そんな質問されること、あります。


これって私、思うんです。
「弱み」を聞かれてるんです。「強み」と捉えられるようなことを言って、自分のPRに変えちゃうのは、面接官としてはちょっと過剰行為かな、と思ってしまいます。


いくらでも「弱み」を伝えた上で、アピールはできます。たとえば、先に「強み」を伝えてたら、その一側面を弱みとして伝える。それを完全な「強み」に転嫁してくための方法まで、考えておけばいいのです。

もちろん聞かれてないことは答えないでください。
過剰PRマンは、失敗すると評価がた落ちです。
就活本は結局、一般論しか書かれていません。あなたに足りないものは、直接指摘してもらわないと気づかないものばかり。

本を読むより、積極的に人と話しましょう。実は就活って短期間に自分を飛躍的に成長させられる期間だったりするんです。

新卒は、いいぞー

テーマ:
新卒で入社すると、同期がいたりします。

実際に働かないとわからないかもしれませんが、同期っていいです。

仕事仲間であり、友だちのような、でもやっぱ今までの関係とは違うような。

そんな関係に出会えることは、
新卒ならではのことです。


就活生のみなさん、楽しみにしててくださいね。社会人生活も捨てたもんじゃありませんよ。