リフォームプランスタッフの嘆き~~

リフォームプランスタッフの嘆き~~

改適リフォームプランのスタッフ「ONOっち」がリフォーム現場をつぶさにお知らせいたします。
業者選びの参考に、そしてお客様にはご自分の現場の進捗状況も把握できるように、できるだけ毎日更新しちゃいます。

時にはプライベートまでぶっちゃけトーク炸裂です。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
最近では着工済みの新築工事がすべてお引き渡しとなり、次の着工まで期間があいています。

新築工事中であってもリフォームの工事は何の問題もなく行っているわけですが

現場へ向かえる回数は、新築工事がない期間の方が当然ですが多くなります。

また、自分で作業する機会も増えます。

勿論、職人ではありませんので、工事に差支えの出るような作業はしません。

実際に現場に足を運ぶ、実際に作業に携わる。

これが一番早く、深く自分の知識や経験として残っていきます。

お客様にお話しする際にも、実感こめてお話しすることができます。

これから新築の着工が続きますが、今のペースでリフォームの方へも

しっかり携わっていきます。

小さな工事でも結構ですのでぜひご相談ください!

テーマ:

久々の更新です。


明日からマンションリフォームが始まります!


今日は管理事務所へ工事の届けを出してきました!


工事内容によっては、管理組合の承認が必要になり

ますので


承認が必要な工事以外の作業を明日から始めます。


まずは解体というか撤去作業からです。


写真は今後、随時掲載していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

リフォームプランスタッフの嘆き~~


テーマ:

3月より月1回で弊社事務所周辺へチラシを折込配布しています。


そのチラシには具体的な工事宣伝などは書いていません。


そもそもリフォーム工事の価格なんて、実際に現場を見なければ出すことなんてできません。


先日もトイレリフォームのご依頼を頂き、現場を見させて頂きました。


単純に便器の交換という事で伺いましたが、話の流れでトイレの床も交換することになりました。


床の交換の場合、既存の床をそのまま下地にして、新しい床を上から貼っていく方法があります。


そうすれば、床を剥がす手間や、廃材を処分する費用がいらなくなります。


今回の現場では、すでに過去に1度トイレをリフォームされており、その時に床も既存の床の上に


貼る方法で工事されていました。


そうなると、今回の床の交換を既存の床の上に貼ることは床が高くなってしまうので


できません。


既存の床と元々の床まで剥がす必要が出てくる可能性もあります。


もしこれが、現場を見ずに単純に便器の交換と床の張替え(既存の上から貼る方法)で


見積もっていたならば、床を剥がす手間などを入れない見積になってしまいます。


そしいざ工事の時に初めて工法を変えなければ成らにことに気づき、


見積とは違う請求書を出すハメになってしまうのです。


だからどんなリフォーム工事もチラシに価格が出ているものは、あくまで参考価格程度に


考えておくべきです。


我々業者としては、現場を見ないで見積もることは赤字になる可能性が大です。


ですから仕事の依頼を頂けるかどうかは別にしても、現場を見ることはまず一番最初に


やらないと、その先の話には進めないのが現状なんですね。


そう言う意味もあって、弊社のチラシには具体的な工事内容や価格でアピールするような


内容は一切書いてないんです。


それよりも弊社の考え方や、実際に行った工事の様子などをチラシに書いて


弊社の姿勢などを知っていただいています。


そのチラシをご覧になって、お問い合わせや工事の依頼を早速いただいています。


まずは地元で信頼を得ることからという思いで、近隣のみの配布ですが


もし見てみたいという方は、郵送いたしますので、メッセージ頂くか


弊社メールアドレスまでご連絡ください。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス