先生(成宮先生のお師匠さん)のお話は続きます。
 

・・・

<幽霊に足がない理由>

で、普通の人って意識がどうなってるかと言うと、逆三角形なんだ。
頭のところにほとんどが在って、足の方にほとんどないから逆三角形。

そこで幽霊の話がでてくるんだよ。
日本で描く幽霊って足がない、足がないだろ。
しかも丑三つ時に出てくる。
柳の下に出てくる。
みんなは「丑三つ時に幽霊が出る」と思ってんだな。
これ違うんだ。

と、詳しく説明してもらった。


<幽霊は残存思念>

 

《 詳しい説明をしてもらった。》

 

だから、気功でガラスを割ったりできる気は、
怒りと同じ低い波動、肉体・物体に近い波動なんだよ。
良いとか悪いとかじゃないぞ。


・・・

なるほど・・

なお話が続きます。

幽霊の話と言っても、
不思議現象、怪奇なことではなく、
とても道理にかなった、物質的、物理的なお話でした。
 

幽霊、怖い、不思議現象。。

そういう漠然とした考えが
スッと理路整然と、整って行きます。


幽霊、見た事はないと思いますが、
次にそれと分かる感じで見えたら、
先生のお話に添って、
物理的要素をかんがみて、
「ほうほう、ほんとだ、その通りだ・・」と
観察してしまうかもしれません。

 
波動、意識、意識体とは・・

 

色んな角度のお話から、
ぐっと深まって行きます。。

 

 

 

 

 

 

 

■鳳条さんのブログ■

 後ほどリンクいたします♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もブログにお越しくださり、

ありがとうございました音譜 うさぎクッキー

Thank you so much for visiting my blog!

------------------------------------

 

■ネクストステージ Official Website

https://nextstage-nakano.com/

 

虹 お客様からの体験談はこちらをご覧ください

http://next-letter.com/01/

 

■Next法律事務所

https://nextlawfirm.jp/

 

--------------------------------------

 

 

 

 

先生 (成宮先生のお師匠さん)のお話が続きます。


・・・
 

昨日映画を見てたんだけど、
そこで、言うんだよね。

茶碗の中に、お茶が入っている
この茶碗が肉体で、中のお茶が精神。

 

という説明をするんだよ。
で、その茶碗を落とす。
パリンと割れる。

茶碗は、割れて、壊れてしまった。

じゃあ、中のお茶はどうなったんだろう?
飛び散ってるだけだよね。
無くなりはしない。

要は、人間の精神意識は無くならないって説明に
それを使ったわけだ。

皆その話はよく知ってると思う。
肉体はただの入れ物に過ぎない。

俺もよく言うんだよ。
死ぬっていうのは
服を脱いで着替えるみたいなものだ。

輪廻ってそんなもので、
着替えた時に、新しい服で新しい一日が始まるわけじゃないか。

 

人生は、昔は60年、今なら100年くらいのスパンで繰り返される。

頭ではそれを分かっているし、理論的にも分かっているんだよ。
分かっているんだけど、腹落ちしない。
そうなんだー、そうだよねー、意識なくなるわけないしねー、
みたいな感じだ。

 

 

<逝った瞬間が分かる>

でも今、お前達は意識を感じられる。
自分の中にある意識を感じられる。
人の中にある意識も感じられる。

だから、人の死に立ち会うと、逝った瞬間が分かる。

 

「あ、今逝った」っていうのが分かる。肉体から意識が抜けるから。

 

死んだ時でないと完全には抜けない。
生きてる時って、肉体の外側にも意識があるじゃないか。
もう感じてると思うけど、ほら。
ふわふわって、この辺まで、こう意識が来てる。

 

目だったら、もっと遠くまで、もっとすごいとこまで来てて、
バシーンと意識が繋がるじゃないか。
でもフォーカスしてる意識以外の意識もふわふわふわふわしてる。



・・・

意識、精神について、そして輪廻について・・

普段も、意識は体や目から出いているけれど、
完全には出ない。

意識が、体から完全に抜ける時、それが逝く時。

そして、今の私たちにはその瞬間が分かるとのお話。

気感を開いてもらったことで、
色んなことが感じられるようになっているようです。
 

 

体から抜けた意識は、また新しい服(体)を着て
新しい生を生きる。

今までは漠然と、そうゆうものだと思っていましたが、
これからは、身を持って実感するように
なるのでしょう。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■鳳条さんのブログ■

後ほどリンクいたします♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もブログにお越しくださり、

ありがとうございました音譜 うさぎクッキー

Thank you so much for visiting my blog!

------------------------------------

 

■ネクストステージ Official Website

https://nextstage-nakano.com/

 

虹 お客様からの体験談はこちらをご覧ください

http://next-letter.com/01/

 

■Next法律事務所

https://nextlawfirm.jp/

 

--------------------------------------

 

 

 

伝授を終えられ、
先生 (成宮先生のお師匠さん) が、
事後説明と質問の時間を設けてくれました。

鳳条さんと二人、
先生の前に座らせてもらいます。

先生が、話始められました。

・・・

■この世界はバランスで出来ている

お前たちは感覚を開いたから
いろんな微細なものが感じられる。

 

ま、匠真ほどじゃないけどね。
匠真は俺達の何十倍の感覚を持ってる。
まあ犬の嗅覚みたいなもんだな。
人間の30万倍とか100万倍の感覚を持ってる
犬と人間くらいの差があると思う。

たとえば感覚が、倍敏感になったとすると、
美味しいものを「倍」美味しいと感じられるわけだ。
同時に不味い物も「倍」感じる。
そういう世界だ。

良いことだけじゃない。
「良い事」があれば必ず「悪い事」もついてくる。
「悪い事」があれば「良い事」もついてくる。
この世界はバランスが取れているんだ。

これを一番最初に知っておいてほしい。

 


<病気が治って、失うもの>

だから、
病気が治ったら、喜ぶだろうが、
その反面、失うものもある。
当たり前だな。

有栖が病気の時は、
周りの人が優しくしてくれただろう。
その人たちは優しい気持ちだけじゃなく、
「同情」とか、「手伝ってやってる」っていう 
満足みたいなものもある。
裏側には優越感があるんだ、実は。

優越感が欲しい人は、
力がない人の方に手を貸して、自己満足するんだよ。
有栖が病気を改善して自立した時に
離れてった人が けっこういるはずだ。
その人達は自分の存在価値を失なっちゃうからね。

何かしてもらって下手に出てる有栖が、
対等になったら面白くない。
自分の存在価値すら見失う。

ね?
健康を得たら、
失うものが出てきただろ?

得るもの と 失うもの は バランスしてて、同時に起きる。
何かを得るためには、何かを失わなきゃいけない。
これはもうバランスだから、仕方ない。
何も失わずに何かを得ようなんて無理だ。
表裏一体。
ていうのを最初に言っておく。

だから、良い事だけ起きるとか、
敏感になったから、これから良い事がある、人生が楽しめる
と思ったら大間違いで
苦しみも同じようにやってくる。

 

これを理解しておけ。

 
・・・

良いことだけがある世界なんてない。

 

全てがバランス。

裏を返せば、悪いことだけがある世界なんてない、ということ。

宇宙の摂理、
その中に普遍的にある愛、のようなものを
感じます。。

プラスが2あれば、マイナスも2。
プラスが5になれば、マイナスも5になる。

どちらもあって、
そのどちらを見るかは、
自分次第。

それが分かると、
足りないと思う事なく、
有る方を見ている方が絶対良いじゃん、と
素直に腹落ちしました。

病気が治った時の変化は、
ありありと分かりました。

皆、病気が治れば良い、
マイナスに思える部分が無くなれば良い、
と思っているものだと思います。

でも、そのマイナス(悪いこと)が消えると、
そのマイナスに付随していた、プラス(良いこと)も消えます。

まさに、バランス。

同時に、マイナスが無くなった、という新しいプラスを得ています。

 

バランスって、とても精巧で美しいな、と思います。

変化が起きた時、
もともと持っていたプラス(良いこと)が無くなったことばかりに
気を取られていては、
せっかく得ていた新しいプラスもなくなって行ってしまいます。

 

先生が言われた通り、
自分の病気が改善したことで、
一気に疎遠になって行った人間関係。

悲しく、辛く、
最初はどうしてこうなるのだろう?と
半ば、パニック状態でした。

今のように、冷静に捉えられなかった自分には、
自分の体が良くなったことが、悪いことだったのか?
喜んでもらえないことだったのか?
あまりにも壊れて行く関係性に、
頭がぐるぐると混乱しました。

それに伴い、関節炎がぶり返したり、
不安定になって行く体の状態。

何度か繰り返し、
ああ、そうか・・と、ようやく得心して

自分自身が、その時の人間関係を、
病気の自分を中心に成り立っていた世界に、
未練や執着を持つことを断とうと決めました。

寂しい気持ち、情もあるけれど、
私が新たなプラスを得ているのなら、
みんなも、新しいプラスを得ているはず。

失くした物があれば、得ているものがある。

 

ものの道理に思います。

私が執着していては、前に進めない。

皆も、新しく得たものを享受できない。

そんな風に感じました。

良いことだけが起きることない。

 

プラスが倍になれば、マイナスも倍。
マイナスが倍であれば、プラスも倍になっている。

この世界は、バランスが取れていること。

 

私には、究極の癒しの摂理に感じました。

 

先生が、初めに『理解しておけ』と話されたこと、
とても大切なことです。

 

これからは、いつも心の中心に置いて行こうと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■鳳条さんのブログ■

 後ほどリンクいたします♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もブログにお越しくださり、

ありがとうございました音譜 うさぎクッキー

Thank you so much for visiting my blog!

------------------------------------

 

■ネクストステージ Official Website

https://nextstage-nakano.com/

 

虹 お客様からの体験談はこちらをご覧ください

http://next-letter.com/01/

 

■Next法律事務所

https://nextlawfirm.jp/

 

--------------------------------------