熱海殺人事件*お祝い花*終

テーマ:
本当に写真撮りすぎです(笑)。

今までで一番気にいっているお花かもしれません。
豪華なスタンド花も楽しいですが…シンプルなのに、役のイメージなど全て表現されていると思うのです。
今回、久保亜沙香ちゃんのお花イメージもプロデュース(というほどではなく、口出ししてるだけww)させて頂きました♪(*´∀`*)
絶対、ウエディングドレス!!…という確固たる自信があったので(笑)…そのイメージで。
カガミ先生演出だけなんですよね。
ロンゲストの水野のウエディングドレス姿って。たぶんですけど。
他の熱海では、まだ観た事ないですね。
台本上にも、水野がウエディングドレス姿になることは書かれていないので…カガミ先生ならではの演出だと思います✨
亜沙香ちゃんのウエディングドレス姿、最高に美麗でしたね✨
伝兵衛と水野の関係性も4年前とは全く違っていました。
相手役が変わると、こんなにも変わるのか…カガミ先生の演出…そして、石部さんの芝居力に改めて驚かされました。
4年前の伝兵衛は…怖い・カッコいい・変態(褒めてますw)…三拍子でしたが、今回の伝兵衛には可愛らしささえありました(笑)。
千秋楽での水野とのイチャつき増してましたしね❤(笑)
熊田や大山に関しても、4年前とは全く違っていました。
それらに関しては、また改めての機会に書きたいと思います。

熱海ロンゲスト…とても、幸せな時間でした✨✨✨✨✨





























お祝い花写真撮りすぎです(笑)。

4年前のカガミ熱海もアルシェでしたが、今回もスタンド花はNGとの事で、お祝い花企画は初のアレンジ花で*(*・ω・)ノ
伝兵衛と言えば赤!!のイメージなのです。あと黒。タキシードのイメージですね。
クライマックスの伝兵衛の見せ場として有名な花束で大山を叩きまくるシーン…4年前での熱海でも菊でしたが…11年前の熱海では薔薇なんですよね。
初めて熱海を観たのも薔薇を使用していたので…私の中では赤薔薇のイメージだったりします(笑)。
4年前の石部伝兵衛を観た時…ファンとしては、初めて石部さんを『怖い』と感じました。
圧倒的な伝兵衛のイメージを形にするのは難しいですが…お花屋さんに頑張って頂きました(笑)。
考えて考えて…こんな風に作って欲しいとお願いするだけです…お花屋さんに、毎度の事ながら感謝です✨
プレートの文章にも拘ってるんです…実は(笑)。
語り尽くせないほどの石部伝兵衛への愛をこめさせて頂きました❤(←重いw)
さて、次は亜沙香ちやん編に続きます(笑)。





























熱海殺人事件*お祝い花*

テーマ:
カガミ想馬プロデュース
【熱海殺人事件~ザ・ロンゲスト・スプリング~】
【売春捜査官】
【水野朋子物語】
2017年3月15日(水)~20日(月)
阿佐ヶ谷アルシェ
石部雄一さん出演

カガミ想馬さんプロデュースによる熱海殺人事件が4年ぶりに上演。
カガミ先生演出での水野朋子物語は初。

そして、何より!!

石部伝兵衛が帰って来ました!!
しかも!!相手役の水野が久保亜沙香ちやん!!
熊田に井上賢嗣さん!!
夢にまで見た最強キャストです!!(マジで夢に見ましたからw)
もう、この公演観たら思い残す事は無い✨

当然、石部さん&亜沙香ちやんのお祝い花企画組みました*(*・ω・)ノ





























2016年に観劇した舞台は46本。

良かったと思う舞台は数多くあれど…

まずは、応援している役者さんの舞台から振り返りたいと思います。

2016年も色々なお花を出しました*

基本的に、スタンド花を出すのは石部雄一さんのみです(今のところはw)。

 

3月

*隣のきのこちゃん2*

きのこちゃんが帰って来ました☆彡

より、パワフルになっただけではありません!ストーリーがあります!!(笑)

とはいえ、初演のハチャメチャさは変わっておらず、終始笑いっぱなし。

時に切なくさせてくれたりして。

ラストは皆で踊りだしたくなるような♪

レギュラー陣と新メンバーとの微妙なバランスの取れ具合が更に笑いを呼んだりw

 

とにかく楽しかった☆彡

 

きのこちゃんは、この一言に尽きますねww

テツオの×は、一体いくつまで増えるのか(笑)。

きのこちゃんメンバーの過去も知れた貴重な(?)物語となりました★

 

5月

*Second you Sleep*

大好きな幕末舞台。

あまり、幕末らしさは感じられなかった気もしますがw

歴史上の人物も出る和物ファンタジーと言った感じかな。

若手をメインに置いている物語なので、青春群像劇でした。

演劇人*山茶花の時も、そうでしたが…福地さん演出での石部さんのお芝居は、とても繊細。

仕草から台詞の言い回しまで全てが繊細でした。

まさかの推しが推しを斬ると言う…複雑な関係性となってしまいましたが(笑)。

 

6月

*果てしない海*

お花は出しておりません。

スターズの舞台が苦手だからです。

生で観たら、少しはマシかと思ったら…思った以上に酷かった。

よくもあれまでパクりオンパレードの作品が出来るなぁ…と感心したほど。

もし、これがコメディだと謳っていたなら、まだいいかな?(笑)

アクションも芝居も石部さん以外が酷過ぎて…休憩いらないから、早く終わって…と心の中で願いながら観劇したのは久方ぶり。もう何年も、そんな舞台を観ていません。最近は良質な舞台しか観てなかったんだなぁと思いました。

スターズを応援されている方もいますから…もちろん、個人的な感想です。

私には全く合わなかっただけです。

二度と出て欲しくはないなと。

石部さんの芝居とアクションだけは最高のものでありました。

1公演だけの観劇でしたが、それで充分w

 

7月

*イリクラ*

2015年に上演されたイリクラが新しくなって、S4Uプロデュースとして、そして、カガミ想馬・演出での公演。

カガミ先生演出舞台は【恋愛戯曲】以来。

石部さん自身の演出で出演するのは【熱海】以来。

そんな記念すべき公演にスタンド出さなかったのは…まぁ、色々とありまして(笑)…6月のことや、それまでに溜まりに溜まった様々な心境により(あの団体のことしかありませんがw)…それでも、ファンとして、公演お祝いは出したくて…前からやりたかった、カガミ想馬ネーム入りのボックスフラワーを。夏場だったので、ブリザーブドフラワー*

カガミ先生の演出舞台であれば全通当然!…なんですが、まぁ色々浮気してたりしまして(笑)。

珍しく回数少なめですが、拘り過ぎくらいのカガミ先生演出での石部さん出演舞台は大満足でした☆彡

石部さんと、こうせいさんの絡みだけ何度でも観ていたいくらいw

初代フードマンだけの物語『イリクラ~episode.0~』を本気で熱望致します✨

 

8月

*SLeeVe RefRain*

シリーズ続編と言っても…別の物語なので、石部さんが演じた袖山は勿論いませんw

…ですが、そんなファンへのメッセージかサービスなのか(笑)…河童と豆腐小僧のやり取りで袖山を思い出させる場面には、とても胸が熱くなりました☆彡

悟朗さんと石部さんのバディでのガッツリ共演にも胸アツになり、締め付けられるほど。

芝居の熱さを感じられる舞台は良いものです。

宮城さんの描くファンタジーは、やっぱり良い☆彡

 

9~10月

*バックトゥ・ザ・舞台袖*

初見では、これがリアルな舞台裏だとしたら、演劇嫌いになるわ。…と、かなり本気で思いました。

自分勝手な役者(登場キャラクター)が多過ぎる。

稽古中や公演中に、そんな事ばかり考えて、お金を払って芝居を楽しみに観に来ている客に失礼じゃないのか?

不快なシーン多数。

何の為の舞台?何が言いたい作品なの?

正直、2回目を観るのが、かなり鬱だった舞台でした。

でも、2回目を観たら印象が変わるよ。と言う観劇仲間の言葉を信じて、客観的に観たところ…もしも、こんな舞台裏だったら…こんな滑稽な役者たちがいたら…そんな感じで観ることが出来ました。

リアルに感じさせる役者さんたちの芝居力が凄い。

危うく騙されて演劇嫌いになるとこでした(笑)。

ちなみに、3回目の観劇感想は…敢えて書きませんww

ENGの舞台は好きなのですが…宣伝や物販など、ファンや客の気持ちを考えてはいないやり方に、ちょっと付いていけそうもないのが残念。

作品は来年も期待しています。

 

11月

*桜花風龍伝*

劇団KⅢに入る前から応援している桜亨士郎くんへのお花。

いつか、劇団で座長張らせて貰えますように☆彡

その時はスタンド出そうかなw

旗揚げ公演での桜花が、新しいふたつのエピソードとなり…罪忍・八重咲クから紡がれる物語は、初演桜花よりも深い物語となりました。

サオリの墓前でトキサダが死す場面に、他只涙しました。。。

KⅢの物語もですが、殺陣も時代劇を見ているかのようで…刀の一振りに生き様を見られる…そんな感じさえするのです。

時代劇好きには堪らないww

 

11月

*掃除屋レイちゃん*

○○屋シリーズ最後。

鳥越社長を観られるのも、これが最後。

でも、きっとまた帰って来てくれる…そんな素敵な○○屋ラスト公演となりました。

昭和ドラマのように…沢山笑って、ほろりと泣ける。

大好きなシリーズです!!

きっと、終わりではない。そう信じて待ってます!!!(私的メッセージw)

石部さんの演じた役の中でも、こんなにキュートで可愛い役は珍しいかも?w

私の中では2番目に可愛い役ですww

お花紹介でも書きましたが…これまでで一番好きなお花*

鳥越社長のイメージにピッタリ✨✨✨

 

12~1月

*隣のきのこちゃん3*

きのこちゃんが1年も経たずに帰って来ました★(笑)

2から脚本が変わり、ストーリー性が加わった、きのこちゃんw

主人公も『ぼく』に戻り、更にテーマも壮大になったパート3www

愛も宇宙もファンタジーも何もかもミラクルで何でも来い☆彡(笑)

何が起ころうと何も不思議じゃないのが、きのこちゃん★ゆりんぎワールド☆彡

1から観ている人たちには、『ぼく』が報われたことに涙し…初めて観た人にはストーリーで感動させてしまう…何かもう無敵な気さえしてきたww(きのこちゃん中毒症状です)

レギュラーメンバーの濃さには敵わないものの(笑)…新キャラたちが、より、きのこちゃんの世界を広いものにしてくれてますね~ww

個人的に、ジーンに胸キュンしてました♡ずるいわ(笑)。

年末年始を、とても楽しい時間にしてもらえた事に感謝☆彡

早く4が観たい☆彡

予告通りであれば…あんな姿のテツオが観られるのかな?それは鼻血モノだわ♡…などと今から萌えておりますwww

 

2016年石部さん出演舞台は、きのこちゃんで始まり(1月リンカネはシークレット日替わりゲスト)…きのこちゃんで終わり…

2017年石部さん出演舞台も、きのこちゃんで始まりました☆彡

きのこちゃん当日パンフにて、既に情報解禁は(うっすらと)されていますが…

 

2017年3月!!

あの伝説の石部伝兵衛が帰って来ますっっっ!!!

4年ぶりの石部伝兵衛ですよ☆彡

石部さんご本人が40歳を迎え、伝兵衛と同い年となって演じる石部伝兵衛✨

キャスト陣も凄そうな予感!?ww

期待しかないっっっ☆彡

これを観たら死んでも構わないと思うほどの舞台です✨✨✨

(きのこちゃん4があるので、まだ死ねませんがww)

 

今年は芝居年でありますように✨

tokinoko presents vol.3

【隣のきのこちゃんpart3~マルナゲドン~】

2016年12月28日(水)~2017年1月5日(木)

シアターKASSAI

石部雄一さん出演

 

きのこちゃんが遂に3作目☆彡

お祭りのような、観た後に楽しかった!!その一言に尽きる舞台★

 

2015年2月から上演されているこの舞台。

1・2・3…すべて皆勤賞です☆彡(笑)

舞台は生もの。

1公演とて同じ舞台は無い。

どの公演も違う。

1回も見逃したくない。

そんな舞台だと思いますw

観たら元気を貰える舞台。

 

作品の感想は改めて。
 

1・2と、お祭りな舞台のイメージで、見て元気になって貰えるようなスタンド花を出して来ました。

今回は年末年始公演という事もあり、配達や回収、管理などが難しい事もあって、スタンド花はNGとなりました。

役者が持ち帰ることの出来るサイズのアレンジ花のみという事で…

年末年始らしい何か…それでいて、きのこちゃんのイメージに合うもの…

 

しめ縄になりました(笑)。

 

オシャレに言うなら、正月リース(笑)。

 

門松はカドショーファンが、きっと出すだろうと思ったら…無かったですねw

年末からという事もありますしww

 

ブリザーブドの赤薔薇1輪がテツオっぽい✨

 

どんな飾られ方をするか不安だったのですが…スタッフの計らいにより、劇場ドアに飾って頂けていて嬉しかったです☆彡

正しい飾られ方(笑)。

 

公演中、お客様を出迎える役目を果たしてくれました。

 

石部さんにも、とても喜んで戴けたようで何より☆彡
















 

大晦日アフターイベントの紅白歌合戦では、ペンライト振ったり、初の石部さん団扇作ったりと…とにかく楽しかったなぁ☆彡

 

そんな話も振り返りたい♪

 

早く、きのこちゃん4が観たいです☆彡