅の廃止
清水町は、バスで住民を羽帯駅に運び、お別れ会をした。
嵐の前の静けさ、来年以降、またガラガラの駅は次々廃されそうだなあ。
なお、隣の平野川信号場で、昨日は煙が出たとかトラブルがあった。
今もってトラブルのニュースが多く感じ、しっかりやってほしい。
今の人員で困難なら、幹までダメになる前に、枝葉の剪定もやむを得ない。



なお、石勝線夕張支線は、最後の1年となるが、雪融け時の豪雨被害で、運転再開は4月以降になるとされたが、3月31日に再開できる見通しとなってきた 。(来年、平成31年4月1日、要するに平成のうちに廃される見通し)


9 またツインクルプラザ(旅行センター)縮小

苫小牧、東室蘭が廃止。 (これも知らなかった。 よってこの箇所は翌日追記)
残るは7店のみ。 人口順だと苫小牧より少ない釧路、帯広が存続。
地方では、各旅行会社は土日休みなので、ツインクルプラザは有難い存在なんだがなあ。
JR北海道に厳しければ、他社でどこか土日開けてほしい。

テーマ:
本年も宜しくお願いします。



旭川行、今月1度だけ時刻変更が。 何の回送列車の影響か気になる。



階段、近年イラストが描かれるが、季節で変わる? 「駅好きmisakitty 」さんのブログを読むと以前は向日葵でした。



駅前通りが、道道遠軽停車場線。 超短い。 何番目だろうか?


2つの道道が重複? じゃあ、完全に包含されていると思われる遠軽停車場線は無意味?? 或いは2つの道道にまたがる工事?


国道交差点で終点。 北洋銀行がある。 嘗て北海道拓殖銀行だった建物ゆえ重厚。






テーマ:


「不惑」の言葉通り、迷わず今の人生を突き進んでいますか?


もし迷うことがあるとしても、必ず道は拓ける。 何歳になっても、「もう遅い」ということはないから、何でも始めるとよい。 俺自身が新しいチャレンジをしようとしているから。


37さん撮影(著作権者の掲載承諾は得ています)





さえかさん撮影(著作権者の承諾は得ています)



2012年2月3日、北海きたえーる にて。



2014年5月10日、NBLプレーオフ。 愛知県体育館で、和歌山トライアンズはアイシンシーホース三河を破る。



2014年5月24日、NBLプレーオフファイナル第3試合。 和歌山トライアンズは、東芝ブレイブサンダース神奈川に破れる。 これにて3連敗となり準優勝。 永山くんの現役生活に終止符が打たれた。


和歌山トライアンズがああなる直前に引退して、良かったんだよ。










テーマ:

(この記事は、今日ではなく、昨日の試合(プレシーズンマッチ)についてのものです。)


昨シーズンは、1試合、しかも10分だけ見たプロバスケ。 当面の間、忙しさや優先順位の問題で、バスケはあまり見られないだろう。

とはいえ、この日は、どうしても見たかった。


レバンガを応援したい気持ちもあった。(2年近くほぼ見ないと選手も変わったりして)


青森ワッツに、北海道上士幌町出身の門馬弟くんが入ったが、レバンガはB1リーグ、青森ワッツはB2なので、見るとしたら、このプレしかないと思い、前々日にバタバタ一気に決めた。


◇第1ピリオド 青森ワッツ20-レバンガ北海道20

https://twitter.com/reratea/status/9013731533177

1Pは20-20. 青森にファウルが重なる。 関野選手のリバウンド、門馬弟選手のチーム初得点など。






門馬弟くんは、かなりアグレッシブだった。 2Pの最初8分間だけは不出場だったが、あとはずっと出場していたはず。 シーズン入りしても、中心選手になってほしい。







◇第2ピリオド 34-52
https://twitter.com/reratea/status/9013797903005


ここから得点差が出てくる。



田原くんら、昨シーズン加入した選手は、本当に楽しい。 ベンチでの盛り上がりも凄かった。(特に関野くん(+松島くん+外国人選手)) 八甲田丸の広告があるのは嬉しかった。


◇第3ピリオド 53-74

https://twitter.com/reratea/status/9013900537163

ピリオド開始前、多嶋くんと門馬弟くんが話していた。 僅か10秒ぐらいだったか。

単に仲の良い選手がちょっと喋ったのとはワケが違う。 門馬弟くんが白樺学園高校にいた頃、阿部くん(現:千葉ジェッツ)や多嶋くんらが指導に行ったことがあったはず。


この2人は特別な関係。  見ていて感慨深かった。 今日は沢山話せたようで良かった。




◇第4ピリオド 78-98

https://twitter.com/reratea/status/9013963977521

レバンガは、牧くん、関野くん、川邉くんの若手を積極的に使ったり(田原くんは出番が少なかったかな? 逆に折茂さん、桜井くんの出場は少なかったと思う)、いろいろ試すことができ、シーズンに繋がる成果が得られたのではないか?







青森ワッツのファンは、周囲にいた方は、比較的冷静。 大声で応援する方もいたが、「どこまでやれるんだろうか?」等々、自チームを客観視しているように感じた。


テーマ:

え!? これが体育館? ここでやるの?




俺は、2015-2016シーズンまでは、8シーズン連続で、プロバスケットボールの試合を一定数見続けてきた。


昨シーズンは、諸般の事情で、プロ10分、あと国際試合1試合のみ。


今シーズンも、バスケどころじゃない状況には、さほど変わりないが、記憶に残る程度には見ようと思う。



さて、今日のプレシーズンマッチで見たいこと。

1.レバンガが先日公開した練習などをもとに、パスとオフェンス重視のバスケができるか?

2.青森ワッツの門馬(弟)くんが、どれだけ成長したか? なお、北海道上士幌町の出身、高校まで北海道にいた道産子。 彼のプレーが見られるのは、レバンガがB1、ワッツがB2のため、今日がチャンスと思い、一昨日一気に行くと決めた。 どっちを応援するか?



飛行機は高いので帰りのみ、列車だけだと五所川原の本数が少なく、新青森駅からはバスを利用し、自宅を出る時刻を2時間遅くできた。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.