残暑も厳しい折、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年の夏も異常気象のような天候が続き、
暑い〜 暑い〜 と
口から出る言葉の半分は暑い〜になっております。


ですが…


燃えているのは何も太陽だけではございません!


そう!


我々ルレサクラの目にも炎が宿っているのです‼︎


ご覧ください!
GO!GO! マッスル‼︎

コロナ禍中の沈黙を経て、
今年も帰ってまいりましたこの企画!

肉祭りです🍖🥓🥩

集え!肉の超人達よ‼︎
9月1日(火)より
平日ディナー限定ですが開催致します!!
今年はなんと
アンガス牛のサーロイン!
しかもお値段据え置きの
1グラム、10円にて!
150グラム〜お好きな大きさでカットいたします!


色々考えましたがやはり我々、皆様に食事を楽しんで頂きたい!三密を避ける等対策の中、肉肉していただければ幸いです。




熊谷から高崎を目指しているわけですが、ずっと後悔しかしていませんどうもこんにちは玉村です。
日差しが強すぎて皮膚が焦げそうで炎天下でボトルの中のスポーツドリンクが40度位の温かさで胃に優しいってねってやかましわ!

もうアレです。暑いというかもうアレです。
あのー……アレです。


コンビニ入ります。

涼みます。駐車場で頭から水をかぶります。

進みます。するとまた暑いんです。
暑いんです。なのでコンビニを見つけると直ぐに吸い込まれて涼みます。


そんな事をだいたい15分おきに繰り返していましたので当たり前ですがまったく進みません。最初の大休憩予定ポイントの高崎まで40km、そしてそこを越えて次の大休憩予定ポイントの横川までが30km、さらに碓氷峠を越えての軽井沢まで20kmともうアレです。もうイヤです。

しかしアタクシも漢です
1度決めたことは最後までやり切らねばなりません。「負けないで」ZARDを口ずさみながらペダルを回しますと
でました!群馬県玉村町!
何の由来もございませんが何となく感慨深い!

高崎を過ぎた辺りで長かった17号ともお別れ
18号に入りようやく長野の文字が!
この辺りから少しずつ山っぽい雰囲気が出てきますがひどい暑さなのは変わらず…
ようやく看板に出てきました軽井沢の文字、が、
相変わらず暑さにやられ、コンビニ休憩を繰り返し、腹が減ったのでざる蕎麦大盛りにカツ丼追加でイヤというほど腹一杯にしちょっとまったり。

さぁ行くかと外に出るとやはりうだる様な暑さ。
それもそのはず1番気温が高くなる午後1時過ぎ、37度まで上がってました。
人間気が緩むと闘争本能などは一気に抜けてしまうもので、涼しいお蕎麦屋さんの中で幸せに満腹になるともうリタイヤしちゃおうかな…
と悪魔の囁きがよぎります

なので軽井沢で待つO氏に、熱中症のためヘルプメールで迎えに来てもらおうと嘘文書を考え始めた時です。



もう待ちきれないので飲み始めます!

と、画像が添付されてきました







イラッ💢

イライラッ💢イラッ💢

ご丁寧にカットレモンまで入れてる始末‼️

もうね、
ぜってーリタイアなんてしてあげない!

意地だ意地‼︎死んでも構わん。


ええ、ただの逆ギレです。

彼ら何も悪いことなんてしてませんよ?ただ何となく分かりますわよね奥さん。

ここからのアタクシ凄かったよ
軽井沢まで26km、ほぼノンストップ


旧中山道へ入り
景色も最高!

有名な眼鏡橋もパチリ

駐車場のバイカーが僕を見て
暑いのによくやるよねーとか言ってましたがそんな事言われなくても僕が1番思ってますから安心して下さい。

オラオラとこれでもかとペダルを回して一気に駆け上がります。あと暑さと怒りでおかしくなってますが今回のブログでZARD推しみたいに書いてますがすいません。嘘書きまして今回のサイクリング中1度も口ずさんでなんかいません。それどころかアタクシ、ヒルクライムやストレートでガンガン踏んで行く時はだいたい
マキシマムザホルモンの「F」が大音量で頭に響いています。

アタクシのクライムスタイルは狂い踏みです。

その甲斐あって
ひゃっほう
無事登頂!長野入り!

待ってろ!ビール達🍺!直ぐ行くからな‼︎


この時には峠制覇の喜びとビールへと期待で怒りなどどこ吹く風。何でも気の持ち様です。

ここからは降るとすぐに軽井沢。

ちょつぴり迷いましたが無事到着。
シャワーを浴びて念願のビールとO氏がマッサージまでしてくれました

お抱えシェフよ、メシはまだかね。

バーベキューに舌鼓。

夜は花火ととても良い夏の思い出になりました。
誘ってくださったO氏、土田家の皆さん、どうもありがとうございました。



夜はもちろん花火で大はしゃぎ

危ないので良い子はやめましょう。

おわり。

連日やれ猛暑や、やれ酷暑やと
ニュース垂れ流されておりまして、これはもう聞いてるだけで暑くなる
エアコンつけてても熱波情報でげんなりするわけです。

なので


避暑したいと

風が気持ちいい所に行きたいと

思いやってきました。





「あついぞ!熊谷!」
のキャッチフレーズでおなじみ

暑地!ここ
マジ暑地‼︎

あさ8時の時点でスゲーあちんす

ことの始まりはこうでした。
夏のルレサクラ3連休をどう過ごすかとみんなで話していたときに、土田家のみんなはこのブログにも何度か登場しているO氏の軽井沢の別荘に行くと。
アタクシは嫁子が実家に帰省しているので暇だなぁと思っていた所お誘いを受けたのでした


玉ちゃんもおいでよ

チャリでwww

いやいや、頭おかしいでょ
真夏に自走で軽井沢とか自殺行為ですよ
無理無理!

ペローン!

携帯がなりました
するとどうでしょう



うーん!この行動の速さ!
チャリンコを入れる輪行袋というものが届くよう手配されたみたいです。oh…



ということで途中まで電車にのり
そっからチャリンコでという
逝きな計らい、ありがとうございます😭

あーでもないこーでもないと1人会議をした結果、今回の軽井沢の旅は
熊谷から17号で北上し、高崎を過ぎたあたりで18号へ、横川から旧中山道で碓氷峠を越えて軽井沢入り。


ということにしてそのまま軽井沢まで電車でいって適当に走って疲れたフリして到着がベスト。という結論に達しました。

そんなわけで
愛馬 松風号をバラします

こちらがその輪行袋とエンド器具というもの

袋の中はこんな感じです

タイヤを外して逆さまに

チェーンを引っ掛けて
エンドを付けたら
縦置きできます

タイヤでフレームを挟み込んだら

袋に向きを間違えないように入れまして

巾着の様に絞ればオッケー👌

そしてそのまま
熊谷にワープ。

あれ⁉︎熊谷で降りてしもた!

朝6時の電車で熊谷まで約2時間、チャリンコが倒れない様に、かつ出勤してる皆さんのお邪魔にならない様先頭車両で立ちっぱなし
熊谷時点ですでにヘトヘトなアタクシはもうどうかしてたのでしょう。

自分にガッカリですよ。


曇り予報だった空もこれでもかという快晴
気温もグングン上昇中

ここからは国道17号で約40km、一路高崎を目指すしかなくなりました。

事前に高崎に住んでいる知り合いにいざとなったら助けてもらおうと連絡しておいたのですがなんと先日気温40.5度というハイスコアを叩き出したそうで脳がとろける🧠準備万端。熱中症にならない方がおかしいくらいですがまあしょうがない、のんびり行きます。



約7km地点、30分程走ったでしょうか…


すでに重症度Ⅰの症状が出ております!
揺れる地面!助けてZARD‼︎


つづく