慈恩精舎の鐘の音

慈恩精舎の鐘の音

この度は、慈恩精舎のブログへお越し頂き
誠にありがとうございます。
お店の情報や、スタッフが
綴る日記帳などお楽しみ下さい。


テーマ:

  6月中旬より ☆精進膳☆ 

本格精進料理ランチコ-スはじめます。

 

 

(例                      6月のお献立

■れんこん豆腐

■季節野菜の和え物

■マグロもどき、豆腐蒟蒻

■れんこん饅頭、れんこんチップス、野菜、生麩

■蓬生麩田楽、おかひじき、連島れんこん、旬の天麩羅

■名物 もちもちれんこん麺

■汁物

■野菜のにぎり寿司 2500円 枝豆入り炊き込みご飯2100円 白ご飯1860円

(選んだご飯により値段が変わります。)

■究極 れんこんアイス

 

これまで、ランチ価格で提供が難しいとされた精進料理ですが、この度慈恩精舎30周年を記念して

期間限定にてご用意させていただきます。

 

旬の食材を使いますので、お献立は変更いたします。


テーマ:

先日、駐車場にお引っ越しされた、お地蔵様。

 

昨日は、あじさいをお地蔵様にプレゼントしていただき、早速、植えました。

又、枯れたしだれ桜の後に、かわいい八重のしだれ桜が近いうちに届きます。

お地蔵様にきっと、お似合いだと思います。

 

ベンチもふたつ並べて、誰でもが自由にすわっていただければと思います。

 

また、ブッタ様の所も、菩提樹の苗木を植えて、タルチョの旗をかざっています。

ブッタの教えが遠くまで届きますようにとの願いがタルチョにはあるそうです。

 

風にのって遠く遠く......みんなのねがいが.....ブッタの教えが...

生きとし生けるものが幸せでありますように...。

 

憎しみより、愛が、悲しみより笑いが、不満より感謝が、怒りより平和がほしい世の中であり

誰よりも、私自身が求めねばならない心です。

 

慈恩精舎は、今後、仏教をつたえる場として、心新たに頑張りたいと思います。

私は、宗派などにとらわれずに、誰でもが、仏教にふれることができればと考えております。

 

今後、いろいろな宗派の方達のお力やご指導をいただいて、法話会、瞑想の会などをしてまいります。

ぜひ、お食事だけではなく、心にも、たっぷりのご馳走をどうぞ。

                                                            合掌


テーマ:

 この温度差、答えますね。

しかし、やりたいことは山積み。

 

この間、駐車場のベンチの所やお釈迦様の所に、コンテナや鉢に草花を植えた。

かわいい。

 

そこに、使用してなかった黒板をおいて、掲示伝道として仏教の教えを書いた。

 

若い頃、私は自宅を布教場にして、毎月、法話の会をしていた。

 

老若男女があつまり、私の師匠や友達の僧侶たちも、招いては楽しいひとときを過ごしていたのですが、

 

こちらに来てからは、法話の会どころか、経営することが大変で、いつのまにか....。

しかし、心の奥底にもやもやしたものをかかえていました。

 

そして、婆さんはこのままでは死ねないと思い、まずは、できることから始めよう。

 

店の庭に安置しているお地蔵様。

駐車場にお引っ越ししてね。店の中では、ご近所の方達が気楽にお参りできないものね。

ベンチ置いたのも、気楽にすわってほしいから。

 

さあ...夕方にお引っ越し。...あの小屋...重たいけど...。

爺様は膝悪いから...娘婿さんの出番だなあ。

まあ、何人か手伝ってもらって....。

 

明日は、看板やさんが打ち合わせにくるので、掲示板などを作ってもらうつもりです。

仏様の教えが、少しでも、心にとめていただけたり、生きていく上での道しるべになってくれればと思います。

 

有縁の方達に、毎月、送っています「慈恩心のごちそう 」も今年で15年目になりました。

 

これからは、自分にできる事をどんどんとやっていこうと考えています。

                                                                       合掌

 

 

 

 


テーマ:

 運動をほとんどしない婆さんが、この頃、早朝に散歩しています。

 

神社の高い階段も、あまり息切れもなく登り、自己流の気功を少しして、小鳥の鳴き声と樹木から、すがすがしいエネルギーを

いただく時間は最高です。

 

自分を省みる時間の必要性をつくづく感じます。

 

ただ、目の前の仕事に追われている暮らしに、これでいいのかという心の問いがつねにありますね。

このままの生き方で、人生終えていいのかなあ。いいわけないだろうという心の声。

 

朝のひととき。だれもいない神社の境内。

 

静かに、自分の心を見つめる。人がみたら、階段のぼって疲れ果てたばあさんがベンチでやすんでいるとしか見えないが、

本人は座禅している気分で座っている。

 

 

人として成長しただろうか?

悲しいかな。どう、ひいき目でみても.....だんだんと図太くなる。..売られた喧嘩は買います。

 

.心の中は、つねに煩悩の嵐です。

その煩悩の嵐の中で、私は神仏に手をあわします。

 

生きとし生きるものが幸せでありますように。

憎い人も嫌いな人もしあわせでありますように。

 

朝のひととき。

 

神社に散歩して心を清めて、帰宅して仏様に勤行して、感謝の祈りをして、婆さんの一日がはじまります。

しかし、どうして、朝のすがすがしい心が一日中、もたないのか。

 

明日も、神仏の前で懺悔です。

                                                                     合掌 

 

                                                                                         


テーマ:

慈恩の桜も、花吹雪とともに幕をおろしました。

 

ありがとうね。今年もきれいな桜をみせていただきました。

 

毎日、泡立たしく過ぎて行く日々は、大切なものを見過ごしているようで心がざわざわします。

 

桜の花を眺めるのも、本当に心から、ゆっくりと落ち着いて眺めていることはなく、心はつねに、落ち着かず、あれこれと....。

 

でも、これからは、たとえ5分でも、心を落ち着かせて、花を愛でるときは、そのことだけに集中してみようと思います。

 

また、時間が許す限り、近くの神社に早朝、出かけては、すがすがしい空気を吸い、一人、自分を見つめる時間をつくっています。

誰もいないので、婆様の一人舞台。

ベンチに横になり、鳥の鳴き声と風に身をまかせていると、今、抱えている問題も悩みも、たいしたことないやと思える。

 

自然は、なんて優しいのだろう。

 

自然から、いただくエネルギーは、ガチガチの心を柔らかくしてくれます。

 

しばらく、そのエネルギーに包まれて、それこそ、復活したら、いそいそと帰ります。

 

どうぞ、身も心もいっぱいになったら、自然に癒やしてもらうことをおすすめです。

体調崩しやすい春です。

お体、お大切に。                                                        合掌

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。