開幕戦☆杉山コーチ

テーマ:
こんにちは!

コーチの杉山です。

小樽カブスリーグ第1節。vs朝里中学校戦がありました。

僕は仕事の都合で前半終了間際からの観戦でしたが、、


去年も一昨年も初戦は勝てていなくて、今年こそは!という想いで選手と共に迎えた初戦。

結果は4-0勝利!

前半0-0で、良くないジンクスが脳裏をよぎりましたが、ハーフタイムの監督からの喝もあって、後半怒涛の4得点。

この初戦は内容うんぬんより結果を求めていたので、ひとまずは及第点といったところでしょうか。

僕が気になったのは、トラップ、ドリブルのタッチ、パスの精度。

戦術的な部分も足りないところが多々あるのですが、何よりも個々の技術的な部分のミスが特に目立った試合に思いました。

体調不良明け、修学旅行帰り、初戦のプレッシャー…
うまくできない要素、硬くなる要素はありましたが、それを差し置いてもあまりにミスが目立ちすぎました。


常日頃思っていましたが、やはり基礎。
止める、運ぶ、蹴る。
改めて基礎の重要性を感じました。

どれだけ高度な戦術理解があったとしても、それを実行できる技術がなければ、なんの意味もありません。

しかしながら基礎というのは一朝一夕にはいきません。

普段の練習から基礎のことに関しては選手に伝えてはいますが、「意識」するだけでは足りないのだと思います。

特に今の年代。
技術力の向上は、戦術の理解度より確実に、選手にとってもチームにとっても大切だと思います。

シーズンは始まったばかり。

まずはしっかり勝利を収めて、また練習に励みます。


引き続き応援よろしくお願いしますm(__)m