日本と人生を豊かにするブログ

日本と人生を豊かにするブログ

日本社会の現状を知り人生をお得に生きよう(^O^)。日米に敵対する国のスパイたちとその手口を中心にしたテーマで警告を発信するブログです。公開後、追加の記事を編集してます。1日後に再度読み直しをお勧めします。

以前、FXクリリンを名乗る。引用紹介大歓迎!現在本当のファシスト達が被害者のフリをしている。僕は在特会ウォッチ→自作自演ヘイトスピーチ→南朝鮮労働党(韓国民主化推進勢力)のネットワークまで知り驚嘆した。本ブログは「敵が日本国民に知って欲しくない話題」を紹介する。なぜ日本が暴走したのか? https://ameblo.jp/recrutarou/entry-12395948142.htmlを見てほしい。現在、暴力団しばき隊が保守サイトのスポンサーに言い掛かりをつけています。スポンサーから連絡を受けたら以下のマニュアルに従うよう提案してください。大和市暴対マニュアル→ http://www.city.yamato.lg.jp/web/content/000128114.pdf
NEW !
テーマ:

日本の朝鮮マスコミはウソツキであると本ブログで何度も断罪しています。今回、この記事を読んだ人はより多くの人にこの記事の事実を広めてください。マスコミは「本当の問題点」を隠し、老人ドライバーを凶器にしています。まじで、朝鮮マスコミはシネよ!!

僕は、たまたま、YOUTUBEでブレーキの間違った使い方のビデオを見つけ仰天した。

なんと、左足でブレーキペタルを踏む人がいるとか、このビデオはまさに机上の空論で「左足でも問題ない(慣性力、なにそれ美味しいの?)」と結論づけていた。ユトリ教育て、ここまで人間をバカにするのか・・・僕はもともともMTの免許を持っている。MTでは左足でクラッチペタルを踏み、右足でブレーキペタル又はアクセルペタルを踏む、この形がもっとも自然で操作しやすい。レーシングドライバーの「ヒール&トー」に至っては右足でブレーキペタルとアクセルペタルを同時に踏む。急停止するとき、先に右足でブレーキペタルを踏み、そして、左足でクラッチペタルを押す。(たいていの人は右利きなのでブレーキペタルのほうが強く踏まれる!!)

仮に左足でクラッチペタルとブレーキペタルを操作するクセをつけたらどうなるか??

急停止するには左足でブレーキペタルを強く踏むことになる。そうなればクラッチペタルは踏まれてないのでエンストを起こしてしまう(実際には右足がとんでもないことになるが、それは後述する)。急停止によりエンジンが止まってしまうので、ドライバーがここからエンジンをかけて車を動かすまで周囲の交通は止まることになり、交通停滞の原因になる。

つまり、MTの世界では右足でブレーキペタル及びアクセルペタルを踏むのが常識なのだ。

AT車にはクラッチペタルがないのでMTの常識は通用しない?そうじゃない。MT車の運転において、なぜ左足よりも右足に重要な役割を与えているのか??それは多くの人が「右効き」だからだ。

たまに「左効き」の人がいるかも知れないが、右利きの人にとって右足の位置関係や制御は常に行えるが、左足は右足のように繊細な制御はできない。だから、右効きの人が左足をブレーキペタルにかけたら、思いもしない事故を起こしてしまう。

事故った高齢ドライバーはなぜ「車が勝手に」と言い訳するのか?
まぐまぐニュース! / 2017年2月6日 5時0分

https://news.infoseek.co.jp/article/mag2news_237648/
高齢ドライバーによる事故報道の過熱ぶりに疑問を持った、メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』の著者で交通ジャーナリストでもある吉田武さんが、現役の警察官僚からその裏側を徹底的に聞きだす人気シリーズ。第1回の「警察官僚が暴露。高齢ドライバーの事故報道が突然激増した裏事情」、第2回の「高齢者の運転事故、実は減っている。事故多発に見せたい政府の思惑」の両記事ともに信じ難い情報のリークがありました。第3弾の今回は、高齢者が事故を起こすそもそもの原因、そして加害者となった高齢ドライバーの呆れた言い分が暴露されています。

高齢ドライバーはこうして事故を起こす
吉田「アクセルとブレーキを間違える、前進と後進のギアを間違えるのも高齢ドライバー特有のミスじゃないですか? あれって具体的にどのような状況下で発生しているんですか?」

匿名X氏「具体的に説明しますと、まずアクセルとブレーキの踏み間違えに関してですが、恐らくお察しだと思いますが、
『右足をアクセルペダル、左足をブレーキペダルの上に置いたまま運転している高齢ドライバーが実際多くいるんですね。』つまり両足を使ってペダルを踏む方が合理的と考える高齢ドライバーが存在しているということです」

吉田「高齢ドライバーはF1ドライバーのつもりなんですか(笑)」

匿名X氏「恐らくF1ドライバーが両足使っていることも知らないと思いますが、両足をペダルに置いて運転するということは、ドライバー本人も自身の反射神経が衰えている部分を自覚していると思うんですね。そうでなかったらそんな器用な運転できませんよ(苦笑)」

・・・・

---<以上、引用おわり>---
↑これで本ブログの読者は「事故を起こした老人の運転姿勢」がわかったと思う。事故を起こした老人は両足をペダルに乗せて運転していたのだ。そもそも、右利きの人が多いのに、左足でブレーキを制御しようとすることが間違っている。

老人達はその間違っていることをやって事故を起こしていたのだ!!

こんな事実を知らないで「左足でも問題ない」と結論付けたビデオをYOUTUBEで流す勢力とはいったい誰なのか??日本政府なのか?違うと思う!!僕がいつも批判しているアイツラだ!!そして、その上で『老人には運転はムリだ』とネット上で叩いているのだから、どれだけ、アイツラが悪意に満ちた勢力か、わかるだろう!!アイツラは「情報テロリスト」だ!!

2018年4月15日日曜日
左足でブレーキを踏むと壁に激突する!!

http://yonaosi0704.blogspot.com/2018/04/blog-post_15.html
・・・・
車の中の運転者の身体は前に進もうとします。
これが慣性の法則です。


【左足でブレーキを踏む】
 左足はブレーキパッドの上にあります。
 右足はアクセルペダルの上もしくはその延長線上にあります。(当然、左足はブレーキパッドの上です)

【大きな勘違い!】
「右足はアクセル、左足はブレーキ」という事にしてしまえば踏み間違え事故はなくなる? のでしょうか。ユーチューブでも「左足でブレーキを踏んだほうが間違いが起こらず、安全だ!」という動画も目にします。

 プロのラリードライバーでも左足ブレーキを多様します。 ただ、これはプロの話。一秒でも早くコーナリングをするためのドライビングテクニックでしかありません。 お年寄りや運転に不慣れな女性ドライバーがマスターできる運転方法ではありません。


(左足でブレーキを踏む場合)
①アクセルを緩める
②ブレーキパッドに移動
③ブレーキを踏む
④フットレストに移動
 
この場合、4つの動作が必要になります。

(右足でブレーキを踏む場合)
①アクセルペダルからの移動
②ブレーキを踏む

※ペダルを移動した時点でアクセルは緩められる。 2つ動作だけで車は止まります。右足でアクセル・ブレーキを操作するほうが仕事量は少なくなります。

実は右足だけでブレーキ・アクセルを操作したほうがペダル操作が簡単になります。左足はフットレストの上もしくは床の上になります。

【再び慣性の法則】
左足でブレーキを踏んだ場合 左足はブレーキペダルの上、右足はアクセルペダルの上にあります。フットレストは身体を支えて踏ん張るためのペダルです。 左足でブレーキを踏んだ瞬間に「慣性の法則」が働いて身体が前に動いたらどうなるでしょう?
踏ん張りの効かない右足・左足は「慣性の法則」により前方へと移動します。
<時速5 kmの場合>
時速5キロの低速で動いた場合、
1秒間で  83センチ 動きます
0.1秒で   8センチ 動きます

ブレーキが効いてわずか0.1秒の間にペダルを8センチ前方に移動、すなわちペダルを踏み込むことになります。
★ブレーキは思っきり踏み込む
★アクセルペダルも思っきり踏み込む

実は「アクセルとブレーキの踏み間違い事故」は0.1秒の時間にブレーキとアクセルペダルを同時に全開で踏み込んでしまい、壁に激突する事故が発生。左足でブレーキを踏んでからわずか0.1秒の短時間でドライバーが無意識に起こしてしまいます。
 
・ドライバーは確実にブレーキを踏んだ(左足で)
 ・なのに前に進んだ、なぜ?

★事故を起こしたドライバーは頭をかしげます。
・・・・

【科学的見解】
 左足でブレーキを踏んだ場合のアクセルとブレーキの関係を表にしました。

見てもわかる通り、左足でブレーキを踏み込んだあとはフットレストに左足はなく、アクセルの上に必ず右足が乗っかっている状態です。
身体を支えるものは何一つありません。

 いくつかの事件は現在、裁判で係争中です。この事故の原因は「慣性の法則」が原因だとするとドライバの過失責任は問われなくなります。 現行の道交法ではブレーキはどちらの足で踏んでも罰則には問われません。
 
 アクセルとブレーキを踏み間違えたのでは「過失」はドライバーになります。
 今後この手の事故を起こさない為には普段からブレーキはどちらの足で踏んでいるかを明らかにしなければ原因追求はできません。
このブログを多くの警察関係者、自動車メーカー技術者の目に触れることを望みます。
---<以上、引用おわり>---

↑の人は科学的に「慣性の法則(慣性力)」を使い運転中の状況を説明している。

つまり、「AT車のフットレスト」には「慣性の法則(慣性力)」に対処するという大きな働きがあったのだ。MT車の場合、急停止時、右足でブレーキペタルを強く踏む⇒「慣性の法則(慣性力)」が発生⇒左足でクラッチペタルを押して「慣性の法則(慣性力)」を打ち消す。このような仕組みになっていたのだ。

なので、左足をブレーキペタルに置く行為は自殺行為だ。


急停止するとき、慣性力により体が前に動き、ブレーキペタルもアクセルペダルも両方を踏んでしまうのだ!!これでは車は本物の凶器になってしまう!!ただちに、日本政府はこのような運転をしている人たちに警告(注意喚起)を出すべきだと思う。

道理で朝鮮マスコミが老人叩き「認知症にからめた報道」をしたわけだ。問題は「我流の運転スタイル」にあった。マスコミは日本国民にこの問題点を見せたくなかったのだ。

まじでシネよ!!朝鮮マスコミ。