鬼の霍乱

鬼の霍乱

年下の旦那さまと乳がん治療中の嫁の
珍道中的結婚生活をのらりくらりと綴ります。

*ご訪問ありがとうございます*


こんにちは。

蓮華(れんげ)と申します。


ラーメンの「ちりれんげ」ではなく、

お釈迦様の足元に咲く

「蓮華草」方でお願いします。


花言葉は「心が和らぐ」

「私の苦しみを和らげる」

「感化」です。


鬼の霍乱(かくらん)とは…

「ふだんきわめて健康な人が

珍しく病気になることのたとえ」です。


健康には自信満々の私が2013年1月に

39歳で乳がんの告知を受けました。


ステージ2b。


2013年2月より治療が始まりました。


術前化学療法(H25.2/8~7/12)

FEC 4クール

アブラキサン 4クール


手術日 H25年8月6日

左胸温存+リンパ廓清

ポート除去


ホルモン療法(H25.9/3~10年間)

タモキシフェン

タスオミン20mg→バイエル20mg→

MYL20mg→タモキシフェン20mg

朝1錠服用


放射線治療(H25.9/18~10/24)

胸と鎖骨リンパ節 25回照射


2014年7月 生理復活のため

ゾラデックス3ヶ月製剤

(H26.7.29~5年間の予定)


2015年4月 社会復帰



生きるための第2の人生のスタート。


一期一会を大切に。。。



<鬼の霍乱の主な登場人物>


・殿(との)

年下の旦那さま。被災地出身。

鬼レベルの人見知りでおとなしいが

頑固で負けず嫌い。

顔がヤギ似。


・蓮華(れんげ)

嫁。ブログの著者。

乳がん治療中。

超プラス思考でメンタルも強い。


・ジジイ(蓮華父)

基本優しく、料理上手。

酒好き。被災地育ち。

草花を愛する乙女チック老人。


・おかん(蓮華母)

すっとこどっこいな江戸っ子。

社交的で明るいが

危機がせまると恐ろしくネガティブ。

ミラクル過ぎるほど天然。


殿がうちに転がり込む形で

4人暮らしが始まり…

結婚後もそのまま同居生活を

続けている不思議家族。


☆コメントは承認制です☆

☆コメント欄は基本閉じています☆

☆読者登録もお気軽にどうぞ☆


テーマ:

がんカフェ手芸部


11月5日開催。



2日前に


参加を表明し。



前回から1度も


かぎ針を


握っていないという。



おいおい


大丈夫か、部長。



あははははは。



とりあえず


笑っておこう。



後は野となれ


山となれじゃ。



サポーターさんと


待ち合わせて。



いざ!R's Caféへ。



秋は夕暮れ。


夕日の差して


山の端いと近うなりたるに。




始めましてさんがいると


無駄に緊張するのだが。



馴染みのPSRお姉さまが


いてくれたおかげで。



普段はドSだけど


1週間分の


優しさライセンスを


部活でフル活用するのだが。



今回は


より素に近い


ツッコミまくりの


鬼畜キャラ。



おかげで


とてもやりやすかった。



頑張る部員さん(その1)




その2




その3




その4



 

分からないところを


みんなで共有して


助け合う。



部活の醍醐味やね。



お楽しみのランチ。



TSK姉さんとサシで。



品数ゴイスーーー!!!



キレイな茶碗蒸し。



この前適当に作ったら


恐ろしくスが入って


ボッコボコの物体に。



ヤギよ


マジすまねえ。




俺だけご飯おかわりなうえに


一番先に食べ終わる。



いつものこと。



午後も編み編み。



自己流で


なんとなく勘で


編んでいたところも。



謎が解けると


よりキレイに仕上がる。



その手助けが


出来ればいいなと


思っている。



2018年の手芸部は


今回で納め。



春からは


参加出来ないことも多く。



部長なのに


レアキャラという


謎の立ち位置で。



果たして


存続していかれるのか


なんて思っていた


時期もあった。



社交性に乏しく


ボランティアに関しても


非常に消極的。



そんな私が


こうして続けてこれたのは。



顧問とサポーターさんが


たくさん助けてくれたから。



熱意をもって


私を泥水の中から


引っ張ってくれた。



感謝しています。



来年は


ちょろっとリニューアルして。



新生手芸部として


生まれ変わるらしい。



楽しみだメェ~(ヤギ語)



私は私のペースで


やっていきますので。



どうぞよろしく


お願いします。



参加の皆さま


お疲れさまでした!!!





心を込めた手仕事が。







誰かの痛みに


そっと寄り添えますように。




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス