つづき農場 -愛知県知多半島の農業日記-

つづき農場 -愛知県知多半島の農業日記-

知多半島でこだわりの米と野菜を栽培するつづき農場。
食卓に「安心・安全・おいしい・笑顔・感動」をお届けします!

稲刈りが終わり1ヶ月が経ちました。生産現場も年末に向けての準備が慌ただしくなってきています。令和元年産のお米の出来は、ここ近年の夏の猛暑が変わらず影響しており、早生のコシヒカリなどの品種はシラタが多かったり収量が伸びなかったりと苦労した結果となりました。晩稲のあいちのかおりは品質はよく、収量は例年よりやや少なかったですが昨年のことを思うとまずまずの結果となりました。課題も多く見つかり早速いろいろと取り組み出しています。まずは品質向上のために田んぼの水もちをよくするための畔塗りを試験的に導入。そして土壌改良材の散布や鶏糞の散布や自社の籾殻や米ぬかの散布などいろいろと試しています。どれぐらいの効果があるのかは来年や再来年にならないとわかりませんが、時間がかかることなのでいろいろと試せることは試して技術をあげていきたいです。

野菜も出荷が徐々に増えてきました。例年より暖かく徒長してダメになってしまったものもありますが、最近は少し冷え込んできた影響で野菜の成長も落ち着いてきています。ホウレン草、小松菜、キャベツ、白菜、ブロッコリーなどなどスーパー等で見かけた際には是非お買い求めください。今年はブロッコリーがとても甘いという声を多くのお客さんからいただいておりますので見つけた際にはぜひ。

 

 

今シーズンが始まる前に掲げていたテーマのひとつとして生産性向上への取り組みがあります。3月に勉強会を行い生産性を向上させるべく作業に取り組んできました。結果としては米班ではほぼ同じ人数で昨年より10ha多く管理できたので効果は出ていると思います。何より会社全体で生産性向上の意識を統一してもち始めれていることが大きな効果だと実感しています。改善点は山ほどありますがそれに取り組もうというスタッフの意識が少しずつでも芽生えていくことが大切だと感じました 。一人のアイデアよりスタッフ30人のアイデアが集まれば大きな改善がスピーディーにされていきます。引き続きこの冬場も勉強会を継続していきます。

 

 

先日は他社との合同社員研修会を行いました。日頃畑にいると同じメンバーとしか会話をする機会がないため、刺激が薄れてきたり、情報が少なかったりします。会社の外に出ることによって、話すことや考えることを通して新たな刺激になったと思います。若干、相手先の社員さんに圧倒されていたような気はしましたが。。

また機会を増やして成長していければと思います。

 

 

ここ数年ずっと言われていることですが、高齢化が進み農業の担い手がいなくなるということが現実に耳に入ってくるようになってきました。今年だけで県外から1件、県内で1件、農業参入してもらえないかという打診が来ました。それ以外にも困っている地域の話は前より多く聞くようになったように感じます。条件のよい地域は担い手がまだたくさんいますが条件の悪い地域から順番に担い手がいなくなっているのが現状です。ビジネスベースでは採算がとれないからです。どんな条件で作ったお米でも最終的には相場で同じ値段になってしまいますから、誰もが条件がいいところでやりたいのは当然です。しかし農地が荒れていってしまう以上は何とかしなければならず、そのためには企業努力をして生産性向上をさせて販売努力をすることが必要だと思います。あいにく知多半島は畦畔がものすごく高く草刈り地獄なうえに田んぼ1枚辺りは1反ちょっとという悪い条件ですので、努力するしかありません。そのかわりそのノウハウをいかせればいろいろな地域に当てはめていけるとも考えています。農業が大きく変わろうとしているなかで早急の問題かなと肌で実感しています。

 

 

 

さて年末が近づいてことしも作りました弊社の日本酒!今年はれんげ米のミルキークイーンからお酒を作りました。大吟醸なのであっさり呑みやすくとても美味しく出来上がっています。100本限定の醸造です!

 

 

そして餅作りもいよいよ始まります。年末のこの時期だけ限定ですが阿久比米の餅米から作ったきねつきの餅、今年も出来る限りたくさんつくって多くの方に食べてもらえたらと思っています。そして小松菜や白菜などの冬野菜も出荷がピークを迎えます。年内は最後までバタバタになりそうですがスタッフ一同総出で精一杯がんばりますのでよろしくお願いします!

 

 

 

 

阿久比米れんげちゃんの肥料となるレンゲソウが満開になりました。

このレンゲソウが空気中か窒素を土の中へ取り込んでくれるため化成肥料なしで米づくりができます。

化成肥料がなかった頃はこれが当たり前だったようで年配の人は昔はどこでも咲いていたとよく言われます。

れんげちゃんの取り組みが父の代から始まって今年で30年になります。

私は就農して8年が経ったため8回米作りを行いました。

昨年は約800枚の水田でお米を作りました。

れんげ栽培の他に化成肥料を使った通常の栽培もやりますし、土が肥えてる田んぼや痩せている田んぼでも栽培します。

田んぼ1枚1枚に特徴があり、そこが面白いわけですが、れんげ栽培というのは実に理にかなっていて面白いと感じます。

化成肥料を使わずに自然の肥料で米ができる、しかも収量がそれほど変わらない、緑肥効果があり微生物が増える、ミネラルが吸収される、タンパクが低く食味が高い、いいことだらけなんです。

何より生産者として嬉しいのが土が良いということ。

微生物が多く土が生きているということが健全な稲を作ることであり、美味しいお米を作ることだと思います。

 

昨日から代かきが始まりました。

今年は雨が少なく節水ということで水の扱いにピリピリしそうですが大事に使っていきたいと思います。

田植は来週の22日月曜日から予定です。

一緒に草刈りもスタートです。

トラクターの草刈りと手押しの畔草刈機と刈払機の3セットでじゃんじゃん草を刈っていきます、

千姓の草刈りは今年からパワーアップします。

というのも、この冬場に農水省主催の「農業生産性向上」の研修をコンサルの方から受けました。

4日間の研修で、いかに無駄を省き効率よく生産をすることができるかということをいろいろな視点から学び、いろいろな手法を学ぶことができました。

早速従業員たちにも知識を共有するために勉強会を開催しました。

この研修ではたくさんのことを学びすぎて何から手をつけていいかわからないとなってしまいがちですが

まず一つテーマを絞って取り組むことに決めました。

今、生産現場で一番大変で、時間がかかってコストがかかっている大変なこと、改善すれば大きな効果得られるものは何か。

それは水田の畦畔草刈りです。

この作業の改善に絞って大きな効果を出そう!というのが今回の目的です。

結果は10月にははっきりと出ると思うのでとても楽しみです。

 

3月には毎年恒例となっている独立組との視察では茨城県へ行ってきました。

小松菜などの葉物を生産してる農業法人と水稲の農業法人を視察、予定時間を大幅に超えてしまいご迷惑をおかけしてしまいましが快く受け入れてくださいました。

とても勉強になり大きな刺激を受けることができました。

他には肥料メーカーが千姓にて勉強会を行ってくれました。

基本的な内容でしたが、なかなか自ら勉強する機会が少ないのでとても勉強になりました。

今後もこう言った勉強会は定期的に行っていきたいです。

 

販売の方もいろいろとトライしていて、週末にはいろいろなマルシェに出店しています。

阿久比ではアグルマーケット、半田市ではHOTORI Brunchやクラシティマルシェ、その他飲食店とコラボして販売なども行っています。

 

生のお客さんの声を聞くことはとても大事ですし、こちらからも正しい情報を伝えていくことは大事なことかなと思います。

この3月からは阿久比パーキングエリアのアクアイグニスでも販売を開始、4月からはセントレアホテルのレストランでれんげちゃんのコシヒカリを使用してくださることになりました。

 

そしてイオングループと新しい取り組みも始めました。

「小松菜の使い切りパック」です。

通常は200gですが、少人数家族やお一人様むけに100gパックの依頼が来ました。

これも時代の変化だと思います。

できる限り需要に応えていけるように、時代の変化についていけるようにしていきたいです。

使い切りパックは4月より愛知県内のイオンにて販売しています。

東浦のイオンではリニューアルオープンの際につづき農場コーナーができました。

旬の野菜と阿久比米れんげちゃんと加工品が並んでいますのでぜひお立ち寄りください。

 

そして新年度4月

今年は新メンバー新卒3名中途2名合計5名が加入しました。

お客さんに喜んでもらえる商品作り、地主さんに喜んでもらえる農地管理、従業員がやりがいをもてる職場づくり

これを目指して今年も1年農業に励んでいきたいと思います。

大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

2018年の年末は小松菜を主軸に約10種類の野菜の出荷を無事終えることができました。

10月以降の天候に恵まれ生育状況は大変よく作業に追われる12月となりました。

 

新パッケージも出来上がりました。

れんげちゃんのピンクに合わせてピンクのパッケージです。

 

2018年を振り返ると、中日農業賞をいただきよいスタートはきれましたが、その後は、台風ではビニールハウス倒壊など大きな被害を受け、晩稲のあいちのかおりは反収が激減と経営的には大きな圧迫を受けた年でした。一方、野菜の生産ではパッキングセンターに全自動袋詰め機を導入し作業効率を劇的に向上させることができました。袋を全面封することも可能となり品質保持の面でも大きく向上しました。年末では今までと同じ人数で過去最高の出荷量を出すことができ来年以降への更なる手応えを掴むことができました。

 

そして2019年はどんな1年にしていこうか今年の計画をたてる時期になりました。今まで機械や設備を中心に毎年少しずつ投資をしてきました。今年は、農業で一番大切だと考える「人」をテーマにしようと思います。もちろん今までも人が一番大切だということで労働環境の整備や働き方、待遇など、働くメンバーの意見を聞きながら整えてきました。社員は20代から30代前半がほとんどで仕事内容をある程度身につけてきました。そこで今年は社員が主役となって現場で活躍できるように、品目ごとにチームを作り、リーダーとなって成果をあげることに挑戦していこうと思います。プロジェクトチームをいくつか立ち上げそれぞれが計画から実行、改善に取り組み成果を競い合います。

早速先週にプロジェクトの計画発表を行いました。チームは全部で5つ。目標、作付計画、具体的な方法、収支計画、人員計画、タイムスケジュール、作業標準値設定などなど、基準となるフォーマットを参考に各チームで入念に計画を作成し発表を行いました。もちろん思い通りにならないことはたくさん出てくると思いますが、想定している計画以上のことはできません。あらゆる事項を想定しどれだけ計画を作り込むことができるかが成功を大きく左右させます。

チームで考え、実行し、日々改善する、一般的にいうPDCAサイクルを基本に一年かけて成果を出します。一年後にどのチームが笑ってどのチームが泣くのか。

そしてもうひとつ、成果を出すことはもちろん大切ですが、1年の中で人として大きく成長することが大事なことだと思います。作業能力、経営感覚、改善能力、コミュニケーション、組織作りなど社員全員が人として大きな成長を遂げることを目標に今年は取り組んでいきたいと思います。

もちろん私自身も。

私は社長兼米チームのリーダーとしてチームで目標を達成させることが任務です。

スマート農業や機械化によって農業はどんどん進化していますが、どこまでいっても人の力は欠かせないと思います。社員が活躍する会社こそ強い農業ができると信じ、今年は「人」をテーマに一年挑戦していきたいと思います。

 

 

田植え作業が始まって1ヵ月が経ち折り返し地点にやってきました。

まだまだ先は長いですが、メンバー全員が去年と比べるとスキルを上げており、作業効率がとてもよくなっています。

面積は増えても去年より速いペースで作業が進んでいます。

そして来年へ向けての新たな改善点もすでにたくさん出てきているのでまだまだのびしろはありそうです。

 

そして今年3月には中日新聞社主催の中日農業賞優秀賞を受賞することができました。

就農してから7年間、多くの方たちに支えられてこのような素晴らしい賞をいただくことができました。

立ち上げから多くの苦労はありましたが地道にここまでやってきたことが評価していただけて大変嬉しく思います。

今後はこの賞に見合った経営を行っていくことと、これに満足せずにさらにいろいろと挑戦していきたいです。

 

1月から施工開始していたビニールハウスが4月に遂に完成いたしました!

全部で18棟の葉物ハウスでサイド灌水付き、すべて自分たちで作り上げました。

若干曲がったりしている部分はありますが順調に小松菜やホウレン草、水菜が育っています。

これからますます品質の高い野菜をたくさん出荷できる予定です。

 

今年の冬場に社員教育として勉強会を10回ほど行いました。

毎回テーマを変えて、農業技術や農業機械、外部の講師の方を招いてビジネスマナー講座などを行いました。

冬場の時間ある時期にしかなかなかできないことなのでこの時期には座学で知識を蓄えます。

意識が高まり春から変化の様子が見られて勉強会の効果が多少なりとあるかなと思います。

 

また最近ではメディアにもいろいろと取り上げていただいています。

全国版の週刊ダイヤモンドでは多くの反響をいただきました。

地元ケーブルテレビのCACでは30分のドキュメンタリー番組を制作していただきました。

6月の1か月間毎日放送します。

ホームページにもアップして見えるようにする予定でいます。

 

地元の草木小学校5年生の米作り教室、今年も開催中です。

田起こし、苗作り、代かき、田植えと順番に春の作業を体験してもらっています。

一生懸命頑張ってくれているのでしっかりと期待に応えられるように取り組んでいきます!

 

そして最後に生でも甘くて美味しいトウモロコシ

いよいよ出荷始まりました!

期間限定で数量は限定数しかありませんが味は間違いありません!

子どもがやみつきになっていました。

どこかで見かけたらぜひ購入してみてください!

6月3日はピアゴ半田店で店頭販売

6月16日は阿久比町役場で開催のアグルマーケットに出展いたしますので

ぜひ遊びに来てください!

 

今年は10月の長雨の影響で稲刈りが長引いたせいか年末が近づくのがとても早い気がします。

稲刈りが終わって11月中旬以降は餅の加工所に専念してきました。

おかげさまでなんとか商品化することができました。

 

第一弾は白餅と玄米餅の2種類です。

10切れに切ってあり600gのサイズです。

早速、げんきの郷や刈谷ハイウェイオアシス、阿久比・常滑のグリーンプラザで販売してみました。

そこで分かったのが圧倒的に玄米餅の方が人気が高いということ。

珍しいということもあるかもしれませんが白餅をメインに考えていただけに少し驚いています。

確かに食べると香ばしい風味があり米粒の食感も良く何より健康に良いというのは魅力的です。

従業員も休憩時間には白餅より玄米餅の切れ端を良く食べています。

年末の26日から30日までは餅が大忙しになりますが

1升ののしもちや鏡餅などの注文もいただいていますので最後まで頑張っていきたいと思います。

 

そして今年のもう一つの冬場のメインイベント「ビニールハウス建築」です。

小松菜やホウレン草や水菜の生産量を増やすために約4反のビニールハウスを建築します。

農家ならよくある話ですがこれの何が一体メインイベントなのでしょうか。

農家は普段は生産業務があり1年を通して何かと忙しくしており、

ビニールハウスの建築は業者の方に依頼するのが一般的です。

建築も慣れており仕上がりも丁寧なので依頼してやってもらう方が早くてきれいです。

しかし、つづき農場は18棟のビニールハウスを全て自分たちで建築しようというわけです。

一番のメリットはコストがとても下げられるということ。

そして自分たちで建築しているので補修も自分たちでできるということです。

そしてつづき農場は米と野菜をチーム制にしてメンバー構成しているので米班のメンバーは冬場に余裕ができます。

そこで毎年冬場に少しずつビニールハウスを建築して野菜の生産量を増やしていこうというわけです。

 

その1棟目建築の初日。

最初の1棟目だけは職人さんの指導もいただいて建築を開始しました。

なんとか1日で骨組みはほぼ完成しました。

あと1日で残りの骨組みとビニール張りまで完成させます。

1棟が2日間×18棟で36日間。

灌水設備や溝堀り、防草シートなどなど含めると2ヶ月ぐらい。

遅くとも来年の米が始まるまでにはしっかりと完成させて葉物野菜が通年で安定して出せるようにしていきたいです。

 

まもなく年末ですので忙しくなる前に1年を振り返りますと、

つづき農場にとっていろいろと変化のある年で、今年1年は飛躍の年になったと感じております。

パッキング場の稼働、餅の加工場建築、田んぼの面積拡大、ライスセンターにフレコンの導入、ビニールハウスの建築etc

従業員もこの変化に対応しながら一緒に成果を築いてくることができました。感謝です。

 

つづき農場は経営理念で3つのことを掲げています

 ①お客さんに喜んでもらうこと

 ②従業員にやりがいを持って働いてもらうこと

 ③農地を大切に管理すること

この中で一番大切なことは②だと思っていて①③を達成するには②がなければならないからです。

この考えを社内でしっかりと共有して来年も飛躍できる年にしていきたいなと思います。

そして地域や農業界に貢献できる企業を目指して来年からも日々精進して参りますので

来年度もどうぞよろしくお願いいたします。