{6CF53DCA-F94D-4111-AF91-51C021702CCD}

一昨日の花組編、昨日の雪組編に続いて、今日は宝塚おとめ2018年度版の月組編の感想を書き綴りたいと思います❣️

私の月組のご贔屓スターさんは、たま様とれいこちゃん💕まずはご贔屓お2人のプロフィールをチェック💕

たま様のプロフィールの「好きだった役」リストには、ラストプレイ新人公演のムーア(本役は霧矢さんで主演は瀬奈じゅんさん)、スカーレット・ピンパーネルの全て(たま様は新人公演でパーシーのお役でした)、月雲の皇子の木梨軽皇子(たま様が主演でした!)、グランドホテルのフェリックス(こちらもたま様の主演作品。トップお披露目公演でした!)と、意外なチョイスと順当なチョイスが入り混じったリストでした。「ラストプレイ」は未見の作品。たま様にとって特別な作品だったのですね。拝見する機会が無かったことを残念に思いました😢

たま様の「好きだった役」のリストを見ると、たま様はファン目線に近い選択をされているように思いました。グランドホテルの男爵役のたま様はスーツの着こなしがとてもエレガントで素敵でした💕第2部のショーのカルーセル・ロンドでは、テキーラのシーンのたま様にときめいてしまいました❣️

直近の作品「カンパニー」の青柳誠二とショーの「バッディー」はランク外でした。時期的に「好きだった役」の対象外の公演だったのかな、と思ったのですが、京美沙さんのプロフィールの「好きだった役」の欄に「カンパニー」の敷島瑞穂、と書いてあったので、選択の対象にはなっていたはずです。でも、たま様のリストには入っていませんでした。.....やっぱり...。

そして2番手のみやるりちゃんは、というと...。

去年の「宝塚おとめ」では、みやるりちゃんの「好きだった役」の欄には、「今まで頂いた役のすべて。特に「1789」のアルトワ伯、「舞音」のもうひとりのシャルル、「グランドホテル」のオットー」と書かれていました。なるほど、ファンの意見と一致するような選択でした❣️でも、主演作品だった「瑠璃色の時」のサンジェルマン伯爵の名前がリストにはありませんでした。そして、かちゃとのダブル主演だった「The  Kingdom」もみやちゃんの「好きだった役」のリストにはありませんでした😢みやるりちゃんのケースも「好きだった役イコール主演作ではない」という法則に当てはまるように思いました。

そしてみやるりちゃんの今年の「宝塚おとめ」のプロフィール欄は、というと...。

今年のみやるりちゃんの「好きだった役」の欄は、「いままで頂いた役の全てに思い入れがあります」という優等生的な回答になっていました。

でも、私は「All for One」のアラミス役を好きだった役の一つに挙げて欲しかったと思いました。アラミスは、みやちゃんの魅力全開の素敵なお役だったのに...😢

みやちゃんのある意味シンプルな回答「今まで頂いた全てのお役に思い入れがあります」という答えは、やりたかった役や好きな役はほぼやり尽くした・・・と言う達観した境地が伝わってくるような気がしました。ベテラン上級生としてのみやちゃんの余裕が伝わってくるようなお答えだと思いました。

そして、ご贔屓のれいこちゃんは、というと...。

今や月組3番手に位置するようになったれいこちゃん💕れいこちゃんの「好きだった役」の欄にもみやちゃんと同じく「いままで頂いた役の全て」という回答が書かれていました。

ファンとしては、「るろうに剣心」の四乃森蒼紫と「All  for One」のベルナルド様をリストに入れて欲しかったです😢

過去を遡れば「銀二貫」の松吉の役も良かったですし、「ローマの休日」の床屋さん役も新たなれいこちゃんの魅力をファンに見せてくれたお役でした。新人公演の「シャル・ウイ・ダンス」のヘイリーも素敵でしたし、「一夢庵風流記」の前田利家も良かったです❣️・・・と、ファンとしてもなかなか絞りきれないれいこちゃんの印象的なお役が次々と浮かんできます。スペースの関係から「いままで頂いた役の全て」という回答にならざるを得なかったのかもしれません。

でも...。

そうはいうものの、れいこちゃん本人が好きだった役について情報を得たいと思うのがファン心理です。

去年の「宝塚おとめ」のれいこちゃんのプロフィール欄を見てみたところ、こちらにはなかなかマニアックな内容が書かれていました。れいこちゃんファン歴の浅いわたしが見ていなかった「パルムの僧院」のフェランテ(❓)と、かろうじて「スカイステージで放送されていたのを見た「アル・カポネ」のエリオットが、去年のれいこちゃんの「好きだった役」でした。ある程度ファン歴が長い方でないと、このリストへの理解や共感が得られないのではないかと思いました。すでに主演作があり、新人公演の主演もしていたれいこちゃんでしたが、去年のれいこちゃんのお答えは「主演作イコール好きな作品というわけではない」という法則に合致するお答えでした。

そのほか、れいこちゃんのプロフィール欄は他の生徒さんに比べて短くて、「好きだった役」以外の質問の答えは、全て去年と同じだったことに気がつきました。
.
ファンは少しでもご贔屓の生徒さんの情報が知りたい、という気持ちで毎年「宝塚おとめ」の発売を楽しみに待っています。情報が少ないということもれいこちゃんのミステリアスでクールなイメージに結びついているのかもしれませんが、来年の「宝塚おとめ」では、れいこちゃんの「好きだった役」をぜひ教えて欲しいな❣️と思いました。

そして、ちゃぴちゃん。

ちゃぴちゃんの「好きだった役」の欄にも「今まで頂いたお役、すべてに思い入れがあります」と書かれていました。去年の「宝塚おとめ」にも全く同じ回答が・・😱。

ちゃぴちゃんは、龍さん、みりおちゃん、たま様と、多くの男役スターさん達の相手役を務め、去年の博多座公演ではトド様の相手役まで務めた特別な娘役さんです。ちゃぴゃんクラスのトップ娘役さんにもなると、やはりいろいろな方面への配慮もあるのか、無防備に好き勝手なことは言えないのかもしれません。

私の1番好きだったちゃぴちゃんの役は、「アリスの恋人」のアリスと、「ロミオとジュリエット」のみりおちゃんロミオバージョンの時のジュリエット役のちゃぴちゃんです💕どちらもみりおちゃんのお相手役だった時のちゃぴちゃんでしたが、2人の息の合った演技に胸をときめかせながら舞台を拝見していました。ちゃぴちゃんが心の中で思っている「好きだった役」の中にこの2作品が入っていたら嬉しいです❣️

そして、ありちゃんは...❓

ついこの前バウホールでの単独主演作品「アルカディア」に出演したありちゃんは、「好きだった役」の一つにこの作品を選んだのかな、と思ってチェックしてみたところ、ありちゃんはとても個性的な選択をしていることがわかりました。ありちゃんの「好きだった役」には、「PUCK」新人公演のボビー、「1789」新人公演のロナン、A-EN、「舞音」新人公演のクオンの4つの役が書かれていました。主演作品あり、新人公演の主役あり、脇役あり、とバラエティーに富んだユニークな選択でした。

でも、気になっていた「アルカディア」は、「好きだった役」のリスト入りをしていませんでした。そして去年の「宝塚おとめ」のありちゃんのプロフィール欄を確認してみると・・・。

なんとありちゃんのプロフィール欄には、2年に渡って全く同じお答えが記載されていることがわかりました....😱

もしかしたら、これはなにかのアクシデント⁉️

それともありちゃんの好きな役リストは毎年不動⁉️

今年は「All for One」や、「アルカディア」がありちゃんの「好きだった役」のリスト入りをするのかと思っていたのですが、ランク外という結果に...。ちょっと不思議な気がしました。今年はエリザベートでルドルフを演じることになっているありちゃん💕来年の「宝塚おとめ」には、ありちゃんの「好きだった役」のリストにどんな役が登場するのでしょうか❓来年には内容が更新されるはず、と楽しみにしています💕

全体的にちょっと肩透かしされてしまったような月組のスターさんたちのプロフィール欄でしたが、組全体を通じてちょっとびっくりした発見として、複数の生徒さんが、私の中でワースト系の作品に位置づけられている「NOBUNAGA」で演じた役を「好きだった役」に挙げていたことでした😱

としちゃん(浅井長政)、春海ゆうくん(新人公演の羽柴秀吉)、蘭尚樹くん(仙千代)、彩音星凪くん(新人公演の佐脇良之)、一星慧くん(新人公演の加藤弥三郎)が「NOBUNAGA」の中の役をリストの中に挙げていました。...ということは、ファンの思いとは別に、この作品には生徒さん達の特別な思い入れがある作品だったのかもしれません。生徒さんの想いとファンの想いとの違いがここにも‼️

「NOBUNAGA」はファンからの評価はもうひとつ・・・という感じの作品でしたが、多くの生徒さんが好きな作品だったことがわかりました。

・・・と、ご贔屓の生徒さんを中心に、プロフィール欄をざっと見渡した月組の感想はこんな感じです😅

月組は、プロフィール欄の内容の更新が見られなかった生徒さんが結構多かったのと、「好きだった役」の欄に「いままでいいただいたお役全て」といった優等生的な回答をする生徒さんの率が高く、全体的に大人しい印象を受けました。ギラギラしたアピール感がない、というか欲がないというか、慎ましやかというか・・・。「宝塚おとめ」のプロフィール欄の活用は、オフィシャルなツールを使ってファンの獲得を目指すことができる数少ない自己アピールのチャンスでもあるのに・・・。ジェンヌさんである、ということは芸能活動に携わっているということでもあり、人気商売であるという側面もあるので、自己アピールの手段を有効活用しないのはもったいない限りです。アピールしすぎてガツガツ感が漂いすぎるのも品格の点でマイナスになる可能性がありますが、せっかくの機会なので、ファンが知りたい情報をもう少し教えていただけたら...と。月組はマイペースでおっとりした生徒さんが集まっている組、ということなのかもしれません。

月組編の感想はこのぐらいにして、次回は星組編の感想を書きたいと思います。明日は、星組大劇場公演「Another World」を観劇する予定なので、観劇の感想も忘れなうちに書き止めておかなくては・・・。この三連休は、宝塚観劇とヅカブログの執筆で、宝塚三昧の休日になりそうです!